生き方

自分が選んだ道は全てが正解でいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

長い人生を生きているといろんな場面でターニングポイントにぶつかる事ってあると思います。そして、あっちを選んだらいいのか?こっちを選んだらいいのか?ってものすごく悩むんじゃないかと思います。

誰だって間違った選択なんかしたくはないですよね。なるべくなら、正しい選択をしたいと思いますよね。

でも、本当に人生において「正しい選択肢」とか「間違った選択肢」とかってあるんでしょうか?

そして、そう言ったものが事前にわかる事ってあるのでしょうか?

他の選択肢を選んだらどうなったのかは絶対にわからない

まず、どれか1つの選択肢を選んでしまった時点で、他の選択肢を選んだ場合の結末は絶対にわかりません。こればっかりはどうにもなりません。だって過去に戻ってやり直す事は今の時点で不可能だからです(まぁタイムマシーンでもできれば話は変わるのかもしれませんが)。

だからね、後から「あっちの選択肢を選んでおけばよかったかな?」とか「あっちの方が正しい選択肢だったかな?」とか考えても仕方がないんです。

僕も、あらゆる場面で大きな選択肢をしてきました。その中の1つに医者を辞めてアメリカで研究者になるというものがありました。

僕が医者を辞めた理由どーも、ゆーすけです。 遠い昔は医者でした。子供のがんを専門にしてました。でも、もう今は医者はやってません。現在は、研究者としてが...

これは大きな決断でした。そこまで行くのに、時間も費用も相当かけていたからです。決断を迷う事はありませんでしたが、アメリカに行ってからもたまには「あの時辞めてなかったらどうなってたかな?」とか「あっちの方が良かったのかな?」なんて思う事も正直ありました。

今現在は、自分で独立して研究をできる立場になりましたが、それまでの8−9年は先の見えない下積みの時代を過ごしていたので、その時は「もしかしたら間違えちゃったかな?」なんて思ったりもしましたよ。

下積み(ポスドク)時代は有効に使った方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカの小さな大学で自分の研究室を持って研究者をやっています。突然なんですが、どんな仕事にもある程度の下...

でもやっぱり、今の選択をしていなかった自分をいくら想像しても、結局それは想像を超える事はないんです。今の段階でこれまで行ってきた選択が正しかったのか、それとも間違っていたのかを知るすべはどうやってもないんです

だから、もう昔にしてしまった自分の選択(もしくは今自分が歩いている道)をくよくよ悩むのはやめた方がいいんじゃないかと思うんです。

全て自分がしてきた選択は正解だと思えばいい

それでもやっぱり、自分のしてきた選択が正しかったのかを知りたくはなりますよね。そんな時はどうしたらいいのでしょう?僕の場合は、全ての選択を正しいと思うようにしています。そして、例えそれが間違った選択だったとしても、少なくともそれが正解になる様に努力し続けているつもりです

だってもうその選択肢を選んでしまったんですから。そして、もう後戻りはできないんですから。だから、もうその選んだものが正解でいいのではないでしょうか?

それでもし選んだ道が思う様に進んでいないのだったとしたら、「他の選択肢を選んでいたらもっと最悪な結末になっていたはずだ」と思えばいいんだと思います。

僕はこれを「不幸中の幸いメソッド」と勝手に呼ぶ様にしています。

決断は結局自分でするしかないどーも、ゆーすけです。 生きているといろいろな場面で決断を迫られますよね。で、出来れば間違えたくないので、あーでもない、こーでもな...

まぁこれは全てをポジティブにとらえる訳ではなく、全てをネガティブに取らないって感じですかね。なんか間違った選択をした気になって気持ちがネガティブに傾きかけても、少しだけでもポジティブが勝つ事を目指すといいんじゃないかと思っています。

簡単に言うと、「49%がネガティブでも51%がポジティブならそれでいいんじゃないかな?」みたいな感じです。

スポンサーリンク

選択に迷ったらとりあえずどっちでもいいから選んでしまう

どんなに「自分が選んだものを正解にすればいい」って言われてもやっぱりどれを選んだらいいか迷いますよね。その気持ちとてもよくわかります。でもね、迷う所まで来てるって事はおそらくどちらを選んでも変わりはないんだと思います

僕の経験でもそんな感じです。上にも書きましたが、僕が医者を辞めた時は、特に迷いはありませんでした。それまでたくさん考えての結論でしたから。でも、時にはどちらにしようか迷う選択もあります。例えば、レストランで2つのメニューで迷う時なんか。いきなり話が飛びましたね(笑)。でも、こんな風におそらくどっちを選んでもほぼ変わりがない時に限って、人って異様に迷うんじゃないでしょうか

だから、そんな時にはあまりうじうじと悩まず、どっちでもいいから思い切って「えいっ」っと選んでしまえばいいんだと思います。だってそんな事に悩んでいる時間がもったいないじゃないですか。もし、まずいメニューを選んでしまったとしても、上に書いた様に「不幸中の幸いメソッド」で、他のメニューの方がまずかった事にしちゃえばいいんです(笑)。

迷ったらパッと選ぶ、そして、それを正解にしてしまう」、もうこれに尽きるんじゃないかと思います。

まとめ

本当に自分がこれまで選んで来た道が正しかったのかどうか不安になる事もあると思います。違う道を選んでいたらどうなったかもとても気になるのもとてもよくわかります。でも、やっぱり自分が選んで来た道は正しかったんじゃないでしょうか?だって、ここまでちゃんと生きてこれたんですから

もしかしたら自分が思い描いていた様なものではないのかもしれません。でも、これからどんどん良くなる可能性も十分にあります。他を選んでいたらそんな未来も見れなかったかもしれません。そんなふうに思ってみるのがいいのではないでしょうか?「自分が選んだ道は全て正しい」そう思ってみても何の損もないと思います。てか、そう思うしかないんです!

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク