生き方

自分はこの人生の初心者なんだから失敗してもしょうがないと思って生きるといい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

突然ですが、皆さんは、生きるのってなんでこんなに難しいのかな?って思った事はないです?たぶん誰だって1度や2度はこんな事を思った事はあるんじゃないかと思います。いやもしかしたら毎日の様に思っているかもしれません。

出来る事なら楽チンな人生を生きたいですよね。失敗もしたくなけりゃあ、苦労もしたくないですよね。その気持ちはとてもよくわかります。でもね、皆さん残念ながらそればっかりは不可能なんです。人生って誰でも必ず失敗するし、ある程度の苦労をする様に出来ているんです。

それはどうしてだかわかりますか?タイトルを見てしまった皆さんならもうおわかりだとおもいます。そうなんです。みんなこの人生初めてなんですこの人生は誰にとっても1回目なんです。皆さんも何かを初めてやる時ってそれなりに失敗するし、上手くなるまでそこそこ苦労したりするんじゃないでしょうか?

これは人生についても同じ事が言えるんじゃないかと僕は思っています。そりゃあ初めての人生なので、そこそこ失敗もするし、そこそこ苦労もしちゃうんです。これはしょうがない事なんじゃないかと思うんです。

人間誰しもこの人生の初心者

ここで皆さんにちょっと確認です。これを読んでいる方の中にこの人生初めてじゃないって方はいらっしゃいますか?これはおそらくなんですけど、ほぼ100%の方がこの人生初めてなんじゃないでしょうか(笑)?もしかしたら今回2回目っておっしゃる方もいるかもしれませんが、まぁそれはもの凄いレアなケースと言う事で(笑)。

まぁそうですよね。みんなこの人生が1回目ですよね。と言う事は、人間ってのは何歳になってもこの人生の初心者なんです。なので、失敗しちゃうのは当たり前なんです。だって初めてなんですもん。初めから全てが上手くいく訳なんかないんです。

誰でも最初は初心者だって事を忘れない方がいいどーも、ゆーすけです。 初めての事をやる時って緊張しますよね。絶対失敗する様な気がしますよね。失敗しない様に、たくさん調べて、たく...

とまぁこう言う風に言われてみれば、なんとなくそうだよなって思うとは思います。でも、普段はそんな風に考える事が出来ずに「なんで自分はこんなに出来ないんだ」とか「なんで自分の人生はこんなに上手くいかないんだ」とか言って自分を責めちゃったりしてるんじゃないでしょうか?

まぁここで一旦発想の転換をしてみて下さい。自分は初心者なんです。「なんで上手くいかないんだ」ではなくて、「なんで初めから上手くいかなくちゃいけないんだ」ぐらいに思っているといいんだと思います。その方がきっと気が楽になって生きやすくなるんじゃないかと思います。そして、もし今が上手くいってるなら「これはたぶんまぐれ」なんだと思っていれば調子に乗ってしまう事もないんじゃないかと思います

で、これはちょっと高等テクなのですが、もし誰かに人生の失敗を責められたりする様な事があったとしたら「自分はこの人生初めてなのでしょうがない」と思って開き直って仕舞えばいいんだと思います。だって本当にこの人生初めてなんです。全て成功しなくちゃいけないと言うプレッシャーを受ける必要はないんです。もし、これが通算100回目とか言うなら話は違うのかもしれませんが、何と言っても1回目なんです。自分の事をちょっと大目に見てあげても僕はいいんじゃないかと思います。

自分だけじゃなくて他人もこの人生は初めて

そして、自分の事だけじゃなくて、他の人もこの人生は初めてだって事も忘れないでいて欲しいんです。時々なんでこの人こんな事も知らないの?とか、なんでこの人こんな訳のわからない行動をとるの?とかって思う事があったりするんじゃないかと思います。でもね、それはやっぱりしょうがないんだと思います。その人たちも初めてで何が正しい事なのかがわかってなかったりするんじゃないでしょうか?

彼らも手探りの中で一生懸命頑張っていたりするんです。自分だけじゃないんです。この世の中にいるほとんどの人は初めてこの人生を歩んでいるんです。だから、ちょっとぐらい他人に対して頭にきても「あーこの人も初めてなんだな。だからちょっとトンチンカンな事しちゃってるんだろうな」ぐらいに思ってあげるといいんじゃないかと思います。そして、そう思っていれば、少しはイライラする事も収まるんじゃないでしょうか?

頭にきても怒りは出さない方がいいどーも、ゆーすけです。 頭にくることってありますよね。で、得てしてそんな時って怒りをぶちまけたくなりませんか?僕も昔はそうでした。...

やっぱりどんなに厳しい人でも、さすがに初心者に対しては厳し過ぎる対応はしないんじゃないかと思います(中には初心者にも厳しくする人はいるかもしれませんが、そう言う人は自分が初心者だった時の事を思い出してみて下さい。たぶんそこまで責められてはいなかったはずです)。そう言う意味からも、僕は、他人に対しても「この人生初めてなんだな」ってつもりで気楽に付き合っていくのがいいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

凄く出来る人の事は人生数回目と思えばいい

でも、世の中には「本当にこの人生は初めてなの?」って思っているぐらい大成功しちゃってる人っていますよね。そして、成功だけじゃなくびっくりするぐらいいい人で人間が出来ちゃっていて「人生初めてでこんなに成熟してるの」って思ってしまう人なんかもいますよね。で、そう言う人が周りにいると自分の出来なさ加減が目についてしまって自分に自信がなくなってしまうなんて事もあるんじゃないかと思います。

自信を失った時にするといい3つの事どーも、ゆーすけです。 長い人生を生きていると1度や2度(いやもっとかも)くらいは誰でも自分に自信を失ったことってあると思います。...

で、ここでこんな事を言うと、今まで説明してきた事をちょっと否定してしまう事になってしまうかもしれませんが、そう言う人たちは人生が今回初めてじゃなくてこれまで数回はこなしてきたんだろうと思えばいいんじゃないでしょうか(もしかしたら本当に何回も人生をやり直しているかもしれませんが(笑))?そうすれば、自分より断然上手くいっている人に対してもそこまで強烈な嫉妬心も生まれないんじゃないかと思います。

だって自分とはスタートの時点で違っているんです。嫉妬したって意味なんかないんです。それに加えて自分の事を卑下する必要も全くないんじゃないかとも思います。何と言っても彼らは初めてではないんです。自分がその人たちよりも出来なくて当たり前なんです。

謙虚でいた方がいいけど、謙遜なんかしない方がいいどーも、ゆーすけです。 僕は、今アメリカに住んでいますが、日本生まれの日本育ちです。基本的には「控えめでいる」ってのが美徳だと習っ...

そして、自分だってこの人生を繰り返す事が出来ればあれぐらいは簡単に出来る様になるって言う風に開き直っていればいいんです。そして、その手のもの凄く出来る人と比べて落ち込まない事です。てか比べたって意味がないです。繰り返しになってしまいますが、やっぱりそう言う人とはスタート地点が違うんです。これまでに人生数回こなしているんです。比べる事自体が不可能なんです。自分は自分なりにこの初めての人生を歩んでいけばいいと思う様にするといいんじゃないかと思います。

他人とは比較しない方がいいどーも、ゆーすけです。 周りを見回すと自分より上手くいってる人ばっかりだと思うことってありませんか?「なんで自分はこんなに上手くい...
自分の辛さを人の辛さと比べるのはやめた方がいいどーも、ゆーすけです。 世の中では「自分と他人を比べない方がいい」なんてよく言われていますよね。これを聞いて皆さんはどんな事を思い...

まとめ

いかがだったでしょうか?人生って生きるの難しいって思う事って正直多いんじゃないかと思います。でも、それって当たり前の事なんですよね。だってみんなこの人生を生きるの初めてなんですもん自分も他人もみんなこの人生の初心者なんです。だから自分の事も他人の事もあまり責め過ぎない方がいい様な気がします。だって初心者に対してハードルを高くしたってそりゃ無理な話ってもんなんですから。

時には自分と違ってもの凄く出来がいい人に出会う事もあると思います。そう言う人と比較してがっかりしない方がいいと思います。たぶんそう言う人は人生もう既に数回こなしているんじゃないでしょうか(笑)?てか、それが本当かどうかは別として、そんな風に思えば少しは気分が楽になるんじゃないかと思います。なんでも自分い都合よく解釈しちゃえばいいんじゃないかと思います。出来ない人は初心者で、出来る人はもう既に何回か人生経験しちゃってる、と思って生きれいればなんとなく上手くいく様な気がします

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク