生き方

自己肯定感を高める4つのコツ

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

自分に自信を持つって難しいですよね。なんか「自分ってなんでこんなに出来ないんだろう?」って思うことありませんか?確かに僕もそんな風に行き詰まりを感じる時があります。成長が目に見えない時とか大きな失敗をした時とかなんか、落ち込んで自信を失っちゃう事もしょっちゅうです。

そんな時は「自分を好きになるといい」とか「他人と比べるないほうがいい」とかよく聞きます。実際に、他人と比べるのを辞めるのはなんとなく出来そうな気がするのですが、自分を好きになるってなかなか簡単には出来ないですよね。

他人とは比較しない方がいいどーも、ゆーすけです。 周りを見回すと自分より上手くいってる人ばっかりだと思うことってありませんか?「なんで自分はこんなに上手くい...

そこで僕は自分を好きになるにはこんな風にしていくのがいいのではないかと思うのです。

ありのままの自分を受け入れ、自分をよしよしする

まずは、とにかく自分の「良いところ」も「悪いところ」も素直に受け入れてしまうのがいいと思います。これは「良いところ」も「悪いところ」も好きになれって事ではないです。とにかく自分を冷静に見つめなおして、自分ってこういう人なんだって認めるってことに近いと思います。

自分を好きになれない人っておそらく、自分の「良いところ」には目を向けずにひたすら自分の「悪いところ」ばかりを探しているんだと思います。そして、その「悪いところ」を嫌いになる。そんな感じの悪循環に陥っているんじゃないでしょうか?

もうね、僕が思うに自分を好きになるまず第一歩は「良いところ」、「悪いところ」を好きになったり、嫌いになったりするのではなく、自分にはこんな「良いところ」がある、こんなに「悪いところ」があると認め、そんな自分を受け入れてあげる事なんじゃないかと思うんです

そして、そんな自分を「かわいいな」と思ってよしよししてあげるといいんじゃないかと思います。簡単にいうとムツゴロウさん(わかるかな?)がどんな動物に対しても「おーよしよし」ってやってるような感じです。もうとにかく自分で自分のことを優しさで包んでしまうんです。そして、自分を否定しないことです。ムツゴロウさんはどんな動物のことも否定はしないはずです(笑)。だから、自分に対して自信を失ったり、自分を嫌いになりそうになったら、ムツゴロウさんが動物接するように接してあげるといいんだと思います。

自分を好きになって自分に自信をつけるにはまずそこからのような気がします。

自分は出来ないの天才だと思う

それでも「自分はなんで出来ないんだろう」とか「なんて自分はどうしようもないんだろう」とかって考え方が消えない場合は、今度は逆に「自分ってもしかしたら出来ないの天才なんじゃないか?」とか「自分ってどうしようもないの天才なんじゃないか?」と思ってみるといいと思います。

これは僕はこれを「反対の反対は賛成なのだ理論」と勝手に提唱しています。「反対の反対は賛成なのだ」ってのはバカボンのパパがどこかで言っていた言葉なのですが、僕はこれが自己肯定感を高めるのにとてもいい考え方だと思っているんです。

だって、どんなに自分のことを否定しようとしても、否定しようとしていることの天才なんだと思えば、なんとなく勇気が湧いてきませんか?って言うよりバカバカしくて脱力しませんか?そうすれば自分のことを嫌いになりそうだったのに、どうでもよくなっちゃうんじゃないかと思います。

この方法バカっぽく聞こえるかもしれませんが、意外と有効なんです。

スポンサーリンク

自分へのハードルを下げまくる

そして、次にできることは自分へのハードルを下げまくることです。自分を好きになれない人ってとにかく自分に厳しいんです。自分へのノルマが厳しすぎるんです。例えば、自分の実力では「5」しか出来ないのに、無理して「10」やろうとするような感じです。だから、絶対に達成できないので、どんどん自己嫌悪に陥るんだと思います。

だから、自分への期待を「4」ぐらいに設定しておいて「5」やればいいんだと思います。もしくは「3」に設定してもいいんじゃないかと思います。そうすれば、自分の実力通りに「5」を出せば必ず達成感が得られます。さらに運よく「6」なんかできちゃった日にゃちょっとしたフィーバーです。

自分が出来ると信じることは大事ですが、過信すると辛くなります。そして、自信もなくなるし、下手したら自分のことを嫌いになってしまいます。だから自分への期待はとにかく低め低めに設定してしまうのが己肯定感を高めるだけでなく、いろんな意味でいいような気がするのです。

信じるけど期待はしない方がいいどーも、ゆーすけです。 世の中って大抵の事が上手くいきませんよね。特に上手くいってほしい事程上手くいきませんよね。で、そんなことわ...

自分を褒めてくれると一緒にいる

ここまでは自分自身で出来る事を書いてきましたが、それでも難しい場合、最後は人頼みでもいい気はします。このような人を見つけるのは簡単なことではないのはわかっていますが、自分のことを掛け値なしで褒めてくれる人と一緒にいるといいんじゃないかと思います

どれだけ自分のことを嫌っていても誰かに褒められまくっていれば少しは嫌いの度合いが減っていくんじゃないでしょうか。そして、あなたのことを褒めてくれる人は必ずどこかにいます。これは絶対です。とにかくひたすら探し続けるといいと思います。そして、もしそう言う人を見つけたら絶対に離さないことです。大事にすることです。そう言う人はとても貴重な存在です。

そして、もう一つ大事なことは褒められたら素直に受け取ることです。謙遜ばっかりしていたらそのうち相手も褒めてくれなくなるかもしれません(笑)。

褒められたら素直に喜んだ方がいいどーも、ゆーすけです。 人から褒められるのってなんだかこそばゆいですよね。確かに褒められるのって嬉しいですけど、本当に自分なんか褒...

まとめ

自分を認めて自分を好きになるって本当に難しいですよね。本当は自分だって自分のことを好きになりたいけど、なんとなく自分を嫌ってしまう。そんな時はまずは自分を好きになるのではなく上に書いたことを手始めにやってみるといいんじゃないかと思います。

簡単にまとめると

  1. ありのままの自分を認めて、ムツゴロウさんのように自分を可愛がる
  2. 「自分は出来ないの天才なのだ」と思ってみる
  3. 自分へのハードルをひたすら下げまくる
  4. 自分を褒めてくれる人を見つけて、その人のそばにいる

って感じです。そんな簡単には自己肯定感は上がらないかもしれませんが、少なくとも自分を嫌いになる頻度は少なくなるんじゃないかと思います。ぜひよかったら試してみてください!

ゆーすけ

 

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク