生き方

時には思い切ってやってみるといい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、何かを始める時って結構準備に時間をかける方ですか?石橋を叩いて叩いて叩きまくっていく方ですか?なんの準備もせずいきなり始めるよりは慎重な方が僕は断然いいと思います。僕も自分の事は、結構慎重な方だとは思っています。

でもね、それと同時にあまりに慎重すぎるってのもどうかな?って思ってしまう事も正直言ってあったりするんです(一体全体どっちなんだよ?って思いますよね。混乱させてしまってすみません)。時には大胆不敵に行動してみた方が上手くいくって事もあるんじゃないかと思うんです。

だからと言う訳じゃないですが、準備が整っていようがいまいが関係なく、思い切って始めてみてしまうって時があってもいいんじゃないかと僕は思うんです時には、勇気を出して後先なんて考えずに飛び込んでみるって事が必要なんじゃないかと僕は思うんです

ここでは、なぜ僕がその様に考えているかについて簡単に解説してみたいと思います。

準備が完璧に整う事は永遠にない

それではなぜ時には大胆にいかなきゃいけないのでしょう?そんなんで大きな失敗でもしてしまったら目も当てられないのだから、慎重にやって悪い事なんて何もないんじゃないかと思われるかもしれません。確かにその考え方は何も間違っていません。でも、1つここで皆さんに聞いておきたいのは、その慎重に進めている準備はいつになったら終わるのか?って事なんです。

まぁある程度締め切りの様なものが決まっていて、ここで準備を強制的に終わらせなきゃいけないって言う場合であったら準備の終わりってわかりやすいと思うんです。でも、そうでなければ「はい、ここで準備終わり」って決めるのってなかなか難しいと思うんです。

締め切りを守るためのコツどーも、ゆーすけです。 社会人として仕事をする様になって結構長い年月が経ちました。それに連れ結構いい歳のおじさんになりました。そん...

それではなぜその様な事が起きてしまうのでしょう?それは準備というものが完璧に整うって事は永遠にないからなんです。いやいや、そんな事ないよ、準備だってやってりゃいつかはちゃんと完璧になるよって思う方もいらっしゃるかもしれません。でもね、残念ながらそんな時は絶対にやってこないんです。準備をしている時って、「あれも足りない、これも足りない、あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」ってどこまでいってもアラが見つかるもんなんです。

完璧にこだわるのはやめた方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何かをやっている時に完璧にこだわってしまう方ですか?おそらくそう言う方って結構いらっし...

なので、どこかの時点で準備の終わりを自分で決めて本番に挑んでいかなきゃいけないと僕は思うんです。そして、ここで1番大事な事は、この自分で決めるって事です。「もうここまできたら(準備がどうであろうと)、本番に挑もう」っていう自分の中のタイミングを自分で決めておくって事なんです。他人のタイミングで本番に挑んでしまったら、上手くいかなかった時に必ずその人のせいにしてしまいます。だから自分で決めるといいと思います。てか自分で決めなきゃダメなんです。

いつまで待っても完璧なタイミングが向こうからやってきてくれる事は絶対にないどーも、ゆーすけです。 皆さんはどんなきっかけで何かを始めますか?または、どんなタイミングで始めますか? 出来れば完璧な準備...
自由が欲しかったら自分の責任は自分でとるしかないどーも、ゆーすけです。 突然ですが、皆さんは「自由」に憧れた事ってないですか?まぁ今まで1回も「自由になりたい」って思った事がない...

で、「今ここだ!」っと思ったら、迷わず行動を起こすって事も同様に大切です。いくらタイミングを決めていても本番に挑めなかったらそれはそれで意味がないことになってしまいます。だから、時には大胆になるって事が大切になってくるんです。

物事を後回しにせず、すぐやるための3つのコツどーも、ゆーすけです。 突然ですが、やらなきゃいけないのはわかってるのに、なかなか手をつけられずどんどん後回しにしちゃうってことあ...

時には思いを切ってみる事が大事

思い切って大胆に振るまってみるって事が時に大事だって事はわかったとして、それではどうしたら思い切った行動に出られるのでしょう?どんなにわかっていたとしても、自分が「準備完了」と納得出来てない状況で何かを始めるのって相当怖く感じてしまいますよね。その気持ちはとてもよくわかります。怖くて足がすくんで動けなくなってしまいますよね。でも、その怖い気持ちって一体どこからきているのでしょう?本当に怖がる必要なんかあるんでしょうか?

たぶんね、そこまで怖がる必要なんかはないんじゃないかと思うんです。だって、この時の怖いって思う感情って、自分の中にある失敗したらどうしようって妄想からきてるんじゃないかと思うからです。では、なぜ怖がる必要はないかですって?だって、失敗するかどうかもまだわからないんですよ上手くいってしまう可能性だってある訳なんですよ。いやいや、そんな事はないよ、自分はかなりの確率で失敗すると思うよっておっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。でも、よく考えてみて下さい。上手くいくのも、上手くいかないのも確率的には50%ずつなんです。

悪い事が起きたらどうしようと思うだけじゃなく、良い事が起きちゃったらどうしようも考えておくといいどーも、ゆーすけです。 皆さんは「未来のことはわからないんだからあまり心配しすぎてもしょうがない」って聞くとどんな事を想像するでし...

これは数字のトリックとかを使ってる訳じゃなくて、本当の事なんです。上手くいくかいかないかは常に五分五分の確率なんです。こんな感じでとらえる事が出来たらなんとなくチャレンジしてみるのが怖くなくなっていくんじゃないでしょうか。要は、何が言いたいかっていうと、始めるのが怖いって感じてしまうのは、自分の頭で勝手に怖いと考えているだけだって事なんです。

だから、時には考えるのをやめて無心で飛び込んでしまうといいんじゃないかと思います。ダジャレじゃないですが、「思い」を切ってしまえば、思い切って大胆に行動出来る様になるんじゃないかと思います(笑)

スポンサーリンク

思い切ってやってみた先に新たな道が広がっていく

確かに思い切ってやってみるって事が何かを始める為のきっかけになりそうだっててのはわかったとして、それではなぜそこまで「時には思い切ってやってみる」って事が大事なのでしょう。それは、そんな感じで大胆にチャレンジしてみるって予想外の結果につながったりするからなんです。えっ?予想外の結果なんか出しちゃったらダメなんじゃないの?って意見もあるかもしれません。でも、本当に予想外の結果ってダメなものなんでしょうか?

僕には必ずしもそうだとは思えないんです。全ての結果が予想した通りに出てしまう方が僕にとってはちょっと怖い様な気がしないでもないんです。もしかしたら、やった事の全てが予想通りだったら、安心なのかもしれません。でも、それじゃあ何の進歩もない様な気がします。時には予定調和が崩れるから、新しい発見があるんじゃないかと思います。なので僕は、例え準備が間に合っていなくても、時には思い切ってやってみるのもありなんじゃないかと思っているんです。

そんな感じで思い切ってやってみた先には、予想外の結果がやってきて、それが新しい道へ導いていってくれるんじゃないかと思うんです。たぶんこれまでの新たな発見ってこんな事から見つかっていっているんじゃないかと僕は思うんです。だから、毎回とは言いませんが、時には思い切ってやるって事も忘れないでいて欲しいと僕は思っているんです。

まとめ

いかがだったでしょうか?やっぱりどんな状況であっても人は失敗するのを恐れる生き物なんじゃないかと思います。だから、ほとんどの人が出来る限りの準備をしていろんな事に臨んでいくんだと思います。その姿勢には何も問題はありません。でも、慎重過ぎて臆病になってしまうってのは僕はちょっと違うんじゃないかと思うんです。

かと言って何も後先考えずに適当にやれとも思いません。でも、ある程度準備を進めたら、どこかの時点で思い切って始めてみちゃうってのも僕はありなんじゃないかと思うんです。それがいつか絶対に新しい道へと導いてくれる事になるはずです。新しい自分に出会う為にも、時には大胆に思い切ってやってみるって事も忘れないでいて下さい。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク