生き方

自分が悪い時は誠心誠意謝るしかない

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、謝るのって得意ですか?まぁクレーム処理の仕事でもしてない限りは謝るのが得意な人なんて滅多にいないんじゃないでしょうか(笑)。僕も基本は謝るのは苦手です。どうしたら相手に許して貰えるかがよくわからないからです。本当に難しいですよね。

コンプレックスは強みに変える事が出来るって事は知っておいた方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、コンプレックスってありますか?こんなの愚問ですよね(笑)。もちろん誰だって自分の全てが...

まぁこれは僕なりにいろんな場面で謝ってきて感じている事なのですが、基本的にこうやったら許して貰いやすいなんて感じの法則なんてものはどこにもないって事なんです。じゃあどうしたらいいかと言うと、もし自分が悪いのであれば、きちんとその自分が間違っていた事を認めて、誠心誠意謝るって事しかないんじゃないかと思います。まぁそんなのわかってるよっておっしゃる方もいらっしゃるとは思います。でもね、多くの方がこの誠心誠意謝るって事をしていないんじゃないかと思います。言い換えるなら、謝っている様で、自分の非を認める事が出来ていない人ってのが意外と多いんじゃないかと思うんです。だから、 自分的には謝っているはずなのに、相手にその謝罪の気持ちが伝わならいなんて事が起こったりするんじゃないのかな?って思います。

悪い事もしてないのに、申し訳ないと思わない方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、つい口癖で「すみません」とか、悪くもないのに「ごめんなさい」とか「申し訳ありません」とか言っちゃ...

此処では、なぜ僕がその様に考えているかについて簡単に解説してみたいと思います。

自分が悪いなら本気で謝る

まず、これは絶対に忘れないでいて欲しいのは、もし本当に自分が悪いのであれば、その時は本気で謝らなきゃいけないって事なんです。時には、自分が謝らなければ自分は悪い事にはならないなんて感じで考えて、決して謝らない人もいます。でもね、そこにどんな理由があっても、自分が悪いのならそこは徹底的に謝らなきゃいけないんだと思います。これは、自分が悪くない事まで謝れと言っている訳ではない事は理解して下さい。あくまで自分が悪いのならって事です。そして、その時は完全に自分の非は認めなきゃいけません。変な言い訳をして、自分の過失の度合いを減らそうとかそんな小細工は絶対にしない事です。そんな事をしても相手が「じゃあしょうがないね」なんて感じには決してならないからです。逆に相手の気持ちを逆撫でます。だから、まずは何の言い訳もせず自分の悪い部分は素直に認め、徹底的に謝るって事が大事です。

「そんなつもりじゃなかった」は許さなくてもいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは喧嘩とかしていて、相手の行動や言動にこちらが怒った時に「そんなつもりはなかった」とか「そんなつもり...

そして、次に覚えておいて欲しいのは、謝る時にテクニックなんかにこだわるのはやめた方がいいって事なんです。まぁ確かに謝るのが苦手な人が多いのでしょう。巷には上手に謝る為のテクニックとか、許してもらう為の謝罪の仕方なんてものがありふれていますが、実際にそんなものは謝罪に対して何の足しにもなりません。だって、皆さんだって、謝られる側になった事を想像してみた時に、そんなテクニックで謝られても、それを見破る自信ってありませんか?そうなんです。もうね、謝る時に形とかにこだわったってしょうがないんです。じゃあ何が大切かと言うと、やっぱり最後は気持ちなんです。その気持ちが乗っかっていなければ、いくら謝った所で相手の心には届きません。たぶんそうやって本気の気持ちを乗せて謝る事が誠心誠意謝るって事なんじゃないかと僕は思っています。要は、菓子折りを持って謝る事が大切ではないって事です(笑)。

物事はカッコつけてやろうとしたら大体失敗するどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、人から良く見られたいですか?そりゃ誰だって悪く見られるよりは、良く見られた方がいいです...

いくら本気で謝っても許して貰えない事もある

そして、これも人に謝る時に心のどこかに置いておいて欲しい事なのですが、どれだけ本気で謝ったからと言って許して貰えるとは限らないって事なんです。でも、多くの人がこの事実を認める事が出来ていない様な気がします。これを言ったらちょっとドキッとするかもしませんが、皆さんは謝ってる時に「これぐらい謝れば許してくれるだろう」とか、「何でこんなに謝ってるのに許してくれないんだ」とかって心のどこかで思ってたりしませんか?もうね、ぶっちゃけてそう思っている時点で許して貰える可能性はかなり低いと思います。だって、これって謝ってる様で許してくれない相手の事を責めている事になっているからなんです。で、先ほども言った様に、そう言う風に、相手が許してくれる事が前提になっていて、本気で謝る気持ちがないって感じの事は相手に確実に伝わります。だから、相手も許してあげようと言う様な気持ちになる事はあまりなくなるんじゃないかと思います。

許せるなら許した方がいいどーも、ゆーすけです。 嫌な事を誰かにされた時は頭にきますよね。例えそれが故意にやった事ではなかったとしても、どうしても許せない時...

だからと言う訳じゃないですが、謝る時には、もう決して許して貰えないかもしれないと言う覚悟を持つ必要はあると思います。これはもしかしたら、悲しく思うかもしれませんが、自分はそれだけの事をしてしまったって事なんです。下手したらその人との関係性がここで終わってしまうかもしれません。でも、そうなる様にしてしまったのは自分なんです。そこに対する責任はきちんと認めないといけないと思います。そこにどんな理由があったとしても、許してくれない相手が悪いなんて事は絶対にないと思います。自分が悪いのなら絶対に相手の事を責めたりするのはやめた方がいいです。僕は、それだけはルール違反だと思っています。

自由が欲しかったら自分の責任は自分でとるしかないどーも、ゆーすけです。 突然ですが、皆さんは「自由」に憧れた事ってないですか?まぁ今まで1回も「自由になりたい」って思った事がない...

スポンサーリンク

例え許してくれなかったとしても謝り続ける必要はない

で、これも多くの人が誤解している事なんじゃないかと思うのですが、きちんと気持ちを込めて謝ったのなら、例え相手が許してくれなかったからと言って、いつまでもいつまでも謝り続ける必要はないって事なんです。もしかしたら、それは相手に申し訳ないと言う気持ちからなのかもしれません。はたまた、自分が許して貰いたいからかもしれません。どちらにしても、そこには自分の思いしかないんじゃないかと僕は思います。そう言う風に謝り続ける行動って、相手がどんな気持ちで許さないかに思いを馳せている様には僕は感じないんです。結局自分可愛さがそこには現れていると思います。そして、何とかして相手の気持ちを変えようとしている様にも感じてしまうんです

相手を自分の思う様に変えようとは思わない方がいいどーも、ゆーすけです。 人間関係って難しいですよね。僕もそんなに得意な方ではないです。いつもいろいろ悩んでます(笑)。 どん...

もしここで本当に相手の気持ちを考えているのであれば、相手がこちらを許せいないと言う気持ちも理解は出来るはずなんです。もうここまできたら許すも許さないも相手次第なんです相手がもし許せないなら、ここで身を引くって事も僕は大切な事だと思います。自分はきちんと気持ちを込めて謝ったのなら、残念ながらこれ以上出来る事はあまりありません。必要以上に謝る事は相手の心をえぐる事にもなりかねないって可能性も認めた方がいいです。繰り返しますが、そこまでの事をしてしまったのは自分です。その責任だけは自分で背負っていくしかないと僕は思います。とても辛いし、悲しい事だとは思いますが。

例えどんなに相手の事を好きでも、自分の事を好きになってくれないなら追いかけるのはやめた方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、好きな人の事を追いかけてしまうタイプですか?まぁ基本的には誰だって自分の好きな人には自...

まとめ

いかがだったでしょうか?こんな事はないに越した事はないとは思いますが、時には自分が完全に悪くて人を怒らせてしまうなんて事もあったりすると思います。もしそんな事があった時には、誠心誠意謝った方が僕はいいと思います。中には、謝ったら負けだなんて考えの方もいるかもしれませんが、もし本当に自分が悪いのならそんな事は言わずに相手に謝るのがまず最初だと思います。じゃないとあなたの評判ってものは地の底まで落ちる可能性があるからです。

他人の「悪気はなかった」は信用しなくていいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、誰かに傷つけられた時に「ごめん、悪気はなかった」って謝られた経験ないですか?これ、もの凄くよく聞...

で、謝る時に大事な事は、テクニックなんかにこだわらず、心を込めて謝るって事です。そうしないと伝わるものも伝わらないと思うからです。でも、ここで忘れちゃいけないのは、心を込めて謝ったからと言って相手が許してくれるとは限らないって事です。そこにどんな理由があっても許してくれない相手が悪いって事は絶対にないんです。許して貰えなくてもしょうがないんです。でも、謝る時には誠心誠意心を込めて謝るんです。それだけは絶対に忘れない方がいいです。

罪悪感の手放し方どーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、罪悪感って感じた事ありますか?こんな事聞くまでもないですよね。誰だって少なからず1度ぐ...

ゆーすけ

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク