生き方

ちっぽけなプライドなんか捨ててしまった方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

皆さんは「プライド」って言葉を聞くとどんな事を思い浮かべますか?おそらく大体2つぐらいの意味が思い浮かぶんじゃないでしょうか?

まず1つ目は、「自分の行いに誇りを持つ」って感じじゃないかと思います。こう言ったタイプのプライドであれば、いくらでも持っていていいと思います。

でも一方で、「見栄を張る」とか「高飛車になる」とかの意味にも取れるんじゃないかと思うんです。そう言う場合は「プライドが高い」なんて言われますよね。

今回はこの高い方のプライドの方について少しお話ししてみようと思います。出来る事なら「高いプライド」なんか捨ててしまった方がいいんじゃないかと思うんです

プライドが高い人は自意識が高い

まず、プライドの高い人って人から良く見られたい願望がともて強い気がします。

カッコ良く見られたい

頭良く見られたい

強く見られたい

などなど、人の目をとても気にします。要は、自意識が異常に高いんです。そして、なぜだかそう言う人に限ってそこまでの実力がないので、嘘で塗り固めようとする気がします。

カッコ良く見せるために着飾る

頭良く見せるために知ったかぶる

強く見せるために群れをなす

でもね、大体そう言うのって周りには伝わっちゃってるんです。で、みんな本物じゃないってわかっているから、深く関わろうとしない。もしくは、うわべだけの付き合い。そうやって自分を偽っている限りはどうやっても人は寄ってこないんですよね

そんな事より、プライドなんか捨てちゃって、どんなにカッコ悪かろうが、ありのままの自分をさらけ出しちゃった方がいい様な気がするんですよねちゃんと自分の能力をわかって、自分の弱さを認めている人の方が、断然強いし魅力的だと思うんです

自分の弱さは認めちゃった方がいいどーも、ゆーすけです。 人はみんなそれぞれ弱さを抱えていると思います。でも「弱い自分」とか「ダメな自分」とかって他人に見られたくな...

チャラチャラと見た目やうわべだけ取り繕っている見栄っ張りな人より、ドジでもおっちょこちょいでも鼻水垂らしてても一生懸命本気で生きてる人の方が、僕は好きだし仲良くしたいと思います。

プライドが高い人は助けを求めたくても求められない

で、プライドが高い人ってやっぱりどうしてもカッコつけたいので、助けを求める事をしない(もしくは、求めたくない)んじゃないかとも思います

理由としては、カッコつけたいってのと、迷惑なんかかけられない(まぁこれも一種のカッコつけたいかもしれませんが)ってのがあるんじゃないでしょうか?

でも、プライドが高いって言っても別に悪い人であるって訳ではなくて、意外と頼られたがりだったりするので、助けを求めてきた人の事は助けてあげたりするんです。

まぁこんな感じで、多くの人が頼られたら助けるけど、助けを求めるのは苦手って事は多いんじゃないかと思います。

でもね、僕は迷惑をかけようが、カッコ悪かろうが、助けを求めなきゃいけない時ってあると思うんです。

これは僕の経験ですが、自分の失敗で自分の研究室を潰しそうになった時には、プライドなんかかなぐり捨てて周りに助けを求めまくりました。

やばい時はなりふり構わず助けを求めた方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎で自分の研究室を持ってがんの研究をしています。今は比較的落ち着いていますが、以前に一度自分...

その甲斐もあって、今はなんとか研究室も潰さずに未だ研究ができています。その時本当に思ったのは、下手なプライドなんて本当に必要ないって事です。本当に辛い自分をさらけ出して、頼めば多くの人がなんとか助けてくれます

ちょっとぐらい借りを作ったってどうって事はないです。恩返しが大変じゃない?まぁいつか誰かに同じ事をしてあげればいいだけだと思います

スポンサーリンク

プライドが高い人は挑戦しない

で、これはちょっと意外に聞こえるかもしれませんが、プライドが高い人ってなかなか挑戦しません。まぁこれも上に書いてきた事と似た様な理由で、失敗するのがカッコ悪いと思っているからなんじゃないかと思います。

で、なんだかんだと言い訳をしてのらりくらりと挑戦の場面から逃げていきます。

言い訳なんかしない方がいいどーも、ゆーすけです。 一応これでも大学院の教員をしています。今まで、いろんな教え子を育ててきました。みんなそれぞれにいい子なので...

確かに、挑戦さえしなければ絶対に失敗する事はないので、彼らのプライドは傷つかないのかもしれませんが、これではなんの成長もありません。

人は失敗する事で多くの事を学んでいきます。だから、失敗はした方がいいんです。しかも早い時期にたくさんした方がいいんです。ちょっとした自分のプライドのために自分が成長するために必要な失敗と言うチャンスを自分から奪い取らない方がいいと思うんです

人が失敗するチャンスは奪わない方がいいどーも、ゆーすけです。 10歳と8歳の子供を持つとーちゃんです。ちなみに学生を指導するような仕事をしています。人を指導する時と子育...

そして、プライドが高い人にとっては失敗する事はカッコ悪い事なのかもしれません。でも、僕は失敗する事って逆にかっこいいんじゃないかと思います。だって、その経験が他の誰かの救いになる場合もあるからです。

失敗談はどんどん話した方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは失敗しちゃった事ってどうしてますか?やっぱり隠しちゃいますか?それとも堂々と人に話せちゃいますか?...

だからね、本当にプライドなんて捨ててどんどんチャレンジした方がいいと思うんです

まとめ

いかがだったでしょうか?初めにも書きましたが、プライドには、「守らなきゃいけないプライド」と「捨ててもいい(もしくは、捨てた方がいい)プライド」の2種類があると思います

本当に「捨てた方がいいプライド」は今すぐにでも捨てた方がいいと思います。そんなものない方が、確実に生き易いと思います。

簡単にまとめるならば、

自分に誇りは持った方が絶対にいいです。

でも、見栄なんか張ってる場合じゃないです。カッコつけてる場合なんかじゃないです。

って感じです。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク