生き方

与えるだけじゃなくて、受け取る事も忘れない方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、まずは与えて、与えて、与えまくれ、なんて事聞いた事ないですか?これは、自分が先に与える事がいろんな意味で自分の為になるって事を言いたいんだと思います。そして、これに関しては、僕も完全同意です。何も間違っている事はないとは思います。

でも、ここでちょっと皆さんに忘れないでいて欲しいのは、与えるばかりではなく、受け取るって事もしなくちゃいけないって事なんです。上に書いた様に、まずは与えろって聞くと何か受け取る事が悪い様に聞こえてしまうかもしれません。でもね、勘違いしないで下さい。受け取る事って、与える事と同じぐらい大切なんです。

だって、皆さん、もし世界中の人全員が、与えまくれって教えを守ってしまったとしたらどうなりますか?そうです。誰も受け取る人がいなくなってしまう可能性があるんです。そうなったら、逆に誰も与える事が出来なくなってしまいますよね(笑)。まぁこれはちょっと極端な例えでしたが、与える人がいるなら、受け取る人もいなくちゃいけないんです。何事においてもバランスってとても大事なんです。

ワークライフバランスってなんだ?どーも、ゆーすけです。 ワークライフバランスって聞くとどんな事が頭に浮かびますか?僕にはなんかどうも「仕事はそこそこにして、余暇を...

そう言う意味からも、与えるだけじゃなくて、受け取る事も忘れない方がいいんじゃないかと僕は思っているんです

ここでは、なぜ僕がその様に考えているかについて簡単に解説してみたいと思います。

受け取る事は、与える側に与える機会を与えているって事でもある

まず初めに、受け取るって言う言葉を聞いた時に皆さんはどの様のイメージを持たれますか?ちょっと曖昧な質問なので、はっきりとして答えを持つのは難しいかもしれませんが、おそらく誰かから何かを貰うって感じなんじゃないかと思います。もしくは、ちょっと強めに言うなら、誰から何かを奪い取るって感じでしょうか(笑)?まぁそうですよね、受け取るって言ったら、何かが向こうからこちらにやってくるって感じですよね。でもね、ちょっとここで発想の転換をしてみて下さい。受け取るって事は、誰かに与えてるって事でもあるんです。ハァ?何言っての?って思いましたよね(笑)。その気持ちはとてもよくわかります。

でも、ちょっと上でも言いましたが、受け取るって事は、与える人がいるって事ですよね。と言う事は、受け取るって事で、与える人に与えるチャンスを与えているって事と考えてもいいって事でもあるんです。だって、繰り返しになりますが、受け取る側が存在しない限りは、与えると言う行為自体が成り立たない訳なんですから。なんか屁理屈を言っている様に聞こえるかもしれませんが、受け取る事で相手が与える事が出来る様になるって事は本当なんです。

そして、皆さんは逆に誰かに何かを与えた時ってどんな気分になりますか?与えているはずなのになぜか嬉しく感じてしまったりしませんか?そうなんです。与えるって実はとても気持ちのいい事なんです。なので、受け取ってあげるって事は、与える側にいい気分になる機会も同時に与えている事にもなるんです。だからと言う訳じゃないですが、もし皆さんが受け取る事に何かしらの抵抗があるとしたら、受け取るって事は、与える側からの一方通行ではなく、こちら側からも何かしらを与えている事になっているんだって事を心の中に思っているといいと思いますそうすれば少しは受け取る事に罪悪感みたいなものを感じる事は少なくなっていくんじゃないかと思います

常に罪悪感を感じる環境からは離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 時に自分に自信をなくす事ってありますよね。まぁそれは誰にでもある事だし、誰もが通る道だと思います。人生なん...

受け取らないって事は相手の好意への否定にしかならない

で、それでもやっぱり、受け取るのって苦手だなって思う方が大半なんじゃないかと思います。なんとなく受け取るって、どこかで卑しいって感覚があるからなんじゃないかと思います。だから、誰かが何かを自分に与えてくれようとしても、いやいや、自分なんか受け取れる分際ではないですから、みたいな感じで受け取るのを拒否してみたりする事もあるんじゃないかと思います。これって、なんか相手に謙遜してるから、相手も悪い気がしないんじゃないかと思いがちですよね。

謙虚でいた方がいいけど、謙遜なんかしない方がいいどーも、ゆーすけです。 僕は、今アメリカに住んでいますが、日本生まれの日本育ちです。基本的には「控えめでいる」ってのが美徳だと習っ...

でもね、これ、与えてくれた人に対してかなりひどい事をしているんです。いやいや、そんな事ないでしょって思うかもしれません。でも、自分が与える側になって考えてみて下さい。相手に何かあげようとしているのに、自分はそんな資格はないって言って断られるんですよ。これってかなりの侮辱じゃないですか?相手が喜ぶと思って与えてあげようとしている自分の相手への評価をこき下ろされている訳なんですから。簡単に言うと、受け取らないって事は相手の好意への否定にしかならないって事なんです

こんな風に聞いたら、自分はそんなつもりはないって思うと思います。僕も、謙遜している方が、与えてくれる人の気分を害する為にわざとやっている訳ではないって事はわかります。でも、謙遜で断られたら、与える側にはこの様に伝わっているって事も理解はしておいた方がいいんじゃないかと僕は思うんです。そんな風に自分を下げようとするよりも、誰かが自分に与えてくれようとしているのであれば、それは素直に受け取った方が僕はいいんじゃないかと思います。その方が、与えようとしている方だって気分はいいですし、受け取る自分だって悪い気分はしないはずです。

褒められたら素直に喜んだ方がいいどーも、ゆーすけです。 人から褒められるのってなんだかこそばゆいですよね。確かに褒められるのって嬉しいですけど、本当に自分なんか褒...

スポンサーリンク

受け取ったからと言ってそれを重荷に感じる必要はない

これは、僕の完全な想像なのですが、なぜ多くの人が受け取る事を苦手としているかと言うと、受け取る事を重荷に感じてしまうってのがあると思うんです。でもね、僕が思うに、人から何かを受け取って、それを重荷に感じる必要は一切ないんです。実は以前は僕も結構人から受け取る事を重荷に感じていました。でも、まだ少しその様に感じてしまう事もあるっちゃあるのですが、少しそう言う感覚を手放す事が出来る様にはなってきたのです。では、どの様にしたら、受け取る事を重荷に感じないでいられるのでしょうか?

これはですね、誰かから受け取った時点で、それは完全に自分のものだと思うって事なんです。えっ?そんなのあたりまえでしょ?って思うかもしれません。でも、誰かから貰ったものってまだその与えてくれた人のものって感覚が残っていると思うんです。そうするとそこには与えてくれた人の想いみたいなものがまだ乗っかっているですよね。で、その想いが重荷になってしまうって訳なんです。でもね、本来なら、受け取った時点でそれを受け取った人がどうしようと、与えた人に言う権利は一切なくなるはずなんです。大げさに言えば、それを捨てようと、誰かにあげようと一切口出しする事は出来ないはずなんです。

でも、多くの与えた人がこれを出来ていないってのも実際なんです。多くの人が、せっかくあげたのにオーラを出して受け取る側を困らせているんです。だからと言う訳じゃないですが、もしあなたが与える側であるとするならば、あげたものをどの様にしてもいいよって事は相手に伝えてあげるといいと思うんです。そうしてあげれば受け取る側も気兼ねなく受け取ってくれると思うんです。

誰かにものをあげたらその後の事は気にしない方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、誰かに何かをプレゼントした事ってありますか?まぁこんな質問聞くまでもないですよね。誰だって少なか...

そして、もしあなたが受け取る側であるならば、受け取った時点で与えてくれた人のものではないと思い切って開き直ってみるといいと思います。じゃないと受け取る事がいずれ苦しくなってくるからです。上にも書きましたが、与える側に与える機会をあげた事でもうあなたの相手に対する役目は終わっているんです。ちょっと冷たい様に感じるかもしれませんが、相手の想いまで引き受ける必要はないと僕は思うんです。

人生が辛い時には、時に開き直ってみるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何もかも上手くいかなくて、もう自分の人生はお先真っ暗だ、なんて思う事ってないですか?正...

まとめ

いかがだったでしょうか?巷では、与える事の大切さがよく言われています。確かに与える事はとても大事です。与える事で自分の世界が広がっていくってのは確かな事です。でも、それと同様に受け取るって事もとても大切なんです。誰かが与える為には、受け取ってくれる人がどうしたって必要になってくるからです。だからね、皆さんも受け取る側になっていいんです。てか、ちゃんと受け取る事もやらなきゃダメなんです。で、受け取る事に引け目を感じたり、後ろめたさを感じたりしてはいけないと思うんです。

それはなぜかと言うと、受け取る事で、与えてくれる人に与える機会を与えているからです。そうする事で与える人も、受け取る自分もいい気分になる事が出来るからです。そして、受け取ったからと言ってそれを重荷に感じる必要もないです。だって、受け取った時点でもう自分のものだからです。自分の好きにしていいんです。お返ししなくちゃとかも特に考えなくていいんです。出来るならその受け取ったものを誰かに受け渡していけばいいんです

与える時も、受け取る時も、それを次につなげていこうと思って生きていくといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、ペイフォワードなんて言葉を聞いた事はありませんか?これって、なんか誰かにして貰った時な...

例え、自分が受け取ったとしても、自分が独り占めしなけりゃいいんです。自分もいずれ与える側になればいいんです。だから、与えるばかりではなく、受け取る事も忘れない様にした方がいいと僕は思います。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク