生き方

辛い時には「声」に出す

スポンサーリンク

どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、自分が本気で辛い時って外にいこうって気持ちになりますか?基本的にはそんな事はないですよね。どちらかと言ったら、自分の内側に視線も気持ちも向いてしまって、どこかに閉じこもって隠れていたいなんて感じになってしまうんじゃないかと思います。そして、その辛い姿を誰にも見られたくないって感じで人との関わりを避けようとしてしまったりするんじゃないかと思います。引きこもりってこんな感じから起こってしまうんじゃないでしょうか。

辛い時こそ誰かを勇気づけてみるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、自分が辛い時には誰かに勇気づけて欲しいと思いますか?まぁこれに関しては、ほぼ間違いなく...

本当にそんな風になってしまう気持ちってとてもよくわかるんです。僕も自分が辛い時って人から逃げたくなりますし、誰かが手を差し伸べてくれそうになったとしたら「放っておいてくれ」って感じでそこから逃げようとしてしまいそうにもなってしまいます。でも、これまでの僕の辛い時期を振り返ってみても、そんな風に周りから逃げていても状況が劇的に改善された事ってないんです。どちらかと言うと、自分が外に出ていったりした時に流れが変わっていった様な気がします。まぁだからと言って、辛い時に積極的に行動するってのも難しいとは思います。そんな感じなので、僕は、辛い時には、少なくとも逃げ隠れるのではなく、その辛い状況について「声」を出すって所から始めてみると意外と状況って変わっていくのかな?って思っています

人生が辛い時には、時に開き直ってみるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何もかも上手くいかなくて、もう自分の人生はお先真っ暗だ、なんて思う事ってないですか?正...

ここでは、なぜ僕がその様に考えているかについて簡単に解説してみたいと思います。

自分の辛い状況に関するヒントを誰かしらは持っていたりする

ではなぜ僕が、辛い時には「声」に出した方がいいと思っているかと言うと、逆にその状況に関して「声」に出さなければ、それが周りに伝わる事はないからです。まぁ自分が辛い時って、先ほども言った様に自分の気持ちが自分に向いているので、全ての人が自分を見ているって感じの錯覚に陥ったりもします。そして、自分が辛いって事は周りにいる全ての人がわかっているって感じの思いになったりもするんです。でもね、基本的に人は鈍感です(笑)。自分の周りにいる人が喜んでるのか、困ってるかなんて、よっぽどその人がその感情を表に出してない限りは気がつきません。で、こんな風に自分が辛い時って多くの人がそれを周りに悟られない様に隠していたりもするので、本当に誰も自分が辛いなんて事には気がついてない事が多いんです。

辛い時ほど感情を出した方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカで研究者をしています。ここでは何度も書いていますが、自分のミスで自分の研究室を潰しそうになります。...

まぁこれは周りが冷たいって訳じゃなくて本当にただ気がついてないってだけなんです。で、これはなんとなく多くの方も気がついているかもしれませんが、この世の中には沢山のお世話好きな人がいます(笑)。で、そう言う人たちは、悪い意味ではなく、自分の周りにいる人が困っていたら手を差し伸べてくれたりするんです。でも、自分が「声」に出さずに隠していれば、誰も手を差し伸べてくれません。でもそこで、自分が勇気を出して自分が辛い事を「声」に出してみれば、誰かしらそれを助けてくれようとするものなんです。これは冗談でもなく本当の事です。で、これも驚きかもしれませんが、自分の辛い状況と似た様な辛い状況に陥った事がある人って結構いたりして、解決策とまではいかなくてもそれを乗り越える為のヒントを教えてくれたりもするんです。そして、例えその人がそう言うものを知らなくても、それを知ってる人につなげてくれたりもするんです。で、こう言う事は確実に自分が辛い状況を抜け出すきっかけになります。だからこそ、僕は、辛い時には「声」に出してみるって案外大事な事なんじゃないかと思っているんです。

人から貰えるのは答えじゃなくてヒントでしかないと思って生きるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何か困った事が起こった時に誰かが答えを教えてくれないかなぁって思った事ってないですか?...

自分が辛い事を恥ずかしがる必要はない

それでもやっぱり、人に自分が辛い状況を知られたくないなんて思われる方も多いと思うんです。だって、それはカッコ悪い事の様に感じてしまいますもんね。出来る事なら、自分は辛い事なんて経験しないスーパースターみたいな感じでいたいと思いますもんね。でもね、僕は、そんなちっぽけなプライドみたいなものは捨ててしまった方がいいと思うんです。そんなものを抱えているから、辛い状況を隠そうとしてしまう事になるんじゃないかと思います。で、自分はさらに辛くなっていくんだと思うんです。でもね、辛い状況を経験している人の事を周りはカッコ悪いなんて事も思ってないですし、それに対して憐れみなんてものも感じてません。誰だって、そう言う経験はするし、それが本当に辛い事だってのはわかっているからです。まぁもしそれでも、そう言う状況をバカにしてくる様な人がいるのだとしたら、その人はまだ大きな挫折みたいなものを味わった事がないラッキーな人か、もの凄く性格が悪いだけの人なんじゃないかと思います(笑)。そんな人の振り回されない様にして下さい。そして、辛い事を経験している自分が悪いなんて事も思わないで下さい。バカにしてくるのは確実に相手に問題があるんです

ちっぽけなプライドなんか捨ててしまった方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは「プライド」って言葉を聞くとどんな事を思い浮かべますか?おそらく大体2つぐらいの意味が思い浮かぶん...

まぁちょっと話は逸れましたが、そんな感じなので、僕は、自分が辛い状況にいるって事を恥ずかしがる必要なんてないと思います。で、それを恥ずかしいと思っているのは自分だけだったりもするんです。これは皆さんも逆の立場になってみるとわかるんじゃないかと思うのですが、自分の周りにいる辛い状況にいる人の事をダセェとか、カッコ悪いとかって感じには絶対に思わないんじゃないかと思うんです。どちらかと言うと、助けてあげたいなって思ったりするんじゃないかと思うんです。だからこそ、僕は、「声」に出してみるって事が大事なんじゃないかと思うんです。「声」に出せば、周りからも手助けがしやすくなるでしょうし、そうやって周りに伝えていく事で、自分が無駄に感じている恥ずかしさにも慣れていくんじゃないかとも思うからです

成長したいなら恥ずかしさに慣れた方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何かに挑戦したりする時にちょっと尻込みしちゃうなんて事はありませんか?たぶん誰でも挑戦...

スポンサーリンク

「声」に出す事で自分の頭の中が整理される

そして、もう1つ僕が、辛い時に「声」を出すといいっと思っているのは、そうする事で自分の頭の中が整理される可能性が高くなるからなんです。これは僕の持論ではあるのですが、辛い時に辛いと感じるのって自分が必要以上にその辛い事を頭の中で考えているからなんじゃないかと思うんです。そうする事で頭の中がパンクしてしまって、考えがまとまらないし、それがどんどん悪い方向に向かっていくしで、自分の気持ちがどんどんネガティブな方向にいってしまって辛くなっていくって感じなんじゃないかと思うんです。それに加えて、自分が辛い時って先ほどからも言っている様に自分は内側にこもろうとしているので、こう言う事は全て頭の中だけで行われていたりすると思うんです。だからこそ、僕は、どこかの時点でその自分の辛い時の思考ってのを外に出していく必要があると思うんです

手書きの力を侮らないどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、ここ最近手書きでいろんなものを書いたり、描いたりしていますか?まぁ少しは何かを紙に書く...

で、その時に有効なのが単純に辛い事を「声」に出すってものなんです。まぁこれは皆さんにも共感していただけるとは思うのですが、自分が何かを言葉として発しようとする時って、頭の中にある事を瞬時にまとめたりしますよね。まずこの時点で僕は、自分の頭の中にある事がある程度整理されていくんじゃないかと思うんです。そして、何かを「声」に出している時って、それを聞いている自分もいますよね。で、結構自分はパニックになっていても、そうやって自分の発言を自分で聞いている時って意外と他人事の様に冷静に自分が言ってる事を分析してたりもするんです。で、だんだんと自分が何に辛いと思っているかを冷静にみる事が出来る様になって、「声」を出しているだけで、自分で答えにたどり着いたりする事なんかもあったりするんです。まぁこう言う事が必ず起こるとは限りません。でも、頭の中だけでぐるぐると考えているだけよりは起こりやすくなるんじゃないでしょうか。そんな意味からも、僕は、辛い時には「声」を出すってやってみて悪い事ではないんじゃないかと思っています。もし良かったら、試してみて下さい。

自分の人生に対する答えは常に自分の中にあるどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、人生の答えって知りたくないですか?誰だってそんなものがあるなら知りたいと思いますよね。...

まとめ

いかがだったでしょうか?誰だって自分がもの凄く辛いと思っている様な時には、周りを避けて自分の中に閉じこもってしまいたくなるんじゃないかと思います。でも、そこで引きこもってしまっては、自分がさらに辛くなっていくだけなんじゃないかと僕は思うんです。そんな風に辛い時に、自分の気持ちを中に向けるのではなく外に向けていくのに有効なのが、「声」を出すって事なんじゃないかと僕は思っています

1人で抱え込まない様にするどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何かをやる時には自分1人で全てを解決したいなって思ってしまったりしませんか?それが特に...

まず第一に、自分が「声」を出す事で周りに自分が辛いって事を伝える事が出来ると思うんです。で、これが出来れば、周りにいる人が手を貸してくれたりもするんです。そうする事で、解決策とまではいかなくても、その状況から抜け出す為のヒントにたどり着く可能性が高まり、その辛い状況から抜け出しやすくなると僕は思うんです。でも、多くの人がそうする事を恥ずかしいと思っていたりもすると思います。だからこそ、辛さを人から隠してしまおうとするんじゃないでしょうか。でもね、実際には、周りにいる人は辛い事を恥ずかしめるような事は絶対にしてきません。助けたいと思っているはずなんです。なので、辛い事を恥ずかしがる必要なんてないし、それは表に出していった方がいい事なんじゃないかと僕は思うんです。で、それに加えて、「声」に出していく事で自分の頭の中も整理されていって、案外自分で答えにたどり着いたりもするんです。だからと言う訳じゃないですが、僕は、辛い時に「声」を出していくって結構大事な事なんじゃないかと思っているんです。

辛くて落ち込んでる時には大声を出せ!どーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、辛くて落ち込んだ気持ちを発散する方法なんてものを持っていますか?もしそんなものがあるの...

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク

もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク