生き方

罪悪感の手放し方

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、罪悪感って感じた事ありますか?こんな事聞くまでもないですよね。誰だって少なからず1度ぐらいは罪悪感にさいなまれた事はあるんじゃないでしょうか?

あれってなんなんでしょうかね?罪悪感を感じている時ってなんであんな風に申し訳ないって思ってしまうのですかね?で、罪悪感を感じた後に、時間が経ってからよくよく振り返ってみると、「そこまで悪い事をしてた訳でもないし、なんであの時あんな風に申し訳ないなんて考えてたのかな?」って感じたりしませんか?

これがまさに罪悪感の正体なんじゃないかと思います。はっきり言ってなんだかよくわからないけど、申し訳ないなぁって思ってしまうのが罪悪感なんです。で、これって僕は、罪悪感を感じている人が勝手に自分の頭の中に作り出した妄想なんじゃないかと思っているんです。

だからね、僕は罪悪感って自分の中から取り除く事って可能なんじゃないかと思うんです。だって本当の現実に起こっている事ではなくて単なる妄想なんです。自分が勝手に思い込んでいるだけの事だったりする訳なんです。

で、そんな感じなので、世の中では「罪悪感なんか感じる必要はない」とか、「罪悪感なんて手放した方がいい」とかって言われているとは思います。でも、どうやって罪悪感から逃れたらいいかっていまいちよくわかりませんよね。

ここでは、僕なりに思う「罪悪感の手放し方」について簡単に解説してみたいと思います

罪悪感を感じる環境からは出来る限り離れる

まず僕が思う、これが出来れば1番簡単だけど、実際やるのは1番難しいかもしれないって言う罪悪感の手放し方を説明してみたいと思います。それは何かと言うと、罪悪感を感じる環境から出来る限り離れてしまうってものです。そりゃそうですよね。そもそも罪悪感を感じる場所にいれば、どうやったって罪悪感を感じてしまいますし、そこから離れる事が出来れば罪悪感を感じなくなるのは当然と言えば当然ですよね。

常に罪悪感を感じる環境からは離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 時に自分に自信をなくす事ってありますよね。まぁそれは誰にでもある事だし、誰もが通る道だと思います。人生なん...

例えば、この人と一緒にいたら何だか罪悪感を感じてしまうって人とか、そこにいるとなぜだかわからないけど罪悪感を感じてしまう場所とかに出会った事って誰にでも少しはあるんじゃないかと思います。で、渦中にいる時ってなんか申し訳ないと思って自分に責任があると感じているので、そこから逃げ出そうとしないんですよね。でもね、これが僕は大きな間違いなんじゃないかと思っているんです。

だって先ほども少し言いましたが、罪悪感って自分が勝手に作り出した妄想でしかないんです。別に何か悪い事をした訳でもないし、それを自分に責任があると感じるってのも正直おかしな話だったりするんです。で、僕が思うに、そう言う風に感じさせる環境の方に問題(もしくは責任)がある事の方が多かったりする訳だったりするんです。

だからね、僕はそんな環境にとどまる必要も全くないと思いますし、そこから離れる事に何も悪気を感じる必要もないと思っています。で、これは経験がある方にはわかっていただけるかもしれませんが、そう言う罪悪感を感じる環境から離れた途端に一切罪悪感って感じる事はなくなったりするんです。なので、もし周りの環境のせいで罪悪感を感じているのがわかっているのなら、そこから離れる事も考慮に入れてみるといいんじゃないかと僕は思います

で、こう言う話をすると、離れたくてもそんな簡単に離れるなんて事は出来ないっておっしゃる方もいらっしゃいます。確かにその気持ちはとてもよくわかります。確かに簡単に離れられない環境ってのはあるのかもしれません。でも、ちょっと厳しい言い方をしますが、ぶっちゃけた話どんな環境からも離れられないなって事はないと僕は思っています離れられないのは、自分で離れないって決断をしているだけだったりするんです。本当に離れたいのなら出来ない事はないはずです。思い切って離れてみるってのも僕はありなんじゃないかとは思っています。

逃げようと思えば大抵の事からは逃げれるって事は知っておいた方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんには、もうどうしてもこの環境に耐えられなくて逃げ出したいって思った事はないですか?もしくは、今現在逃...

罪悪感を感じている自分を許す

とは言ってもやっぱり物理的に離れるのが難しい時ってありますよね。そんな時は一体全体どうしたら罪悪感を手放す事が出来るのでしょう。僕はそんな時には、罪悪感を感じている自分を許してしまうってのがまず最初に出来る事なんじゃないかと思います。罪悪感を感じている時って、罪悪感って言うぐらいなので、何かに関して自分が悪いと思っていますよね。で、そんな時って意味もなく自分を責め過ぎてしまうんじゃないかと思うんです。そして、それがストレスになって、場合によってさらに自分を責めてしまうと言う悪循環に入ってしまう事もあったりするんじゃないかとも思います。

許せるなら許した方がいいどーも、ゆーすけです。 嫌な事を誰かにされた時は頭にきますよね。例えそれが故意にやった事ではなかったとしても、どうしても許せない時...

だからと言う訳じゃないのですが、そんなに自分を悪者にしなくていいよって自分の事を許してあげるってのもありなんじゃないかと僕は思います。だって、これは何度も言っていますが、もともと何もない所に「もしかしたら自分は悪いんじゃないか」と妄想して、それに対して申し訳ないと思っているから罪悪感って生まれる訳なんです。でも、自分に責任のない事に責任をわざわざ感じる必要もないですし、ましてや自分が悪いとなんて思う必要もないと思うんです。でも、それでも罪悪感を感じてしまうのなら、「あなたが悪く思う必要は何もないんだよ」とそっと自分の事を許してあげると、少しは罪悪感を手放す事が出来るんじゃないかと僕は思っています

どんな相手にもある程度の「逃げ道」は用意してあげておいた方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、「自分が勝てそうだな」と思った時は徹底的に相手をやっつけたりした事ないですか?もう相手が2度と自...

スポンサーリンク

どうしようもない時は自分に謝ってしまう

まぁ本当に自分の事を許す事が出来るのであれば確かに罪悪感は手放す事が出来るかもしれません。でも、自分を許すって事自体もほとんどの人には難しい事なんじゃないでしょうか。基本的に世の中の多くの人が自分に対して厳しいですからね。口では自分の事を許すと言っても心の奥底ではやっぱり許す事が出来ずに罪悪感が心の中に残ってしまったりする事も多いんじゃないかと思うんです。では、自分を心から許せなかった時にはどの様にして罪悪感を手放せばいいのでしょう?

これは本当に難しい疑問だと思います。僕はこれに対しては最終手段として、自分に謝ってしまうってのがいいんじゃないかと思っています。えっ?それってどう言う事?って思いますよね。そう思われる気持ちはとてもよくわかります。でも、罪悪感を感じている時って、申し訳ないと思っている訳ですよね。だからね、謝っちゃうんです。もうこれはその罪悪感が誰に向かっているのかって事はあまり気にせずに、自分に謝ってしまうんです。でね、申し訳ないと思っている時に、謝ってしまうと何が起こるかって言うと、謝罪をした事によって気持ちが吹っ切れたりするんです。まぁ要は、開き直る事が出来るって訳なんです。それに加えてもう既に謝っているって事で無意味に罪悪感を感じる事も少なくなっていくんじゃないかと思います。

悪い事もしてないのに、申し訳ないと思わない方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、つい口癖で「すみません」とか、悪くもないのに「ごめんなさい」とか「申し訳ありません」とか言っちゃ...

まぁ繰り返しますが、これは本当に最終手段だと思っているといいと思います。だって、謝る必要がない事に謝る事になるので、下手したら自分を卑下して自信をなくす可能性もなくはないからです。ちょっとバカっぽいけど最終手段だからやってみるか、ぐらいに思えないともしかしたらこの方法は上手くいかないかもしれません。だから、最後の最後まで取っておいてみて下さい。でも、上手く成功すればこの方法で確実に罪悪感は手放す事が出来るんじゃないかと僕は思っています。

自分を卑下する様な生き方はやめた方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、控え目でいる事と、強引だったり強気でいたりする事とどっちの方が周りが良い印象を受けると...

まとめ

いかがだったでしょうか?罪悪感って誰しもが持ち得るものですが、誰もそんなものの持ちたくないものなんじゃないかと思います。で、世の中では罪悪感は手放した方がいいなんて言われてもいますが、それをどうやって手放したらいいのかってよくわからないってのが現実だったりするんじゃないかと思います。

そこで僕が提案したいのは、

  1. 罪悪感を感じる環境からは出来る限り離れる
  2. 罪悪感を感じてしまう自分を許す
  3. 最終手段として、罪悪感を感じている自分に謝ってしまう

と言う方法です。ここにあげた方法全てを行う事はもしかしたら難しいかもしれませんが、もし罪悪感を感じてしまう様な状況に陥ってしまった時には、この中のどれか1つでも試してみるといいかもしれません。もしかしたら罪悪感を手放す事が出来るかもしれません。意外とオススメです。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク