生き方

辛い時は笑いを求めて動いてみるといい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

皆さんは、「辛い時には笑った方がいい」なんて聞いた事ありませんか?確かにこれって理にかなっている感じがしますよね。僕も、笑うって事は辛い状況から引っ張り出してくれるってのは間違いないとは思っています。でも、それは自分が笑える限りはって制限付きですが。

そんなの当たり前ですよね。読んで字のごとく、笑えなかったら、笑う事は出来ないですもんね(笑)。でもね、これは面白くなくて笑えないとか、シュール過ぎて笑えないとか、人をからかっている様な冗談だから笑えないとかって言う事ではないんです。笑いの種類の話をしている訳じゃないんです。

これはもしかしたら、本当に辛い状況に陥った人ならわかってもらえると思うのですが、人生のどん底でもうこれ以上ないぐらいの辛さになると感情が一切出なくなってしまうのです。顔が能面の様にひきつってしまって笑う事も泣く事も出来なくなってしまったりするんです。

辛い時ほど感情を出した方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカで研究者をしています。ここでは何度も書いていますが、自分のミスで自分の研究室を潰しそうになります。...

確かに僕にもそんな時がありました。辛くて辛くて感情が出せない時がありました。でも、そこから救ってくれたものの1つに笑いがあったのも確かなんです。けど、そんな状態にいる人に「辛かったら笑え」って言ってもちょっと厳しいと思うんです。だって笑いたくても笑えないんですもん。

やばい時はなりふり構わず助けを求めた方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎で自分の研究室を持ってがんの研究をしています。今は比較的落ち着いていますが、以前に一度自分...

だからと言う訳じゃないですが、僕は辛い状況にある人に言いたいのは、「辛いなら笑いを見つけにいくといいかもよ」って感じのことなのです

辛い時には無理に笑う必要はない

まず、これを言ったらちょっと矛盾していると思うかもしれませんが、本気で辛い時には無理に笑う必要は全くないんじゃないかと思います。でも、笑いは辛い状況から救ってくれるのだとしたら、笑った方がいいんじゃないか?って思いますよね。確かに笑う事は大切です。でも、ここで言っているのは「無理して」笑うって事なんです。

結構皆さんも経験はあるとは思いますが、辛い時ってそれを隠そうとしますよね。で、心の中では辛いのに人前にいる時は明るく振舞ったり、本当は大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをしちゃったりしませんか?で、その場を誤魔化すために無理に作り笑いしたりして。

大丈夫じゃない時は「大丈夫じゃない」と言う勇気を持った方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは「今ちょっと大丈夫じゃないな」って時にちゃんと「大丈夫じゃない」って声に出せてますか? 自分...

その気持ちはとてもよくわかります。でも、僕はこれはあまりやらない方がいいんじゃないかと思うんです。この無理に笑っている状態って何をしているかわかりますか?これって自分のネガティブな感情を無視して、無理やりポジティブでその感情に蓋をしているって事なんです。

無理やりポジティブになんかならなくていいどーも、ゆーすけです。 どんなにネガティブな人だって、ずーっとネガティブでいたい訳ではないんじゃないかと思います。出来ればポジティ...

これって実は何の問題の解決にもならないんです。結局自分の中のネガティブは消化されていない状態なので、またいつか辛い感情は必ず戻ってくることになるんです。なので、辛い時には無理に笑ったりしなくてもいいと思うんです

その辛さにどっぷり浸る時間は大事にした方がいいと思うんです。でも、1つ忘れないでいて欲しいのは、どんなに辛くてもそこに止まり続けないって事です。ある程度経ったら少しずつ前に進んでいくのが大切だと思うんです。

その為には、どっぷり浸る時間に制限をつけてみるといいと思います。その期間はどっぷり浸る。でもその時間が終わったら、その辛かった事を少しずつでも過去のものにしていくってのがいいんじゃないかと思います。

辛い時には笑顔を作る事で顔の筋肉を緩めておく

そして、笑うに関しての話で、顔を笑顔にするだけでも効果があるなんて話を聞いた事があると思います。これに関しては、正直言って笑顔になるだけで辛い感情がやわらぐかどうかはわかりません。

物の本には、口角を上げるだけで、何ちゃら細胞が活性化されるだ、何ちゃらホルモンが分泌されるだなんて書いてあったりもしますが、だからって効果があるかって言われたらまだ何とも言えないってのが実際だと思います。

根拠があるから正しいってもんでもないどーも、ゆーすけです。 世の中にはいろんな情報があふれていますよね。しかもインターネットの発達に伴って、あらゆる情報が簡単に手に入...

まぁだからと言って笑顔を作らない方がいいかって言うとそう言う訳でもなくて、僕も時々鏡に向かって笑顔を作ってみたりします。確かにその瞬間はちょっと気持ちが良くなるってのも確かではあるので。

そして、僕は、本当に辛い時にはやっぱり笑顔を作った方がいいとは思っています。でも、それは上に書いた様な、笑顔が辛さを軽減してくれるって事が目的ではないんです。えっ?そう言う効果を狙っていないのに何で笑顔を無理やり作らなきゃいけないの?って思いませんでした?笑顔を作るなら何ちゃら細胞、何ちゃらホルモンの力を借りるんじゃないのって思いましたよね?

もしかしたら少しはそう言う効果も期待出来るのかもしれません。でも、それに関しては、まぁあったらラッキーぐらいに思っているといいんじゃないかと思います。でも、そうじゃなくて、僕がここで笑顔を作る事に期待しているのは、顔の筋肉を緩めるって事なんです

運がいい人の4つの特徴どーも、ゆーすけです。 周りにやたらと運がいい人っていませんか?そう言う人って何をやっても上手くいっている様に見えますよね。そして...

最初にも書きましたが、僕の経験から言って、本気で辛い時には「無感情・無表情」になってしまう様な気がします。でね、そのままの状態でいると本当にどんな事にも反応出来なくなってしまうんです。で、何か笑える事が起こっても、顔がこわばって上手く笑えなくなってしまうんです。

だからと言う訳ではないですが、口角を上げて笑顔を作る事で顔の筋肉を緩めておくのです。要は、顔のストレッチ的なものが目的なのです。いつか笑える事が自分の所にやってきた時の為の準備をしておくって感じなのです

スポンサーリンク

少し辛さが落ち着いてきたら、笑いを求めて動き出すといい

そして、しっかりと辛さと向き合って、ちょっと動ける様になってきたかな?って思える様になってきたら、あまり自分の中に閉じこもらずに自分が笑えそうな場所とか物とかを探し始めるといいんじゃないかと思います

本当は1番いいのは、辛くない元気なうちにそう言うものを見つけておくって事です。何が笑えるかって言うのは人によって違うので何とも言えませんが、例えば、お笑い番組とかギャグ漫画とか本当に声を出して笑ってしまう様なものを普段から持っているといいんじゃないかと思います。

僕の場合は、お笑い番組でした。そして、家族との時間でした。初めの頃は本当にどんなに面白いお笑いを見てもピクリとも笑えませんでした。家族との会話をしていても、自分以外の家族が大爆笑している様な状況でもほぼ無表情でいたと思います。でも、大切なのはそこで諦めない事です

僕も、何とかして笑える様になろうと、お笑いを見続けましたし、家族との時間も持ち続けました。上に書いた様に笑顔を作るのも忘れませんでした。こんな感じで何とか舞台に立ち続けたのです。そんな感じで過ごしていたある時、何かのきっかけで「ぷっ」と笑える事ができたのです。

結果を出すためには舞台に立ち続ける方がいい3つの理由どーも、ゆーすけです。 よく「あまり結果は気にせず目の前にあることを精一杯やればいい」なんて言葉をよく聞きますが、そうは言っても結...

その辺りからです。何とか自分の気持ちが辛さのどん底から抜け出せそうな感じになって言ったのは。そして、その頃、自分が今の仕事をクビになると思って不安のどん底だった僕に、家族が言った「今の仕事をクビになってもファストフードの店員からやり直せばいい」とか「日本食料理屋で鉄板焼きのシェフからやり直せばいい」とかって言うジョークに笑える様にもなったのです。

生きてりゃ仕事なんて何だっていいどーも、ゆーすけです。 僕は今現在、アメリカの片田舎で小さいながらも自分の研究室を持ち研究者をしています。ある時自分の経営上の失敗...

実際、これのおかげで「まぁクビになっても大丈夫かも」と吹っ切れる様になったのです。まぁなんだかんだ言って笑いの力は凄いんですよね笑いは、どん底の辛い状況からも引っ張り上げてくれるんです。でも僕は、これらの経験から、これには自然に笑える様になったならって言う条件が付くんじゃないのかな?って言う風には思っています

自分なりの魔法の呪文を持っているといいどーも、ゆーすけです。 周りの人からはよく「なんでいつもそんなに落ち着いてるの?」なんて言われます。確かに、なるべく感情の起伏を激...

まとめ

いかがだったでしょうか?辛い時には笑った方がいいってのは僕の経験から言っても間違ってはいないとは思います。でも、それが自分の辛さを隠す為に無理やり笑っているのであれば、それはあまり意味をなさないのではないかと思います。なんだかんだ言って辛さは辛さとしてちゃんと消化しない限りは、次に向かって進んでいく事が出来ないからです。

もし笑いによって辛さが少しでも軽くなるのだとしたら、それはやっぱり自然に笑えた時なんじゃないかと思いますでも、辛い時には自然に笑うって事がなかなか出来にくいと思うので、辛くない元気な時から自分が笑えるものって言うものを見つけておくといいんじゃないかと思います。辛い時には、なかなか笑えないかもしれません。でも、続けていればふとした瞬間に笑える時が戻ってきます。そこまできたら後1歩です。笑いは必ずあなたを救ってくれます!

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク