生き方

どんな時でも出来るだけ穏やかでいる為のちょっとしたコツ

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

皆さんは、気がついたらイライラしているなんて事ないですか?ただ普通に生活しているだけでもストレスが溜まってしまって、そんなつもりはないのにイライラしているなんて事あるんじゃないかと思います。

正直僕も以前は、なんか嫌な事があるとすぐにイライラしたりしていました。でも、そうやってイライラするたびに「あーこんな事でイライラしてしまって、自分はまだまだ未熟だな」なんて自分にがっかりしてました。まぁ誰だって出来る事ならイライラしたり、怒ったりなんてしないで心穏やかに過ごしたいですもんね。

でもここ最近では、なるべくイライラせず出来るだけ穏やかな感じでいられる様にしようと自分なりに努めているので、ストレスがかかる場面に出くわしてもあまりイライラしたり、怒ったりする事はもの凄く少なくなってきました(まぁ歳とともに丸くなったって説もありますが(笑))。

ここでは、イライラしたり、怒ったりせず、なるべく穏やかでいる為に僕がやっているちょっとしたコツを紹介してみたいと思います

イライラや怒りを引き起こす様なものから遠ざかる

まず、僕が以前にすぐにイライラしたり、怒ったりしていた時を振り返ってみると、結構自分からイライラするものや頭にくるものに近づいていた様な気がします。まぁね、これが大きな間違いだった訳なんです。

だってそりゃそうですよね。イライラするものが自分の側にあればもうそれだけでイライラする可能性はアップしますよね。だからね、触れたらイライラするものや、怒りを誘発する様なものから遠ざかってみたのです。

怒っている人からできるだけ離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 みなさんの周りには、いつも何かに怒っている人っていませんか?いつも何かに食ってかかっている人っていませんか...

例えば、誰かが他人の悪口を言っている様な場面に遭遇した様な場合、以前だったら気分は悪くてもその場から離れずその悪口が終わるのを待っていたと思います。そうやって負のオーラが流れている場所にいると、別に自分が何か悪い事をしている訳でもないのになんかイライラしてしまったりしていたんです。でも、ある時からその様な場面に遭遇したら、何かしら理由をつけてその場を離れる様にしてみたんです。

陰口・悪口は絶対に言わない方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが、皆さんの周りには人の悪口や陰口を言う人っていませんか?人の悪口や陰口って聞いててあまり気持ちの...

するとどうでしょう。無駄にイライラする事がびっくりするぐらいなくなったんです。だからね、僕は、自分がイライラしたり、無駄に怒りたくなかったら、そうなりそうな場所にはなるべく近づかないってのがとても効果的なんじゃないかと思うんです

これはSNSの投稿やニュースなんかでも当てはまると思うんです。もう自分の気持ちを逆なでする様なSNSの投稿やニュースなんかは一切見ない様にしてみるいんじゃないかと思うんです。そうすれば自分の周りがびっくりする程平和になります。信じられないかもしれませんが本当なんです。もしなるべく穏やかに普段から過ごしたいと思っているのなら、騙されたと思ってやってみて下さい。

そして、それをやる上で注意をした方がいいのは、怖いもの見たさや、1回ぐら見たって大丈夫だろうと思って、そう言うものを覗きにいったりしないって事です。大体見た途端にイライラします。そして、見なきゃよかったって後悔する羽目になります。なので、イライラするものから遠ざかったのならもうそれは忘れる様にして下さい。決して覗きにいったりしない方がいいです。

あと、こう言う話をすると、自分の場合は避けられないっておっしゃる方もいらっしゃいます。でもね、100%避ける事は無理でも見る頻度を下げる事は自分次第で出来るはずなんです。実際ほとんどの事は、イライラする事や物が向こうから自分に向かって常に近づいてくるって事はないんだと思います何かしら自分もそこに近づく様な事をしている場合が多いんです。なので、何とかしてイライラする様なものからは離れる努力をしてみる事です。少なくとも接触頻度を減らす事は可能だと思います。そうやって自分が行動を起こす事で自分お感情を制御するって事が大事なんだと思います。

逃げようと思えば大抵の事からは逃げれるって事は知っておいた方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんには、もうどうしてもこの環境に耐えられなくて逃げ出したいって思った事はないですか?もしくは、今現在逃...

スケジュールはガチガチにしない

そして、次に自分がどう言う時にイライラしていたかを考えてみると、それは、自分の時間が自分でコントロール出来ていないと感じた時なんじゃないかと思うんです。自分が一杯一杯なのにそれに上乗せして何か予定が降ってくると「きーっ、もう無理」ってなって怒りが湧いくる様な気がします。

なので、僕が普段やっているのは、自分のスケジュールにはかなりの余裕を持たせておくって事です。例えば、仕事だったら複数のミーティングに参加しなければならないなら、その間に最低1時間は休憩を挟む様に予定を組むとか、講義をする日には他の仕事は一切しないとか、ギチギチに予定を組まない様にしていたりするんです。家庭でも、土日だからと言ってあれもこれもやろうと予定をぎっちり詰めないで、基本的には家族みんなでゆったりを過ごせる時間設定にする様にしているんです。

なぜそうしておく方がいいかと言うと、もし予定をギチギチにしてしまうと、何かイレギュラーな突然の出来事が起きた時に対応が出来なくなってしまうからです。で、そう言う風に突然起こった事に対応出来ない状態になると人ってイライラしてしまったりすると僕は思うんです。

なので、予定を立てる時には、予定なんて計画通りに進んでいくものではないと言う事を想定して、スケジュールには柔軟性を持たせておくって事が穏やかでいる為には大事な事なんじゃないかと思います

計画通りに事が進まなくても落ち込む必要なんかないどーも、ゆーすけです。 効率よく仕事をしていくには、まずは目標を設定して、その全体像を把握して、それを細かく分割して、それに優先順...

スポンサーリンク

何をするにもほどほどで満足する

そして、もう1つイライラしていた時ってのがあって、それは何かと言うと、自分が目指している理想に自分が届いていないと感じている時でした。要は、自分が思い描いている理想と現実のギャップが大きいと思っていた時にイライラしている事が多かったのです

理想の自分と現実の自分のギャップはなるべく小さくする方がいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが、皆さんには理想の自分ってないですか?まぁあって当然だと思います。そう言った自分の理想像がないと...

そりゃそうですよね。自分はこうなりたいって思っているのにそれにたどり着けていないのなら、なんか不甲斐なさを感じてイライラしてしまうのもしょうがないですよね。

それに気づいてからは、僕はなるべく自分の理想像を低く見積もる事にしたのです。そして、目指す自分を今よりちょっとだけ先に設定して、届くか届かないかぐらいのレベルにしてみたのです。すると、目的地が見えてきてそこまでイライラしなくなってきたのです。逆に目的地が遠過ぎると先が見えない不安でイライラしてしまうんじゃないかと思います。

なので、あまり理想を高く設定し過ぎずにほどほどで満足するって事が大事なんだと思います。僕はここ最近ではあらゆる部分でこのほどほどで満足するって事を徹底する様にしています。これは、手を抜くとか諦めるとか言う事ではなくて、最善を尽くしたならそれでいいって感じなんです。ほどほどで満足出来ない人ってのは最善よりも完璧を目指す事で常にカリカリ、イライラしてしまうんじゃないかと思います。

成功したいならその時の最善を尽くす様にしてみるといいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、もし誰かに「成功するのと失敗するのとどちらがいい?」って聞かれたらどう答えますか?おそらく相当な...

だから、イライラせず穏やかでいる為には、自分の理想は出来るだけ低くすけど、自分の最善を尽くす事で、完璧ではなくてもほどほどの所で満足する様にするって事が大事なんじゃないかと思います

まとめ

いかがだったでしょうか?誰だって出来る事ならイライラしたり、怒ったりせず、なるべくいつも穏やかでいたいと思うんじゃないかと思います。でもそれってなかなか難しい事だと思います。だって世の中にはあらゆる所にストレスが隠れていて、それによってイライラや怒りが引き起こされてしまったりするからです。

出来るだけいつも穏やかでいる為には

  1. イライラを引き起こすものの側には近寄らない
  2. 計画を立てる時には柔軟性を考慮する
  3. どんな事にも最善を尽くし、ほどほどで満足する

って事がとても大事なんじゃないかと思います。もし良かったら参考にしてみて下さい。たぶん少しはイライラする事が減ってくるんじゃないかと思います。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク