生き方

あれもこれも欲しがらない方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

沢山のものに囲まれていると豊かに感じるって事ありませんか?欲しいものが全て手に入る生活って憧れませんか?確かにそうなんですよね。ものを手にいれるってそれだけで満足感を得る事ができるんですよね。

でも、その一方で「断捨離」とか「ミニマリズム」とか、ものを持たないって事がいいなんて風潮も最近は見受けられる様にもなってきました。

ものをたくさん持つ方がいいのか、ものをあまり持たない方がいいのかは、正直僕にはよくわかりません。でもなんとなく、ものを持っている持っていないに関わらず、あれもこれも欲しがるのは良くないんじゃないかと思うんです

本当に欲しいものだけ手に入れる

まず、根本的な問題として人間の欲求にはキリがないって事があるんじゃないかと思います。どこかの時点で、いずれ満足するんじゃないかと思うかもしれませんが、そんな事は決してありません。

ある程度のものを手に入れたら、逆にもっともっと欲しくなるんじゃないでしょうか?

この手の欲求に終わりはない気がします。だからね、本当に欲しいものだけを手に入れる様にするのがいいんじゃないかと思うんで

僕は研究者と言う仕事をしています。当たり前の事なのですが、研究をするのにもお金がかかります。なので、自分の研究を行うためには、研究費と言う名のお金を稼いでこなくてはなりません。そのためには研究費の申請書を国や財団に投稿します。そして、そこで厳選な審査を受け、もし研究費を与えるに値すると評価されれば、研究費をもらえると言う流れになっています。

そして、このご時世、研究費を獲得するのは非常に大変で、ものすごい倍率の競争を勝ち上がっていかなくてはなりません。そのため多くの研究者が沢山の研究費の募集に応募しています。

僕も御多分に洩れず、研究費を獲得する確率を上げるため、ありとあらゆる研究費の募集に応募します。そして、中には「もしこの研究費をもらえたとしても、本当にその研究がしたいのかわからない」と言うものにも応募してしまう事があります。

その様な時は、まさに「もっともっと研究費が欲しいモード」になっている事が多いです。

確かに研究費はたくさんあった方がいいのかもしれません。でも、本当にやりたいのかどうかもわからない研究内容のお金をもらっても、それは本末転倒の様な気が最近はしているんです。まぁ基本的には、その手の募集に応募しても当たる事はないんですけどね(笑)。世の中は良く出来ていると思います。

この経験から学んだ事は、あれもこれも欲しがって手を出さないで、本当に欲しいもの(もしくは必要なもの)だけを手に入れる様にするって事なんじゃないかと思います

今持っているものに目を向ける

そして、これはよくいろんなところで聞くんじゃないかと思うんですが、あれもこれも欲しくなった時には、何が必要かばかりを考えるだけじゃなくて、「今持っているもの(もしくは今あるもの)」に目を向けるといいんじゃないかと思います

で、今持っているものをよく眺めていると、意外とたくさん持っている事に気がつくんじゃないかと思います。

例えば、また研究費の話になってしまいますが、今の段階でそこそこ研究できるだけの研究費を運良くいただく事が出来ています。確かにもっとお金があった方がいいのかもしれませんが、自分にとって本当にそれがいい事なのかはわかりません。もしかしたら、今の僕の実力では、これ以上の研究費は手に余ってしまって、逆に研究が上手くいかなくなる可能性もあります。

今あるお金が永遠に続くわけではないので、いずれはまた新たな研究費を手に入れなきゃならないのは確かなのですが、ただ闇雲に「もっともっと」と欲しがるよりも、今ある資源で地に足のついた研究を行っていくのも悪いものではない気がします。

スポンサーリンク

独り占めする必要なんかない

あれもこれも欲しがる心境って結局自分であらゆるものを独り占めしたい状態なのかもしれません。でも、それってどう考えても不可能なんです。どんなに凄い人でもどんなに偉い人でも全てを手に入れる事は出来ません。

またここでも研究費の例えになってしまいますが、どんなに競争が激しいといっても、全ての研究費が一定数の研究者だけに配分されるって事はあり得ません。それじゃあ研究内容が偏ってしまいます。ちゃんと研究の世界にも需要と供給のバランスは成り立っているのです。

だからと言う訳ではないですが、なんだかんだ言っていろんなものは、均等かどうかは別として、みんなにちゃんと行き渡る様になっているんじゃないかと思うんです。

だから、あれもこれも独り占めしようとしなくても、ちゃんと必要なものは自分に回ってくるんじゃないでしょうか?

それに気がついてからは、研究費が獲得出来なかった時も、「いずれ必要な時に絶妙なタイミングで自分の番は回ってくる」と思える様になったのです(それまでは、獲得出来なかった時はこの世の終わりの様に落ち込んでいましたし、獲得した人たちには鬼の様に嫉妬していました)。

だから、今でも研究費の申請はたくさん行いますが、あれもこれも手に入れ様と思う事はあまりなくなって、自分がもらえる事が出来たらラッキーぐらいに思える様になってきたんです。そうなってから、研究費が獲得出来なかった時にも少しは気持ちが楽になっています。

まとめ

人間誰しもあれもこれも欲しくなる事ってやっぱりあると思います。でも、なんでもかんでもあればいいってものでもない様な気がします。

そんな風にいろんなものを手に入れたくなった時には、冷静に一歩引いて、本当に欲しいかどうかを自分に聞いてみるといいんじゃないかと思います。そして、欲しい欲しいばかりでなく、今持っているものに目を向けてみるのもいいのかもしれません。

そして、それでも全てのものを手に入れたくなったとしても、独り占めしようなんてなんて思わない様にしてみるといいと思います。結局なんだかんだでみんなに行き渡る様になっているので、取り合いなんてしないで、譲り合っていけばいいぐらいの余裕を持つといいんじゃないかと思います。

まとめると、貪欲になるのはいいですが、強欲になるのはちょっと違う気がしますって感じです

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク