生き方

人生はまだまだこれからだと思って生きるといい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、自分はだいぶ歳をとってしまったなぁ、なんて思う事ってないですか?まぁ誰だって年齢を重ねてくればそんな風に思う事は少なからずあるんじゃないかと思います。

で、そんな風に思った時って、この先の人生が終わりに向かっていっている様な気がして、希望とかは持てなくなってしまっているんじゃないでしょうか。

でも、本当に歳をとったら人生って先がなくなってしまうのでしょうか?確かに子供の頃よりは、終わりには近づいてはいるとは思います。でもだからと言ってこの先何も素晴らしい事が起こらないって決まった訳でもないと思うんです。ただ単に以前より歳をとってしまったと言うだけなんです。

僕は、何歳になろうとも明るい未来がくる可能性は、誰にでも必ずあると思っていますだからと言う訳じゃないですが、どんなに年齢を重ねていたとしても「自分の人生はまだまだこれからだ」と思って生きるといいんじゃないかと思っています

ここではなぜ僕がそう考えているかについて、少し解説してみたいと思います。

これまでの人生はこれからの人生の準備だと思うといい

まず、自分は歳をとってしまったなぁって思うのと同時に自分の将来に希望が持てなくなっている人って、もしかしらこれまでの人生があまり充実していなかったんじゃないかと思います。だってこれまでの人生で十分に満たされていれば、これからの人生をそこまで悲観する事はないんじゃないかと思うからです。そう言う人は、今までも良かったから、これからも良くなるはずと言う風に思えるんじゃないかと思うんです。

でも、今までがそこまで充実してないと、やっぱり今後自分の人生が良くなるとは急には思えないんじゃないかと思います。その気持ちはとてもよくわかります。これまでがあまり良くなかったのに、急に良い事が起こるなんて想像出来る訳がないですもんね。でも、人生って案外自分の思い込みで決まっていくもんだったりするんです。なので、今後も良い事が起こらないって思っていれば良い事は起こっていかないでしょうし、良い事が起こるかもと思う事が出来れば流れが良くなっていくって事は全然あり得るんです

人生は思い込みを変えたら上手くいくどーも、ゆーすけです。 皆さんは、自分が当たり前だと思っていた事を他の誰かに話した時に全く予想外の反応をされた事ってないですか? ...

だから、これまでの人生が思った様なものではなくて、そこまで満足していなかったとしても、それが自分の未来に対する思いに影響してしまうのはなるべく避けた方がいいと思うんです。その為に僕がオススメしたいのは、これまでの人生はこれからの人生の為の準備だったと思うといいと思うんです。そう思える事が出来れば、これまでの人生とこれからの人生を切り離して考える事が出来る様になるんじゃないかと僕は思っています。

準備はした方がいいけど、し過ぎない方がいい4つの理由どーも、ゆーすけです。 「いくら準備してもし過ぎる事はない」なんて聞いた事はないですか?確かに準備は必要です。そこは完全同意です。...

これは皆さんもよくおわかりだとは思いますが、物事を上手く進めていける様になるには練習が必要なんです。それはどんなものにも当てはまるんじゃないかと思います。もちろん人生にもです。だからこれまで沢山練習して準備をしてきたと思ってみるといいんじゃないかと思います。そして、その練習はこれからの人生が良くなっていく為の布石だったと思うといいんじゃないかと僕は思っています。

これから良い人生が始まっていくと信じる事が大事

で、これまでの人生がこれからの人生の為の布石だったと思う事が出来る様になったとしたら、次に大事なのは、これからの未来が良いものになると思う様にするって事です。思うと言うよりも信じるって事が大事です。だって上にもちょっと書きましたが、自分の人生を左右していくのは自分の思い込みだったりするんです。どうせだったら、悪い事が起こると思わないで、良い事が起こると思っているといいんじゃないかと僕は思うんです。

悪い事が起きたらどうしようと思うだけじゃなく、良い事が起きちゃったらどうしようも考えておくといいどーも、ゆーすけです。 皆さんは「未来のことはわからないんだからあまり心配しすぎてもしょうがない」って聞くとどんな事を想像するでし...

それでもやっぱりこれまでの人生が良いものではなかったと思っている方にとっては、これからが良いものになると思えって言われても、なかなか簡単には考え方を変えるのは難しいんじゃないかと思います。これまでが悪かったのなら、その経験通りにこれからも悪い事ばかりが起こってしまうと思ってしまうのは普通の事だと思います。

でもここで、ちょっと冷静になって考えてみて下さい。これまでの経験を一旦忘れて考えてみて下さい。これまでの人生を振り返らずにただの確率論として考えてみると、悪い事と良い事ってそれぞれどのくらいの確率で起こると思いますか?普通に考えたらそれぞれ50%の確率ですよね。そして、これって過去がどうだったかとか関係なく常にこの確率なんです。

だからと言う訳じゃないですが、どんなに過去が上手くいっていなかったとしても、そのままの流れで上手くいかない事が続くかどうかなんかも半々の確率でしかないんです。50%の確率で良い流れに変わってしまう事なんかも十分にある訳なんです。皆さんもこれぐらいの確率であるならば、これから先が良くなっていくって考える事も可能なんじゃないでしょうか?

なので、本当に人生これからなんですここから良い事が始まらないとは限らないんですて言うかここからまた初めてしまえばいいんじゃないかと僕は思います

スポンサーリンク

これから起こる良い事を見逃さない様に生きるといい

そして、そんな感じでここから人生が始まって、しかも良い人生が始まると思える様になったなら、後もう少しです。どんなに「自分の人生はこれからだ」って思えたとしても、それだけではまだ足りないんです。それはなぜかと言うとそれだけだと本当に良い人生を体験していく事が出来なかったりするからです。

じゃあ良い人生をこれから体験していくにはどの様にしたらいいのでしょうか?僕は自分の人生にこれから起こっていく良い事に気がついて見逃さない様にするって事なんじゃないかと思っています。だって上にも書きましたが、良い事も悪い事も同じぐらいの確率で自分には起こっているんです。もしこれまでその様に感じる事が出来ないでいたのだったら、それはただ単に起こっている良い事に気がついていなかったって事にもなるんじゃないかと僕は思います。だから、その起こっている良い事に気がつくんです。と言うよりもこれも良い事なんじゃないか、あれも良い事なんじゃないかと起こった出来事を良い事ととらえていくって事が自分に起きた良い事を見逃さない為には必要な能力なんじゃないかと思います

「幸せ」は自分の感じ方次第で決まるどーも、ゆーすけです。 皆さんは「幸せ」になりたいですか?そりゃあ、もちろん「幸せじゃない」より、「幸せ」な方がいいですよね。僕も...

そう言う風に物事を良い風にとらえる事が出来る様になっていけばもうこっちのもんです。そうすればこれまでとは反対に良い事を沢山感じる様になっていくんじゃないかと思います。本当にこれからなんです。これから変えていけばいいんです。

人はいつからだって変われるって事は知っておくといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、「自分を変えたいなぁ」って思った事ないですか?誰だって少なからずそんな願望は持っている...

まとめ

いかがだったでしょうか?時に人は、もう自分はだいぶ歳をとってしまったと、これからの人生を悲観してしまったりするんじゃないかと思います。でもね、僕はどんな年齢であってもそんな風に思う必要はないんじゃないかと思います。だって自分より5歳も10歳も若い人がそんな事を言っていたら、「いやいやそんな事ないよ。人生まだまだこれからだよ」って諭したりするんじゃないかと思うからです。自分だって同じです。自分より長く生きている人はだいたい存在するでしょうし、自分より年上の人でも人生を思う存分楽しんでいる人だって存在するんです。

本当に自分の人生まだまだこれからなんですてか、そう思って生きるといいと思うんです。これは僕の勝手な持論なのですが、人生って言うのは必ずハッピーエンドで終わる様に出来ていると思うんです。だからきっとこれから先に良い事は必ず訪れます。それを楽しみに生きていくといいんじゃないかと思います。

人生の物語はハッピーエンドで終わる様に出来ているどーも、ゆーすけです。 突然ですが、皆さんは、これまでの人生に満足してますか?良いか悪いかは別として、おそらく多くの人が何かしらの...

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク