生き方

間違えてもいいやと思った方が間違える事は少なくなる

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、間違える事を怖がったりしてませんか?で、普段からいろんな事を間違えない様に細心の注意を払ったりしてませんか?まぁ確かに常に間違いを犯すより、間違いは少ない方がいいですよね。その気持ちはとてもよくわかります。僕だってそりゃ間違えないに越した事をはないと思っています。てか、基本的には間違えなんか犯したくないと思ってます(笑)。

失敗は恐れない方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは失敗に対してどんなイメージを持っていますか? 失敗って成功の反対だから、なんとなくネガティブ...

でもそれと同時に、間違いを犯さない様にビクビクして生きるってのもあまりいい事ではない様な気がしているんです。それはなぜかと言うと、僕のこれまでの経験から言って、間違えない様にすればするほど、間違えるって事が多い様な気がするからなんです。これに関しては、確固たる根拠がある訳ではないのですが、なんとなくそんな気がしているんです。だからと言う訳じゃないですが、僕は、ちょっとぐらい間違えてもいいやぐらいに思って生ている方が間違う確率は少なくなるんじゃないかと思っています。そして、そうやって生きる方が、人生って確実に生きやすくなるんじゃないかとも思っています。

何をするにも「怒られない様に」を目的にするのはやめた方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、怒られるのって得意ですか?まぁ正直そんな人この世のどこにもいないんじゃないかと思います...

ここでは、なぜ僕がその様に考えいるかについて簡単に解説してみたいと思います。

間違えない様にしている時は「間違い」と言う事が頭の中を占めている

まずどうして人は間違えない様にすればするほど、間違えてしまうのでしょう。これは僕なりの推測でしかないのですが、間違えない様にって考えている時点で、「間違い」と言う概念が頭の中に存在していて、さらにその考えが頭の中を占拠してしまっているからなんじゃないかと思います。でも、それの何がいけないの?って思いますよね。でも、いくら逆の間違えない様にって思っていたとしても、「間違い」と言う言葉が頭の中にある事で、間違える方向に自分が向かっていってしまうんじゃないかと僕は思うんです。これは僕が日頃から思っている事なのですが、人の人生って自分の思い込みに左右されるもんなんじゃないかと思うのです。だから、「間違い」と言う言葉に引っ張られてしまうんだと思います。

人生は思い込みを変えたら上手くいくどーも、ゆーすけです。 皆さんは、自分が当たり前だと思っていた事を他の誰かに話した時に全く予想外の反応をされた事ってないですか? ...

それに加えて、間違えたくないと思っている時って妙に体に力が入っていたりもすると思います。そして、そんなにガチガチになっている時って、気持ちにも体にも余裕がなくてなんか常に張り詰めている様な感じなんじゃないかと思うんです。イメージ的には、もの凄く緊張しながら綱渡りの綱の上を歩いているって感じを思い浮かべてもらうといいかもしれません。で、皆さんこんな時って綱を最後まで渡っていけると思いますか?おそらく途中で何かしらのアクシデントに見舞われて綱から落ちてしまうと思いますよね。で、こう言う時って、おそらく「落ちない様に」とか、「落ちたくない」とかって言葉が頭の中でぐるぐる回っていたりするんじゃないかと思います。そうなってしまったら、上に書いた様に、「落ちる」と言う言葉に引っ張られて綱から落ちてしまうんじゃないかと思います。そう言う意味からも、間違えない様になんて事ばかりを考えてしまうのはやめてしまった方がいいんじゃないかと僕は思います。繰り返しますが、じゃないと結局間違える事になってしまうんじゃないかと僕は思います。

ワークライフバランスってなんだ?どーも、ゆーすけです。 ワークライフバランスって聞くとどんな事が頭に浮かびますか?僕にはなんかどうも「仕事はそこそこにして、余暇を...

「間違えてもいいや」ぐらいに思っている方が結局は間違えない

そして、これも僕なりに感じている事なのですが、間違えてもいいやぐらいに思っている時の方が確実に間違える確率は減っていくんじゃないでしょうか。これってなぜなんでしょうね。まぁおそらく、上に書いた例とは反対に、間違ってもいいやと余裕を持っている方が、肩の力が抜けていて思う様に自分の力を発揮する事が出来るからなんじゃないかと僕は思っています。ここでは気持ちの問題として話していますが、これはもしかしたらスポーツなんかに例えるとわかりやすいかもしれません。例えば、野球でも、テニスでも、ゴルフでも何か道具を用いてボールを打つと言う状況を想像してみて下さい。そして、その手に持っている道具で、ボールを思い切り叩いて遠くまで飛ばすとしましょう。で、そう言う時ってガチガチに力を入れてもそこまで飛ばす事が出来ないけど、力を抜いて体全体の力を使って球を打つと、そこまで力を入れていないはずなのに遠くまで飛んでいくなんて事があるんじゃないかと思います。

柔軟でしなやかに生きる為のコツどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、強い人間ってものに憧れませんか?そりゃあ、誰たって弱い人間より強い人間でありたいと思い...

間違えに関しても僕はこれに近いものがあるんじゃないかと思っているんです。だから、ちょっと肩の力を抜いてリラックスしている方が間違いは減っていくんじゃないかと僕は思っています。もしかしたら、上に書いた例はちょっと的外れだったかもしれません。でも、僕がここで言いたかったのは、失敗しない様にガチガチになるよりも、失敗したって大丈夫ってぐらいの軽い気持ちでいた方がいいんじゃないのかな?って事なんですたぶんその方が間違える頻度はもの凄い勢いで減っていくんじゃないかと僕は思っています。そして、上に書いた思い込みではないですが、こんな感じで間違ってもいいって思えている時って、意外と無心になっていて何も考えずにその事自体を楽しんでいる時が多い様な気がします。なので「間違い」と言う言葉が頭の中を回る様な事もなくなると思うので、「間違い」に引っ張られる事もなくなるんじゃないかと思います。

肩の力を抜いてみると意外と上手くいくどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、なかなか上手くいかない状態が続くと「もっと頑張らなきゃ」とガチガチに力んでしまう事って...

スポンサーリンク

間違えない事は偉い訳じゃない

では、どの様にしたら「間違えてもいいや」ぐらいに思えるのでしょうか?これに関しては、人は必ず間違えると言う前提に立ってみるといいんじゃないかと思います。何をやっても間違える事はあるんだから、必要以上に「間違えてはいけない」と言うプレッシャーを受けない様にするといいと僕は思います。要は、「自分は間違えるんだからしょうがない」と言う感じで開き直ってしまうって事です。そうするとなんとなく清々しい気持ちで「間違える」事に胸を張る事が出来るんじゃないかと思います。まぁこれが良いか悪いかは別として、余分な力を抜く為に開き直ってしまうってのはなかなか効果があるんじゃないかと僕は思っています。

人生が辛い時には、時に開き直ってみるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何もかも上手くいかなくて、もう自分の人生はお先真っ暗だ、なんて思う事ってないですか?正...

そして、もう1つ大切な事は、間違えない事が偉い訳じゃないと言う事は知っておくって事です。確かになんとなく間違えないってなんかカッコいい響きがしますが、そんな完璧な人間なんてどこにもいないですし、なんか人間味がなくて逆に気持ち悪い様な気もします。だから、どんどん間違えちゃって僕はいいんじゃないかと思っています。その間違えを次に活かして、次からの間違える頻度を減らしていけばいいんじゃないかと僕は思っています(この減らしていくってのがポイントです(笑))。

失敗はどんなものでも糧にしてしまえばいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、失敗するのは好きですか?まぁ基本的にそんな人はいないんじゃないかと思います(まぁ中には...

まとめ

いかがだったでしょうか?普通に考えたら、誰だって間違いなんて犯したくはないんじゃないかと思います。でも、そうやって間違えたくないとばかりを考えていると、その思考に引っ張られて結局間違ってしまう事が多くなってしまうってのも実際なんじゃないかと思います。なので、出来る限り間違えない様にしようなんて事ばかりを考えない方がいいんじゃないかと僕は思っています

自分はこの人生の初心者なんだから失敗してもしょうがないと思って生きるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが、皆さんは、生きるのってなんでこんなに難しいのかな?って思った事はないです?たぶん誰だって1度や...

それよりも、肩の力を抜いて、ちょっとぐらい間違えてもいいやぐらいに思ってみると意外と間違える事って減っていくんじゃないかと思っています。失敗しない様にと緊張してガチガチになるよりは、リラックスして開き直ってみるって事がもしかしたら間違わない為に必要な事なのかもしれません

常にドキドキする環境からは離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、ドキドキする事ってありますか?緊張とか、ときめきとかいろいろなドキドキがあると思います...

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク