生き方

小さな達成はどんどん祝っちゃえばいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

お祝いしたり、されたりっていいもんですよね。する方もされる方もとてもいい気持ちになります。僕はそう言う雰囲気が結構好きです。

誕生日だったり、なんかの記念日だったりだったら自然にお祝いするって事になると思います。でもそう言った世に言うお祝い事以外の時ってどんなタイミングでお祝いをしたらいいかって迷ったりしませんか?時に自分の事に関してって難しくないですか?誰かがお祝いしてくれたら嬉しいけど自分から頼むのもなんだし。かと言って自分で自分のお祝いを設定するのもなんかおかしい気がするし。

でも実際はそんな事気にせず自分で自分の事をどんどんお祝いしていっちゃっえばいいんだと思うんです。

大きな成功しか祝ってはいけないなんて決まりはない

まず、どんな小さな事でも祝ってしまう事が大事だと思います。祝い事に大きいも小さいも考えなくていいんです。だって大きな達成しか祝っちゃいけないなんて法律はどこにもないんですから。

例えば今日はちょっと早く起きる事が出来たとか、道に落ちているゴミを拾う事が出来たとかそんなささやかな事でいいんだと思います。そんな事を祝うなんて馬鹿馬鹿しいとか思うかもしれませんが、やってみると意外と楽しいもんです。

もうね、自分が何かを達成できたと思ったら迷わずお祝いしてしまえばいいんだと思います。そうするといろんな事が楽しくなってくるはずです。このどんな小さな事でも楽しんでやれるようになるって事が生きていく上では大事なんじゃないかと思うんです。そのきっかけとして自分を祝ってあげるといいんじゃないでしょうか。

人に祝ってもらう必要はない

お祝いと言っても、何かパーティーを開いたり、他の誰かに一緒に祝ってもらう必要はないと思います。もし、そうやって一緒に面白がって祝ってくれる人がいたら、それはそれでより楽しいとは思いますが、なかなかそんな稀有な友達を見つける事は難しいでしょう。

だから、自分1人でこっそり小さいお祝いしてあげればいいんだと思います。これなら誰にも迷惑をかける事もないですし、自分でこっそりやるぶんには誰にもバカにされる心配もありません。

そして、この自分主催の自分のためのパーティーは、誰に気兼ねする必要もないんだから、毎日開催しちゃうといいんだと思います。そのためには毎日何かしらお祝いできる事を探していく必要があります。そうする事で自分がその日に何を達成出来なかったかより、何を達成出来たのかに目が向くようになります

この「何が出来たか」を考える事って人生を前向きに生きていくためにはすごく重要な事だと思います。あれも出来なかった、これも出来なかったばかりじゃあ、気持ちもどんよりしてくるはずです。だから、特に自分に自信を持てない人にとっては、この「毎日お祝い制度」を活用する事で「出来た事」にも目が向くようになって、少しは自信に繋がるんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

ご褒美をつけるなら嬉しいけど「微妙」って言う感じのものにするといい

で、お祝いをしよう!と言う事になるとご褒美制度を考える人もいるかもしれません。それもありです。でも、あまり豪華なご褒美は控えた方がいいのかもしれません。だって、上で話したように毎日やるとしたら、豪華なご褒美は続かなくなる可能性が高いからです。

さらに、ご褒美が豪華すぎると当初のお祝いの目的だった「出来た事に目を向ける」と言う事が、「ご褒美を受け取る」ためにお祝いするにすり替わってしまう可能性もあるからです。

だから、もしご褒美をつけるとしたら、嬉しいは嬉しいけどそこまでは嬉しくない様なものを選ぶといいんじゃないかと思います。じゃあそう言うものってなんなんだ?と言うと、僕のオススメとしては自分の手帳に「はなまる」をつけていいとか、「シール」を貼っていいとかそれぐらいのものがいいんじゃないかと思っています。

これって聞いてるだけだと「ほんとかよ?」って思うかもしれませんが、やってみると意外と嬉しいんですよ。でもだからと言って、感動する程嬉しいか?って言ったらそうでもない。これぐらいの「微妙なご褒美」が絶妙にやる気をくすぐるから不思議です。

ただ「おめでとう」を言うだけでもいい

まぁでも実際はご褒美なんかつけなくても、ただ自分に「おめでとう」を言うだけでも、かなり効果はあると思います。だって基本よっぽどのことがない限り、誰かから「おめでとう」なんて言われる機会なんて普通の人にはないんです。だから、たとえそれが自分からのものであったとしても、「おめでとう」なんて言われたらそれはそれで嬉しいもんなんです。

で、僕の経験から言って、不思議と何回「おめでとう」って言っても慣れることはない気がします。なぜだか毎回毎回嬉しいんです。これは本当になんでなのかわからないんです。本当に嬉しさは色褪せないんです。

まとめ

いかがだったでしょうか?この自分の小さな達成を祝うと言うのは、どちらかと言うと小さな事を褒めるって言う事に近いのかもしれません。確かに自分を褒めるって事もとても大事な事です。でも、ここではあえてお祝いすると言うのがいいんじゃないかと思っています。これは単に僕の好みの問題かもしれませんが、「褒める」より「お祝い」にしておいた方が特別感があって嬉しさがなんとなく大きく感じる気がするからです。まぁ実際はどっちでも変わりはないのかもしれませんが(笑)。

どちらにせよ、自分の達成出来た事に目を向けてそこを喜ぶと言う事で、自己肯定感は上がっていくんじゃないかと思っています。ちょっとバカっぽいかもしれませんが、誰にも迷惑はかからないし、自分1人で完結できる事だし、毎日の様に自分の小さな達成をお祝いしてみても決して損にはならないんじゃないかと思います。信じるものは救われるですよ!

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク