生き方

困って相談してきたからってその場しのぎの解決策なんて渡さない方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

皆さんは困っている人が相談しにきたら、その相談に対してどう対処をしますか?一緒に考えてあげますか?その相談に対する解決策をパッとあげちゃいますか?

確かに答えをあげた方が問題も解決の方向に向かう可能性が高いので、親切な感じがしますよね。一見はそうですよね。でも、それって本当にその人の為になっているのでしょうか?正直僕にはそうは思えないんですよね。

別にこれは意地悪で言っている訳ではないんです。そりゃあ誰だって目の前にある問題が簡単に解決できればそれに越した事はないと思うと思います。でも、僕はそうする事がその人の困っている問題を本当に解決するとはとても思えないんです。

なので、ちょっと厳しく聞こえるかもしれませんが、僕は、困って相談してきた人にその場で解決策を提示するのはやめた方がいいんじゃないかと思うんです

困って相談してきた人全てが解決策を求めている訳ではないって事は知っておく

これを言ったらちょっと、えっ?何言ってんの?って思われるかもしれませんが、困って相談していきている人の全てが解決策を求めている訳ではないって事は知っておいた方がいいです。本当これって何言ってるのかよくわかりませんよね。じゃあなんで相談なんかしてくるんだよって思いますよね。その気持ちはとてもよくわかります。

一般的に、男性は解決策を求めて相談し、女性は共感を求めて相談するなんて言われています。ここでは女性・男性にわける事はしませんが、例え男性であっても、答えのいらない相談ってのもあるんです。じゃあその人たちはなんで相談しているかって言うと、自分の持っている答えが正しいかの確認をしたいだけなんです。

なので、相談者のみんながみんな自分なりの答えがないって事ではないんです。では、こう言う人には何が必要がと言うととにかく答えなんか言わずに話(もしくは相談)を聞いてあげるって事なんです。で、こう言う風に自分の答えがある程度わかっている人は、話を聞いてあげているうちに自分で勝手に納得して勝手に相談を切り上げてどっかにいっちゃったりもするんです(まぁ本当に勝手ですよね)。

まぁでもこのまず話をきちんと聞いてあげるってのは、相談者が答えを持っていようが、いまいが絶対に必要な事だと思うので、どんな人が相談に来ても相手の話を遮らず相手の気がすむまでとことん話を聞いてあげるってのが大事な事なんじゃないかと思います。それをしただけで勝手に自分で問題を解決してくれればそれはそれでラッキーですもんね(笑)。

困ってる人の話はひたすら聞いてあげた方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、困っている友人とかから相談されたらどんな風に対応してますか?おそらく傾聴してあげる様にしているっ...

解決策を求められてもやっぱり解決策は渡さない方がいい

まぁそんな感じで自分で勝手に問題を解決していってくれる人もいる一方で、どうしても自分で問題を解決しようとせず、相談を受けてくれている人からの答えを引き出そうとする人がいるのも確かなんです。そして、この手の人たちってただ答えが欲しいだけって訳じゃない時もあるからちょっと困りもんなんです。では、なぜこの人たちは答えを他人に求めるのでしょう?

それは、相談してそれに対する解決策を貰う事で、あわよくばその責任を相談を受けてくれている人に放り投げようとしていたりもするんです。えっ?そんな事ないでしょ?本当に困っているから誰かに導いて欲しいんでしょ?って思うかもしれません。確かにそう言う気持ちが少しはあるだろうって事は否定しません。でも、じゃあなぜ人に答えを求めるのでしょう?自分で考えられないから?もしかしたらそうかもしれません。

でも、人の相談にきてるって事はそれぐらいの事は考えられている訳です。たぶん本気でパニックになって考えられないぐらいの状況にいる人は、人に相談するって事すら思考から吹っ飛んでいたりもするんです。だから、どうしても答えを知りたがる人って僕は自分の責任から逃れようとしているんじゃないかと思えてしょうがないんです。

まぁそれでもその人の問題が解決するのであれば、解決策の1つや2つあげたったいいじゃないかって意見もあると思います。確かに、僕がこの手の話をするたびにそう言うご意見は頂きます。また繰り返しになりますが、僕はケチで解決策を渡さない方がいいって言っている訳ではないんです。

じゃあそれはなんの為なのかって言うと、人から答えを貰って自分の問題が解決されたとしてもそれはその場しのぎの解決にしかならないからです。だってそうですよね。人からの答えを貰って解決をした所で、もし同じ様な事が起こったとしても、自分で解決する力は身についていませんよね。そして、人に貰った答えで解決出来たとしても自分でやりきった感を得る事も出来ません。これじゃあ自分の自信には全くつながらないんです。

僕は困っている時って大抵の場合自分に自信を失っているんじゃないかと思います。そんな感じで自信がないから誰かに相談したくなるんじゃないかとも思います。で、確かに自信がないから自分でいろんな事を決められないですよね。だから、他人に答えを求めて楽をしたくなる。困ってる時ってこんな感じのサイクルに入り込みがちだと思います。だからこそ、問題を解決した先に自分の自信を取り戻すって事が入っていないとダメなんじゃないかと思うんです

そう言う意味からも僕は、困っている人にはどんなに懇願されてもこちらの解決策ってのは安易に渡さない方がいいと思うんです。で、ここでもちょっと厳しい事を言いますが、簡単に解決策をあげちゃう人ってのもその場しのぎで他人の相談から逃げようとしているんじゃないかとも僕は思っています。なので、僕のオススメは「ほとんどの相談に対しては簡単に解決策は渡さない方がいい」って感じなんです(まぁ時と場合によっては解決策をあげないと危険な状況になるって事もない訳ではないので、そこら辺は臨機応変にって事でお願いします(笑))

スポンサーリンク

困って相談してきた人には一緒になって答えを探してあげる

困って相談してきた人には解決策を渡さないとして、それじゃあそう言う人にはどの様に対応したらいいのでしょうか?自分で勝手に答えを探せとほったらかしにするべきなのでしょうか?僕はそうは思っていなくて、やっぱり困って相談してきているのだから、それは親身になって相手をしてあげた方がいいとは思っています。

でも、ただ僕が言いたいのは簡単に解決策をあげない方がいいよって事なんです。と言う事は、相手が自分で答えを出せる様に手伝ってあげるって事はやってあげてもいいんじゃないかと思っています。確かに、これは簡単な事ではないですし、膨大な時間がかかる事もあります。正直そこまで自分の時間を困っている人の為に使いたいかどうかもわかりません。

でも、相談してきた人はあなたの事を頼ってきているんです。少しぐらいは相手の為に自分の時間を使ってあげてもいいのではないでしょうか。そう言う意味で、答えを簡単にあげちゃう人はその場しのぎだって上では書いたのです。そうやって答えをあげちゃう人って僕にはやっぱり相手の為に時間を使いたくないから答えをあげて「早くあっちいけ」ってやっている様に見えてしまうんです(まぁそうでなく親身になるからこそ解決策をあげちゃう人もいるとは思いますが)。

なので、僕はこの様に困っている人が相談に来た様な場合には、なるべく時間をかけて話を聞き、答えではなくヒントをあげて自分が考えられる様な状況を作ってあげて、答えはあげないけど自分なりの答えを導ける様にそばにいて寄り添ってあげるって事が大事なんじゃないかと思いますそれが困っている人の自信回復につながるはずだと僕は信じています。確かに時間も根気も相当いると思います。でも、それこそが相談を受ける側の役目でもあるんじゃないかな?と僕は思っています(まぁそんなの綺麗事だって言われちゃったらそれまでなんですけどね(笑)。

まとめ

いかがだったでしょうか?人生それなりに長く生きていると、時に困った人が相談にやってくるって事があると思います。まぁおそらくあなたに聞いたら答えが見つかりそうだから相談にきてくれているんじゃないかと思います。でもだからと言って、そう言う人に安易に彼らの問題に対する解決策を渡してしまうのは僕はやめた方がいいと思っています。それはその問題に対する根本的な解決にはつながらないんじゃないかと思うからです。

相談する方も、相談される方もその場しのぎの解決策を求めるのではなく、相談される側には確かに時間も根気も必要ですが、相談者が自分で答えを導き出せる様なサポートをしてあげるって事が僕は相談を受ける時には1番大事な事なんじゃないかと思います。要は、相談する側は安易に他人に答えは求めず、相談される側も安易に解決策はあげない方がいいよって事です

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク