生き方

目の前にある当たり前を大切にした方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、日々の生活に満足していますか?もし、今の現状にきちんと満足出来て毎日が幸せでしょうがないって方は、もしかしたらこの先を読まなくてもいいかもしれません(笑)。そう言う方は今のまま何も変える必要はないと思います。そのまま毎日の幸せを噛み締め続けちゃって下さい。

でも、もし毎日が満たされなくて、常に何かが足りないなって思っているのだとしたら(おそらくこう言う人がほとんどなんじゃないかと思います)、少し物事に対する見方を変えてみた方がいいのかもしれません。

こんな感じで何かが足りないと思っている時って、自分の身近にある事に目が向いていないからそう思ってしまうんじゃないかと僕は思うんです。自分がもう既に持っている沢山の事を忘れてしまっているから、何か満たされない気持ちになっているんじゃないかと思うんです。

だから皆さん、何かが足りないと思ってしまった時には、ちょっと一歩下がって自分の事を注意深く見つめ直してみて下さい。おそらく自分が思っている以上に沢山のものを持っている事に気がつくんじゃないかと思いますでも、そう言うものって自分にとっては普段から当たり前にあるものだったりするので、なんか実感がわかなかったりするんですよね

自分は恵まれていると思って生きると人生は生きやすくなるどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、自分の事を「恵まれている」と思っていますか?これってなかなか微妙な質問ですよね(笑)。...

だからと言うわけじゃないですが、僕は普段から目の前にある当たり前を大切にした方がいいと思っているんです。そんな感じで生きていくのがいいんじゃないかと思っているんです。

ここではなぜ僕がその様に考えているかについて、簡単に解説してみようと思います。

幸せになる為の第一歩は目の前にある沢山の当たり前に気づく事

これに関してはもしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、幸せってなるものではなくて、気づくものなんです。えっ?それってどう言う事?今別に幸せじゃないんだから、これからなるもんでしょって思った方もいらっしゃるかもしれません。でもね、それは違うんです。やっぱり幸せって気がつくものなんです。

それはどう言う事かと言うと、基本的にこの世の中にいる人はみんな幸せって事なんです。いやいや、そんな事言われても、自分は全く幸せじゃないよって方もいらっしゃると思います。その気持ちは痛いほどよくわかります。でも、そんなあなたも実は幸せなんです。要は、その幸せ気がつけるかどうかなんですてか、その幸せを認められるかどうかなんです

言い換えるなら、どんなに周りから見たら恵まれていて、全てが満たされていると思われていても、その人が自分は幸せじゃないと思えば、その人は幸せじゃないんです。その反対に、多くの人から見て不幸な状況にいてかわいそうだなって思われていたとしても、その人が幸せと思っていれば、その人は幸せなんです。幸せを感じれるかどうかって、結局はその人の感じ方次第だったりするんです

「幸せ」は自分の感じ方次第で決まるどーも、ゆーすけです。 皆さんは「幸せ」になりたいですか?そりゃあ、もちろん「幸せじゃない」より、「幸せ」な方がいいですよね。僕も...

それでは、どうして多くの人が沢山のものを持っているはずなのに幸せと感じる事を難しく感じてしまうのでしょう?それは、自分が既に持っている沢山のものって言うものが、自分が手に入れようと向かっていって手に入れたものではないからなんじゃないかと思います。自分にとっては元から当たり前の様にあるものだから、なかなかその存在にも気がつかないし、気がついたとしてもそれにありがたみを感じないからだったりするからなんじゃないかと思います

でも、当たり前にあるって事は実は凄い事なんです。それに気がつくって事がとても大切です。特に自分が満たされて幸せを感じたいと思うならなおさらです。幸せって自分の目の前にある当たり前の中に転がっていたりするんです

今当たり前にある事はいつまでも当たり前にある訳じゃない

で、これもとても大事な事なので忘れないでいて欲しいのですが、今自分の目の前に当たり前にある事って言うのは、これからもずーっと当たり前にある訳じゃないって事です。もしかしたら、そんな事言われなくてもわかってるよって思ったかもしれません。でも、普段からそれを意識している人ってなかなかいないんじゃないかと僕は思います。

そして、こう言う事って自分がその当たり前を失って見て初めて気がつくなんて事も多かったりすると思うんです。例えば、健康なんかがわかりやすいかもしれません。若い頃は暴飲暴食を繰り返したとしても、特に何事もなくすぐ回復する事が出来た、とします。そして、年齢を重ねて、それがだんだん体にこたえる様になってきて、結局は生活習慣病を罹患してしまったなんて場合を想定してみましょう。

大抵の場合は、その時になってみて初めて自分が健康であった事のありがたみに気づくでしょうし、「あぁ若い頃にもっと節制していれば」なんて後悔の念に駆られてしまうんじゃないでしょうか。

こんな感じで、自分にとっての当たり前って失ってみて初めて、それっていつまでも当たり前あるって訳じゃないんだって事に気づけるのが大半なんじゃないかと思いますで、残念ながら、それに気がつけた時にはもう手遅れって事も往々にあるんじゃないかとも思うんです

なので、こう言う意味からも、自分にとって当たり前にある事に気がついて、それを常日頃から大事にしながら過ごしていくって事が僕はとても大切な事なんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

自分の当たり前が他人にとっても当たり前とは限らない

そして、これを言ったらそんな事は当然だって言われるかもしれませんが、自分にとって当たり前にある事が他人にとっても当たり前にある訳じゃないって事は常に頭に入れておく必要はあるんじゃないかと思います。例えば、自分にとっては健康である事が当たり前であったとしても、何かの病気を抱えている人にとってはそれは当たり前ではない訳なんです。そう言う人にとっては病気がある事が当たり前なんです。

自分の当たり前は、他人の目から鱗かもしれないどーも、ゆーすけです。 皆さんは、自分にとっては普通の事だと思っていた事が通用しなかったって経験はないですか? 僕なんかは、...

でもだからと言って、その人にとって、病気を持っている事が不幸なのかはどうかはわかりません。同じ病気を抱えている人であっても、その事実に打ちひしがれて落ち込んでしまう人もいれば、逆にそれをバネにして人生を自由に謳歌している人もいる訳なんです。上にも書きましたが、幸せになるか不幸になるかは、その人がどう感じているかどうかなんです。だから、例え自分にとって当たり前にある事を他の人が持っていなくてもそれを哀れに思う必要なんかもないですし、誰かが自分にないものを当たり前に持っていたとしても卑下する必要もない訳なんです

とにかく誰かと比較するとかそう言う事は考えずに、自分にある当たり前も誰かが持っている当たり前もそのまま受け取ればいいんじゃないかと僕は思います。そして、他人がそれをどう感じるかなんかあまり気にせず、自分にとって当たり前にある事に感謝し、それを大事にしていくって事がやっぱり自分の幸せにつながっていくんじゃないかと僕は思います

まとめ

いかがだったでしょうか?人は往々にして、自分の目の前に当たり前にある事に目を向けず、人生において物足りなさを感じてしまう事が多いんじゃないかと思います。でも、いくらその足りないものが手に入った所で自分の気持ちが満たされる事もないんじゃないかと思います。なぜならその足りないものが手に入った途端に次の足りないものが見つかってしまうからです。そのままではいつまでたっても幸せにはなれないんじゃないかと思います。

足りない何かを埋めようと思って生きない方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、常に「今の自分には何かが足りていない」なんて思っていたりしませんか?おそらく今の自分に...

幸せになりたいなら、自分の目の前にある当たり前を大切にする事です当たり前にある事に感謝をする事です。当たり前にある事って実は当たり前にある訳ではないんです。その当たり前にあぐらをかいてないがしろにしていたら、いつか失う事になってしまうかもしれません。失ってから気づいても取り返しがつかなくなるって可能性も十分あるんです。そうならない為にも、普段から目の前にある当たり前のことは出来る限り大切にして生きた方が僕はいいと思っています。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク