生き方

時には思い切って断る勇気を持った方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが皆さんは、あんまり乗り気じゃないなぁって言う誘われ事や頼まれ事をちゃんと断れていますか?もし何の問題もなくきっぱり断る事が出来るいるのであれば、もうここから先は読まなくてもいいかもしれません(笑)。

でも、おそらく多くの方が、断ったら相手が怒っちゃうかな?とか、断ったら嫌われちゃうかな?とか思って断れないでいるんじゃないでしょうか?その気持ちはとてもよくわかります。なんか断ったら相手に悪い気がしますよね。

「これをやったらあの人が喜びそうだな」と思って生きない方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、誰かが喜んでいるのを見るのが好きですか?恐らくほとんどの人が、誰かが悲しんでいる姿を見るよりは、...

でもね、僕はこんな風に嫌なだと思っているのに相手の事を思って断らないって事が、相手の為になるとは思えないんです。場合によっては相手の機嫌を損ねる事にもなってしまうんじゃないかと思うんです。だからと言う訳じゃないですが、僕はあまり乗り気のしない事に関しては、時に思い切って断る勇気を持った方がいいんじゃないかと思っているんです

嫌々やっても誰の得にもならない

ここではちょっとわかりやすい様に例えから入ってみましょう。まず、明日の夜に何かしらのパーティーが開催されるとしてみて下さい。そして、大前提として、あなたはそのパーティーにはどうしても行きたくなかったとします。でも、あなたの友達がどうしてもそのパーティーに行きたくて、一緒に行かないか?って誘ってきたとします。で、その友達が言うには、そこに行く事によるあなたにとってのメリットをしきりに説明し、あなたを説得してきたとします。こんな時にあなたならどうしますか?

たぶん凄く迷いますよね。行きたくないのはやまやまだけど、友達がせっかく誘ってくれたし。。。でも、行きたくないし。。。メリットがあるなら行ってもいいかな?でも、やっぱり行きたくないんだよなぁ。。。なんて頭の中で考えまくってしまったりするんじゃないでしょうか?

そして、そんな事を散々迷った挙句にそのパーティーに行ったとしましょう。その時のあなたの気持ちはどんな感じでしょう??おそらく「せっかくならパーティー楽しんじゃおう」とはならないんじゃないかと思います。そのパーティーに向かっている時は「何で行く事ににしちゃったんだろう、今からでも断ろうかな」とか思うでしょうし、パーティーについたとしても「あー早く帰りたいなぁ」なんて頭の中で考えてしまうんじゃないでしょうか?

僕ね、これって結構皆さんの図星なんじゃないかと思うんです。だって自分も同じ様な経験沢山してますし、そんな時にはこんな風に考えてましたもん(笑)。でも、皆さんはそんな風に考えるぐらい別にいいじゃないかって思うかもしれません。確かにそこまで大した事ではないのかもしれませんが、まず、こんな風に考えている時点でつまらないオーラがバリバリ出てると思うんです。そして、それは確実に相手に伝わります。

まぁそんな風に誘った相手がつまらなそうにしていても気にしないと言う大物もいたりはしますが、多くの人が誘ってしまった罪悪感を感じ始めます。そうなるとどうでしょう?その人自体もそのパーティーを楽しめなくなってしまうんです。これって、おそらく誘ってきてくれた人の求めている事ではないですよね。でも、これを聞いた所で、あなたが思うのは、「誘ってきたのは向こうであって、しょうがなくきてやったのに何でこっちが気を使ってやらなきゃならないんだ」って感じなんじゃないかと思うんです。

もうここまできたら何となくわかりますよね。そうなんです。気乗りがしない事は初めから断っておく事が大切なんです嫌々行った所で、あなたも相手もいい気分にはならないし、誰の得にもならないんです。てか、どちらに対しても結構なダメージがあると僕は思うんです。

本当にあなたの事を思っている人は断った所で何とも思っていない

でも、それでもやっぱり人から何か頼まれたり、誘われたりしたら断りにくいですよね。相手に何か悪い気がしますよね。でも、ここでちょっと誘う側になって考えてみて下さい。上のパーティーの件だって、もしあなたが誘っている相手の事を本当に好きで、本当の友達だと思っていたとして、相手が「行きたくない」と断ってきたとしたらどう思いますか?確かにちょっとはがっかりするでしょう。でも、「断られたからものこんなやつ友達なんかじゃない」とは思わないんじゃないでしょうか?おそらく「まぁ行きなくないならしょうがないや」って思うんじゃないかと思うんです。

そうなんです。あなたの事を本当に考えている人は、自分が誘った事や頼んだ事を断られたとしても、怒りもしなけりゃ、そんな事で嫌いになったりもしないんですてか、単純に何とも思わないんです。それよりたぶん無理してこられる方がよっぽど心苦しいと思ってしまうもんなんです。だからね、断ってしまっても大丈夫なんです。そして、必要以上に謝ったりしなくてもいいと思うんです。そんな事してしまったらそれこそよそよそしい感じになってしまいます。

だから自分を偽る事なくイエス・ノーははっきり言った方が僕はいいと思うんです。それぐらいの方がお互いが気持ちいいはずです。

スポンサーリンク

ちょっと断ったぐらいで怒ったり、嫌いになったりする様な人とは付き合わなくてもいい

それでも中には、こちらが誘いや頼みを断ると怒り出す人はいます。こちらはただ誘われたり、頼まれたりしただけなのに、まるでこちらが被害者かの様に罵ってくる人がいます。正直言ってそんな人に気を使う必要なんかないです。そう言う人は、全て自分が中心にいないと気が済まない人何です。こちらの事なんて一切考慮に入れてはくれません。そんな人だと早い段階でわかってよかったんです。そして、そんな様な人とは今後あまり関わらなくてもいいんじゃないかと思います

なんでも自分の話に持っていく人とはあまり深く関わらない方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、自分の周りに「どんな話をしていてもなんとか話をすり替えて全て自分の話に変えてしまう人」...

だって、頼みや誘いを断れない関係なんて何かがおかしいです。そんなの全然フェアな関係ではないです。だからと言う訳じゃないですが、そう言う人なのかどうかを見極める為にも、やはり断りたい時にはきっぱりと断ってみるのがいいんじゃないかと僕は思うんです。

で、まぁそう言う人は、こちらが断ったらおそらくもう2度と誘いも頼みもしてこなくなると思います。だって、断ってくる様な人は自分の思い通りに出来ないので、その人にとっては自分のそばに置いておく意味がないからです。そして、断られたら途端に他の人を誘ったり、頼み事をしたりし始めます。この時に悔しがったり、嫉妬したりもしない事です。彼らは、次の自分の思い通りに何でも言う事を聞いてくれる人を探しているだけの事だからです

憧れは持っていた方がいいが、それが嫉妬心ならなるべく手放した方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、誰かの事を「羨ましい」と思った事はないですか?おそらくそう言う感情を持った事がない人な...

次のターゲットにされてしまう人達には申し訳ないですが、自分を守る為にはしょうがない事だと僕は思っています。別にそう言う人を見つけ出す為にって訳ではないのですが、やっぱり自分が気乗りしない時には、断るくせはつけておいた方が僕はいろんな意味でいい方向に向かっていくんんじゃないかと思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?誰かに何かを頼まれたり、何かに誘われたりした時ってどうしても断りにくいものなんじゃないかと思います。別にこっちが悪い訳でもないのに断るのって何だか罪悪感を感じてしまいますよね。でも、そんな時に断らない事が本当にいい事なのかはわかりません。だって断らなかったら、嫌々やる事になるだけですし、そう言う風にしているあなたを見た所で頼んだり、誘ったりした方は嬉しくなる事もないからです。

常に罪悪感を感じる環境からは離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 時に自分に自信をなくす事ってありますよね。まぁそれは誰にでもある事だし、誰もが通る道だと思います。人生なん...

もうね、そう言う時は思い切って断ってみた方がいいと思うんですもし本当にあなたの事を思ってくれている様な人とであれば、断る事によってお互いがスッキリできるんじゃないかと思うからです。で、そう言う人はあなたが断った所で何とも思わないはずです。だから断っちゃって全然いいんじゃないかと思います。で、もし断った怒ったり、嫌われたりする様な人だったとしたら、そう言う人だとわかってよかったな、と思えばいいんだと思います。そんな事で怒ったり、嫌いになったりする様な人なんか別に友達じゃなくたっていいぐらいに思っておけばいいんだと思います。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク