生き方

自分の事はもっと、もっと大切にした方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

「自分の身近な人を大切にするといい」なんて聞く事があると思います。そして、それを聞いた時にどんな人を思い浮かべますか?家族でしょうか?友達でしょうか?職場の仲間でしょうか?確かにそう言う人たちを大切にする事はとても大切です。

でも、その前にもっと大事な自分の1番身近にいる人の事を忘れていませんか?そんな人いたっけ?って思ったかもしれません。でも、いるんですよ。

 

それは、自分です。

 

みなさん自分自身の事を大切にしてますか?

まぁ中には「そんなの当たり前じゃん」って言う方もいらっしゃるかもしれません。でもね、そう言う人でも、まだまだ大切にし足りてないんじゃないでしょうか?みんな、自分の事を今よりももっと、もっと大切にする事が出来るんじゃないかと思うんですてか、した方がいいと思うんです

自分の事を責め過ぎない

まず、自分を大切にするための最初のステップとして、ありのままの自分を受け入れるってのがあると思います。

自己肯定感を高める4つのコツどーも、ゆーすけです。 自分に自信を持つって難しいですよね。なんか「自分ってなんでこんなに出来ないんだろう?」って思うことありませ...

これは、自分を好きになるってのとはちょっと違っていて(最終的には、自分を好きになる事が出来れば、それがベストですが)、まずは、自分の「良い所」と「悪い所」をとにかくジャッジせず、そう言うもんだと認めてしまうって感じです。

多くの人はこれが出来ずに、自分の「悪い所」を厳しく評価して、自分の事を必要以上に責めてしまうんじゃないかと思います。だから、一旦自分を評価する事を忘れて、「良い」も「悪い」も認めてしまう事が大事なんだと思います。

自分を大切にするって聞くと、「自分を甘やかす」って感じをイメージする事が多いと思いますが、「自分を責めすぎない」って事も同じぐらい大事なんじゃないかと思います

自分らしくいる

で、自分を責めない事が出来る様になってきたら、今度は、自分にとって心地いい事をしていくといいんじゃないかと思います。これは簡単に言うと自分らしくいるって事なんじゃないかと思います。

自分らしさとは?どーも、ゆーすけです。 あらゆるところで「自分らしくいた方がいい」なんて聞くと思います。でも結局「自分らしさ」ってなんなんでしょう...

そして、それは同時に人の目を気にし過ぎないって事であって、他人と比較しないって事でもあると思います。

他人の目なんか気にしないほうがいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが、人の目って意外と気になりませんか?なんかいろいろ挑戦してみたいのに、「こんなことしたらバカにさ...
他人とは比較しない方がいいどーも、ゆーすけです。 周りを見回すと自分より上手くいってる人ばっかりだと思うことってありませんか?「なんで自分はこんなに上手くい...

まぁ僕の場合だったら、長髪でいる事やジーパンで仕事をするって事がそれに当たるかもしれません。

大人の男子が長髪にして何が悪い?どーも、ゆーすけです。 プロフィール写真を見てもらったらわかると思いますが長髪です。いい年をしたおっさんですが長髪です。2児の父親...
服なんて着たいものを着ればいいどーも、ゆーすけです。 研究者という職業柄、普段は結構ラフな格好をして仕事をしています。僕の仕事着はボタンダウンのワイシャツ・ジー...

この自分に心地いい事ってのは、決して「奇抜である」必要はないですし、「人と同じ」であっても「人と違う事」であっても構わないと思います。とにかく自分で決めて自分のやりたい事をやりたい様にやっていくって事が大事なんじゃないかと思います。

決断は結局自分でするしかないどーも、ゆーすけです。 生きているといろいろな場面で決断を迫られますよね。で、出来れば間違えたくないので、あーでもない、こーでもな...

で、時に自分を貫くと他人に嫌われることもあるかもしれません。でも、他人に合わせて自分を偽って生きても、それは本来の自分の人生を生きているとは言えないのではないでしょうか?

基本的に全ての人に好かれるなんて事は不可能なので、ちょっとぐらい人に嫌われたって自分らしくいる事が自分を大事にするって意味ではとても大事なんじゃないかと思います

嫌われることを恐れない方がいいどーも、ゆーすけです。 なぜだかわからないけど人から嫌われることってありませんか?特に何かした訳でもないはずなのに嫌われることって...

スポンサーリンク

自分を甘やかす

自分を大事にするって言うと「自分を甘やかす」って言葉も頭に浮かぶんじゃないかと思います。甘やかすと言うと、ご褒美をあげたりする事を思いつくと思うんですが、これに関してはオプション的に考えていた方がいいと思います。

ご褒美ありきで事を進めるとご褒美がない状態だと、甘やかされている感じがなくなってしまうからです。なんと言っても人間って欲深いですからね。ご褒美に対する要求も底なしに上がっていきます。そう言う意味でご褒美制度はオプションと言った訳です。まぁ、でもたまにはアリなんじゃないかと思います。

それよりも、自分を甘やかす事でオススメなのは、自分を褒めまくるって事です

小さな達成はどんどん祝っちゃえばいいどーも、ゆーすけです。 お祝いしたり、されたりっていいもんですよね。する方もされる方もとてもいい気持ちになります。僕はそう言う雰囲...
チャレンジした後の自己評価は高過ぎるぐらいで全然いいどーも、ゆーすけです。 何かチャレンジした後ってなんか自分に点数つけたくなりませんか?もしくは誰かに「何点ぐらいだと思う?」なんて...

もうとにかく、「自分偉い」「自分よくやった」と何が起きても自分の事を褒めてあげるといいんじゃないかと思います。自分に対する自分の評価はどんどん上げていっていいんだと思います。ただそれに浮かれて調子に乗り過ぎない方がいいとは思いますが(笑)。

で、例え褒める人が自分だったとしても、褒められたら諸手を挙げて喜んだ方がいいです!

褒められたら素直に喜んだ方がいいどーも、ゆーすけです。 人から褒められるのってなんだかこそばゆいですよね。確かに褒められるのって嬉しいですけど、本当に自分なんか褒...

自分を大事にしてくれない人や環境からは離れる

ここまでは、自分で自分を大事にする方法について話してきましたが、もう1つ自分を大事にする上で忘れないでいて欲しい事があります。

それは、自分を大事にしてくれない人や環境からは距離を取るって事です。特に一緒にいて罪悪感を感じる様な人とは一緒にいない事です。

常に罪悪感を感じる環境からは離れた方がいいどーも、ゆーすけです。 時に自分に自信をなくす事ってありますよね。まぁそれは誰にでもある事だし、誰もが通る道だと思います。人生なん...

もうね、こう言う環境にいると、どんなに自分は悪くなくても、「もしかしたら自分が悪いのかな?」って思っちゃうんです。そうしたら、確実に自分の事を責め始めます。上でも書きましたが、自分を大事にするためには、例え自分を好きになれなくても、自分を責めたりはしない方がいいので、もうまさに最悪の環境です。

自分を大事にするためには、一緒にいて辛くなる様な人やそこにいたら辛くなる様な環境からは、逃げる様にしてみてください。どんなにその人やその環境が魅力的に見えてもです

もしどうしても、無理という場合は、なるべく距離をとって接触を必要最小限にするといいんじゃないかと思います。

まとめ

家族を大事にしたい、仲間を大事にしたいって思う人はたくさんいるとは思いますが、その中に自分を入れ忘れている人が多いんじゃないでしょうか?自分も含めて家族だし、自分も含めて仲間なんです。

そう言った意味でも、自分の事はやっぱり大事にしなくちゃいけないんじゃないかと思うんです。だって、例え他の人が幸せでも自分が幸せじゃなきゃ、その幸せは意味がないし、その逆に、自分が幸せがじゃきゃ他の家族・仲間も幸せにはなれない様な気がします。

 

だから、自分の事はとことん大事にしてください

 

そうするためにはちょっとぐらい自分勝手でもいいんじゃないかと思います。もし、自分を大事にするのはちょっとこっぱずかしいと思うなら、自分の1番のファンになって応援するぐらいの気持ちているといいんじゃないでしょうか?

自分は自分の1番のファンでいるといいどーも、ゆーすけです。 みなさんは辛い時自分の事をいたわってあげてますか?自信がない時に自分の事を慰めてあげてますか? もし...

自分の推しに厳しい事を言う人なんてそう滅多にいないと思います(笑)。なので、自分をガシガシ応援してあげちゃってください。まぁ、調子に乗り過ぎてナルシストっぽくなっては困っちゃいますが、そうでなければ「自分大好き」「自分ファースト」って全然ありなんじゃないかと思います!

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク