生き方

自信がない時は誰かを演じてみるといい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

普段はそんな事ないのに、ちょっとした事で自信がなくなっちゃうって事あるんじゃないかと思います。そんな時って、普段ならなんて事ない事にも不安になって、失敗してしまいそうな気になってしまいますよね。

皆さんはそんな時どうやって乗り越えていますか?

僕の場合は、自分に他の誰かを憑依させる事でその様な状況を乗り越えています。これだけ聞くとちょっと馬鹿っぽく聞こえるかもしれませんが、これが意外と不安な状況を乗り越えるのに有効だったりするんです。

人の目が気にならなくなる

これはもしかしたら、覆面レスラーとかの心境に近いのかもしれないのですが、人って顔を隠すって事で結構大胆になれる事が多いんじゃないかと思うんです。例えば、友人にビデオ出演を頼んだら断られたけど、顔を隠して声だけ出演にしてみたらノリノリでやってくれた、なんて事ありませんか?

これって僕もそうなんですけど、人ってやっぱり他人の目がものすごく気になっちゃうんだと思うんです。人に見られていると感じると、自分の欠点ばかりが気になって、その欠点がとても恥ずかしく感じてしまうんですよね。

他人の目なんか気にしないほうがいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが、人の目って意外と気になりませんか?なんかいろいろ挑戦してみたいのに、「こんなことしたらバカにさ...

でも不思議な事に、ただ顔を隠すと言う事をやってみるだけで、他人の目が気にならなくなってしまう。これってもしかしたら、自分じゃない他の誰かになっている気になっているからなんじゃないかと思うんです逆に言うと、他の誰かになってしまえば、他人の目が気にならなくなって大胆な行動に出れるのかもしれません。

僕の場合は、大きなプレゼンテーションをする時なんか、これまでに見たプレゼンテーションの上手い人になりきってやったりします。そうすると、プレゼンテーションをしているのは僕本人なのですが、まるで自分じゃない様な気がして、とてもリラックスして出来る感じがするんです。まぁだからと言って、それだけでプレゼンテーションがいきなり上手くなる訳ではないですが、なんとなく大胆になれる様な気がするんです。

だから、僕の経験から言っても、「誰か他の人を演じてみる」って、不安があって自信がなくなっている状況で自信を取り戻すために意外と効果的な方法なんじゃないかと思います。

なろうと思えば誰にでもなれる

この「他の誰かを演じてみる」作戦のいい所の1つは、自分がなろうと思えばどんな人にもなれるって事です。有名人だろうが、過去の人だろうが、架空のキャラクターだろうが、自分の理想像だろうが、何にでもなれます。

これって凄くないですか?本当に何にでもなれるんですよ。まぁ実際はその人そのものの実力を手に入れるって訳ではなくて、その人がまとっている雰囲気を手に入れるって感じですが、それでも凄くないですか?

お笑い芸人さんにも、テレビに出ている時や舞台に立っている時と、楽屋にいる時では全く別人になる人がいるなんて話もよく聞きます。その芸人さんは、仕事の時には普段の自分とは違う「他の誰か」を演じているのかもしれませんね。

おそらく皆さんも同じ様に「仕事用の自分」と「家にいる自分」と使い分けていたりするんじゃないでしょうか?だからそんな感じで、いろんな場面で活用出来そうなキャラクターをあらかじめ準備しておいて、その時々で演じ分けるってのもアリなのかもしれません。

ちょっと落ち込んでる時にはスーパーマンになって背筋をピンと伸ばしてみるとか、カラオケで緊張した時はジャイアンになりきって大声で歌ってみるとか(それじゃあダメか(笑))。

もうこれは自分の中にさえとどめておけば、自分が何になりきっているかなんて誰にも伝わらないので誰になってもいいんだと思います。自分なりの自分の背中を押してくれるキャラクターを持っておくといいんじゃないかと思います

スポンサーリンク

自分なりの切り替えスイッチを持っておく

じゃあどんなタイミングで他のキャラクターに自分を切り替えればいいのでしょうか?誰にもバレないとは言え、自分が他の誰かになるってちょっと恥ずかしい気はします。だから、自分なりの切り替えのスイッチを持っておくといいんじゃないかと思います

僕の場合は、心の中で「レディー、アクション」と呟いて、体のどこかをポンと叩くって言う感じのスイッチを作っています。テレビや映画のカチンコのイメージです。カチンコを常に持っている訳にもいかないのでこんな感じになりました(笑)。

これは、自分が自分を変えるのに1番いい方法でいいんだと思います。「1、2、3」でもいいと思いますし、「せーの」でもいいと思います。是非皆さんなりのスイッチを探してみてください。

そして、そのスイッチを入れたらもう恥ずかしがってはダメです。思い切って自分以外の誰かを演じきるのです。ここで恥ずかしがってしまったら結局また自身のない自分に戻ってしまいます。周りが見ているのは自分じゃないんです。他の誰かなんです。そう思えばちょっと大胆になれるんじゃないかと思います!

まとめ

自分らしく生きるためには偽りの自分を演じない方がいいなんて事も言われていると思います。確かに、常に本当の自分を隠して自分以外の何かになりきってしまうってのはあまり良い事ではないのかもしれません。でも、ここで言っているのは、本来の自分を隠すって事ではなく、自信のない自分を後押しするきっかけとして誰かを演じてみるってのはアリなんじゃないかって事です

ほんの一瞬でも他人になりきる事で、不安を取り除けるならやってみる価値はあるんじゃないかと思います。こっそり誰かを演じてみるって意外と楽しいもんですよ!

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク