生き方

人に頼る事を恐れない方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、自分が辛い時に人に頼る事が出来ますか?おそらく多くの人にとって、頼りたいけどなかなか頼れないってのが正直な所なんじゃないでしょうか?

相手に迷惑をかけてしまうんじゃないかと気を使ってしまいますよね。断られたらどうしようって悪い結末ばかり考えてしまいますよね。その気持ちはとてもよくわかります。そして、そんな風に深読みをしてしまうから、結局誰にも頼る事が出来ずに辛い状況からなかなか抜け出せなくて困ってしまうなんて事あるんじゃないかと思います。

深読みなんかしない方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、人が自分に対して何か言ってきた時に、「あれこれってもしかして、こう言う事なのかな?」って言葉の裏...

で、そんな時って、「誰かが向こうからやってきて自分の事を助けてくれないかな?」なんて思っちゃったりしませんか?でも残念ながらどんなに辛くても、あなたが何もしていないのに周りの人が向こうからあなたの事を助けにきてくれるなんて事はありえないんです。助けて欲しかったら、自分から助けを求めるしかないんです。なりふり構わず自分から誰かの事を頼るしか助けて貰う方法はないんです。

やばい時はなりふり構わず助けを求めた方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎で自分の研究室を持ってがんの研究をしています。今は比較的落ち着いていますが、以前に一度自分...

だからと言う訳じゃないですが、辛くて誰かに助けて欲しいと思った時には勇気を出して頼ってみるって事が大事なんです。でもね、そこまで心配しなくても大丈夫です。人に頼るってそこまで怖がる事でもないんです

ここでは、なぜ僕がその様に考えているのかと、どうやったら人に頼りやすくなるのかについて僕が思っている事を簡単に解説してみたいと思います。

自分が頼られたら大抵の場合は喜んで助けるはず

まず、最初になぜ僕が人に頼る事はそこまで怖い事ではないと思っているかと言うと、大抵の場合、頼った所で断られる事もないですし、頼られた相手は迷惑なんて思っていない事が多いからです。いやいやそんな事ないよ、やっぱり頼られたらめんどくさいと思われるし、嫌がられるに決まってるよって思うかもしれません。まぁその様に感じてしまうのが当然だと思います。

でも、自分が逆の立場になった時の事を想像してみて下さい。誰かが辛そうにしてて自分の事を頼ってきてくれたらどう思いますか?ウゼーって思いますか?おそらくそんなことないですよね(てかそう思いたい(笑))。たぶん、なんとかしてその人の力になってあげようとか、その人を絶対に助けてあげようと思うんじゃないでしょうか。場合によっては、自分の事を頼ってきてくれて嬉しいと思ったりするんじゃないかと思うんです

そうなんです。人って頼られたりしたら、迷惑と思う事より、嬉しいと思う事が多かったりするんです。なので、人に頼るってそこまで怖い事ではないんです。世の中ってそこまで捨てたもんでもないんです。だからね、思い切って頼ってみちゃっていいと思うんです。もし頼るのが怖く感じてしまったとしたら、たぶん相手は頼られて喜んでいるはずと思えばいいんです。そして、相手の為に頼るぐらいのつもりでいるといいんじゃないかと思います(笑)

何を頼りたいのかを明確にしておく

そして、人に何かを頼ると決めた時に1番大事な事ってなんだと思いますか?こう言う質問をすると、もしかしたら、相手に迷惑をなるべくかけない様に頼る量を少なくする事が大事なんじゃないかと思われるかもしれません。でも、そうではないんです。上にも書きましたけど、基本的には頼られた人は頼られる事を迷惑だなんて微塵も思っていないんです。どれだけ頼ろうが、何回頼ろうが、相手が頼っていいと言っている限りはなんの遠慮もする必要なんかないんです。

じゃあ、全てを相手に頼ってもいいのでしょうか?それは半分正解で半分不正解だと思います。それはどう言う事かと言うと、相手に何を頼りたいのかがはっきりしているのなら、その頼りたい部分の全てを頼るってのはアリだと思います。でも、何を頼りたいのかがはっきりせず、なんもかんも頼ろうってのは、ちょっとどうかと思うんです。だってそれじゃあ自分の責任を全て相手になすりつけようとしているのと同じ事になってしまうと思うからです。人に頼って甘えたいからってそれは甘え過ぎってもんじゃないかと思います。

自由が欲しかったら自分の責任は自分でとるしかないどーも、ゆーすけです。 突然ですが、皆さんは「自由」に憧れた事ってないですか?まぁ今まで1回も「自由になりたい」って思った事がない...

で、逆に頼られる側に立って考えてみて下さい。例えば誰かが、助けてくれってきたとして、相手が何に対して助けて欲しいのかがわかっていなかったら、どれだけ助けてあげたくても助けてあげようもないんじゃないかと思います。なので、誰かの事を頼りたいぐらい辛いと思っているのなら、その人に何を頼りたいのかを明確にしておくって事が大事になってくると思うんですそして、その頼りたい事がわかってさえいれば、さほど気兼ねする事なく頼るって事もしやすいんじゃないかと思います。だって、もうその時点で頼ろうと思っている事が限定されていて、量が少なくなっていたりするからです。

それに加えて、この様に自分が頼りたい事って言うものがはっきりとわかっていれば、もし頼った人にその部分で助ける能力がなかったとしても、それが出来る人に紹介して貰えるって可能性もあると思うんです。だからやっぱり人に頼りたいのなら、何を頼りたいのかを明確にしておく事は忘れない方がいいと思います。

スポンサーリンク

どれだけ頼っても断られる事はある

そして、人に頼る時に忘れてはいけないのは、必ずみんながみんな助けてくれる訳でないって事です。こればっかりはしょうがないんです。これは、別に相手が意地悪で頼らせてくれないって事ではないんです(まぁ中にはそう言う場合もあるかもしれませんが)。ただ単に相手にそれが出来ない何か事情があったのかもしれません。ただ単にタイミングが合わなかったのかもしれません。でも、頼っても断られる事はどんな時にでもあるんです。そこはちゃんと理解しておいた方がいいと思います。

どんなに自分が辛いからって相手が必ず助けてくれなきゃいけない理由なんかは実際にはないんです。助けてくれたらラッキーなんです。てか、そう言う風に最初から思っているといいんじゃないかと思うんです。そして、もし助けて貰う事が出来なかったとしてもそれはそれでオッケーだと思っているといいんじゃないかと思うんです。そんな感じでいれば、頼る方側としてもそこまで頼る事に気負いを感じる必要も無くなるんじゃないかと僕は思うんです

人生はあったらラッキー、なくてもオッケーと思って生きるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、これがなきゃ困ると思うものってないですか?そう言うものってよくよく思い返してみると、元...

逆に気持ちの中で少しでも、こちらは困っているんだから相手は助けなきゃいけないはずとか、助けるべきとかって言う考えが少しでも頭の片隅にあるから、断られたらどうしようと頼みづらくなってしまうんじゃないかと僕は思います。これだけ聞くとちょっと悲しい様な気にもなりますが、例えどれだけ自分が辛くても、どれだけ必死に頼っても断られる事はあるって事は決して忘れない様にしておいた方がいいと思います

まとめ

いかがだったでしょうか?誰にだって本気で辛い時には誰かに頼りたいとおもんじゃないかと思います。でも、大抵の場合、人って誰かに頼る事は相手にとって迷惑な事なんじゃないかと罪悪感の様なものを感じてしまったりするんじゃないかと思います。でも、実際はそんな事はあまりなくて、人は誰かに頼られたら嬉しいもんだったりするんです

常に罪悪感を感じる環境からは離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 時に自分に自信をなくす事ってありますよね。まぁそれは誰にでもある事だし、誰もが通る道だと思います。人生なん...

だからと言う訳じゃないですが、人に頼る事はそこまで恐れる事でもないんです。思い切って頼ってみたら意外とすんなり助けてくれるなんて事も多かったりするんです。だから、そこまで怖がらずに勇気を持って他人を頼ってみるといいと思います。

そして、人を頼る時に忘れないでいて欲しいのは、自分が何を頼りたいのかをちゃんと知っておくって事と、自分が頼ったからって必ずしも助けて貰えるって訳ではないって事です。これは、頼るなって事を言いたいのではなくて、そんな時もあるから断られたってそこまで気にする事もないんだよって事です。本当に困っていれば、必ず誰かは手を差し伸べてはくれるはずです。周りを信じて頼ってみるって事は忘れない様にして下さい。1人でなんでも抱え込む必要なんかないんです。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク