生き方

怒っている人からできるだけ離れた方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

みなさんの周りには、いつも何かに怒っている人っていませんか?いつも何かに食ってかかっている人っていませんか?

で、そう言う人の周りにいると、なぜだかわからないけど、なんだか申し訳ない気持ちになったりしませんか?何も悪くないのに「なんか悪い事しちゃったかな?」なんて思っちゃたりして。

でも決して忘れちゃいけないのは、あなたが怒らせちゃった訳でないなら(まぁ最悪怒らせちゃったとしても)、いつも怒っている人が怒っている事にあなたが罪悪感なんて感じる必要なんて微塵もないって事です。

そう言う人たちは怒るために怒っている場合が多いんです彼らにとっては怒るって事自体が大事な事なんです。そうやって怒る事で満足感を得る為に怒ってたりするんじゃないかと思うんです。

怒っている人は構ってちゃんが多い

まず、怒っている人の特徴として、人の注目を集めたいってのがあると思います要は、構ってちゃんなんです。だけど、素のままの自分だと、他人の注目を自分に集めるだけの自信がないのです。どっしり構えてられないんです。だから、大声を張り上げたり、相手を威圧したりして、とにかく自分の方に目を向けさせようとしているだけなんです。

そして、ちょっと厄介なのは、ただ注目を集めたいだけじゃないくて、誰かの上に立ちたいと思っているところなんです。周りから崇め奉られたいと思っちゃっているんです。だから、自分の方が少しでも正しいとわかった途端に、鬼の首を取ったかのように喚きちらします。そして、怒りに任せて自分の正義で相手を叩きまくります。で、相手に罪悪感を植え付けようとしているのです。

正義で人を叩かない方がいいどーも、ゆーすけです。 時として「この人のやってること・言ってることは絶対に間違っている」って感じることってありませんか?そして、...

そんな感じで、怒りを振りまきながら、心の中では「今、自分かっこいい」と悦に入っている事が多いんじゃないかと思います。さらにこの手の人で困るのは、自分が決して間違っているとは思っていないって事です。だから、相手の事をコテンパンにするまで叩き続けるんです。

でも、ここで覚えておいて欲しいのは、こうやっていつも怒り散らかしている人って、実は臆病で自信がなかったりする事が多いって事です。だって、自分に自信があって余裕のある人なら、別に他人の目線を自分に集めようとも思わないし、自分が正しかろうが間違っていようが、相手の事を完膚なきまでに叩く必要なんかないからです。

だから、いつも怒っている人を見かけたら、怖がって怯えてしまうのではなく(こうやってしまうと彼らの思う壺なんです)、心の中で「自信がなくて可哀想だな」とこっそり思うといいと思いますで、ちょっと上から見下ろすぐらいの気持ちでいるといいんじゃないかと思います。決して卑屈になる必要なんかないです。

怒っている人とは距離を取る

でも、「可哀想」と上から見たところで、怒っている事には変わりはないですよね。じゃあそう言う人にはどう対処すればいいのでしょう。簡単に一言でまとめると、そう言う人からは離れるって事になると思います

では、離れるってのはどう言う事なのでしょう。まず、初めに思いつくのは、その人から物理的に距離を取るって事だと思います。もうこれは大正解です。怒っている人が身近にいたら、そーっとなんだかんだ言い訳をしてその場から離れていきましょう。そして、その後はそう言う人とは縁を切る事をオススメします。そんな怒ってばかりいる人と知り合いでいる必要がないからです。

でも、いろいろな理由があって、ズバッと簡単には縁が切れない事もあるでしょう。そんな時は、接触を必要最小限にする事です。事務的な会話のみ行って、こちらから進んで話しかける事はほぼしなくていいんじゃないかと思います。

まぁそれでも、自分が怒りの対象になっている時なんかには、その場から物理的に離れられないって事もあると思います。そんな時は、精神的に距離を取るといいんじゃないかと思います。それはどう言う事かと言うと、自分の中のスイッチを切ってしまうんです。完全に相手が言っている内容を右から左に聞き流してしまうんです。

もし可能なら、自分を俯瞰で見るようにしてみて下さい。まるで自分の事を外から見ている様な感覚になってみて下さい。そうして「あーこの人すごく怒っているなぁ」と他人事の様に捉えるようにしてみて下さい。なんども言いますが、決して、「自分のせいで怒らせちゃった」とか、「申し訳ない」とか思わない事です。その瞬間は辛いかもしれません。でも、いずれそんな時間も終わります。

ここでも、罪悪感は決して感じない方がいいです。怒っている人を喜ばせる必要は全くないです。とにかく物理的にも精神的にも離れるって事に努めるって事が大切です

常に罪悪感を感じる環境からは離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 時に自分に自信をなくす事ってありますよね。まぁそれは誰にでもある事だし、誰もが通る道だと思います。人生なん...

スポンサーリンク

怒っている人とは決して戦わない

そうやって物理的にも精神的にも距離をとっていたとしても、あまりにしつこく怒られていると、時に「カチン」と来てしまう事もあったりするんじゃないかと思います。でも、決して怒り返したりはしない方がいいです。もうこうなってしまったら完全にこちらの負けです。冷静さを失って戦おうと思った時点で相手の思う壺です。

頭にきても怒りは出さない方がいいどーも、ゆーすけです。 頭にくることってありますよね。で、得てしてそんな時って怒りをぶちまけたくなりませんか?僕も昔はそうでした。...

何と言っても、怒っている人にとって1番辛いのは相手にされないって事なんです。だから、相手にされようと怒鳴り散らしている訳です。どんなにこちらが間違ってなくて正しかろうが、決して怒っている人が間違いを認める事はありません。正論をぶつけるだけ、相手の火に油を注ぐ結果になります。

あと怒っている問題に対して解決策を提案するのもやめた方がいいと思います。怒っている人は、問題を解決したい訳ではないのです。繰り返しますが、自分に注目を集めて、上から見下ろしたいだけなのです。これも正論をぶつけた場合と同じです。彼らの怒りはどんどん燃え上がっていっちゃいます。

じゃあとにかく無視し続けた方がいいのかって言うと、まぁたぶんそれが1番いいんだと思いますが、1つだけ相手のためにやってあげてもいいと思う事はあります。それは共感です。と、言っても同じ様な気持ちになってあげるとか、話を相手の気が済むまで聞いてあげるとか言うのではなくて、「今怒ってるんだね」とその怒りの感情をわかってあげるって感じです。そして、やっぱり「可哀想だなぁ」と少し哀れんであげるといいんじゃないでしょうか。まぁ、ここまでやると共感とは言わないのかもしれませんね(笑)。

まぁ結局何が言いたいかと言うと、怒っている人にはどんなに「カチン」ときても迂闊に反応しない方がいいよって事です。

まとめ

常に怒っている人ってのは、もう怒る事が習慣になっている事が多いんじゃないかと思います。その手の人は怒っている事にあまり深い理由はないんだと思います。とにかく怒る事自体が目的なんです。怒る事で自分に注目を集め、相手に罪悪感を感じさせ、相手をコントロールして優越感に浸りたいって言う感じなんじゃないでしょうか。

だから、とにかく相手にしない事です。それが1番彼らが嫌がる事なんです。相手の怒りを真に受けて、やり返そうなんて決して思わない方がいいです。悔しいかもしれませんが、こんな事で勝ち負けを争ってもしょうがないと思います。完全に時間と労力の無駄です。

そして、怒っている人からはなるべく離れる勇気を持つ事です。「面白そうだな」と遠目に見る事もしない方がいいと思います。そうする事でその怒りからくる負の感情を自分に取り入れる事になる可能性があるからです。そんな必要は全くないです。とにかく距離をおく事です。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク