生き方

チャレンジした後の自己評価は高過ぎるぐらいで全然いい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

何かチャレンジした後ってなんか自分に点数つけたくなりませんか?もしくは誰かに「何点ぐらいだと思う?」なんて聞かれたりしませんか?そんな時みなさんは何点ぐらいを自分につけますか?

意外と自分に厳しめにつけちゃうんじゃないでしょうか。確かに自分が調子に乗らない様にと自分に厳しくする方がなんとなく正しい様な気がしますよね。何にもしてない時は、そんな感じで自分を戒めるのはアリだと思います。でもね、もし何か挑戦した後だったら(この何か挑戦した後ってのがキモです)、そこまで自分に厳しくしなくてもいいんじゃないかと思うんです

自分ぐらいは自分の味方になってあげた方がいい

全てが全てではないとは思いますが、大抵の場合何かにトライした時には他人からの評価がつきまとうんじゃないかと思います。で、得てして全員が全員褒めてくれるなんて事はない様な気がします。必ず誰かしらは、厳しい評価をしてきます。

もうこの時点で打ちのめされるのはわかっているので、これ以上を自分を痛めつける必要はないんじゃないかと思います。だって、何かに挑戦するってかなり勇気がいるし、エネルギーがいります。もし、あなたが外野として誰かが一生懸命やっている姿を見て、その人にわざわざ「その挑戦、100点満点で30点だね」なんて事言いますか?

おそらくそんなひどい事はしないんじゃないでしょうか。それと同じ事です。どうせ誰か知らない人に厳しい評価を食らうんだから、自分ぐらいは自分の1番の味方になってあげてもいいんじゃないかと思います

だから、何かにチャレンジした後は、自分への自己評価を低くするのはやめた方がいいんじゃないかと思うんです。だって、そんな事したら、自分への自信がなくなるし、次にまたチャレンジする為の勇気が湧いてこなくなってしまうんじゃないかと思うからです。

自己評価は限りなく高くしてしまえばいい

じゃあ、どれぐらいの点数をつければいいのでしょうか?基本的に僕は100点満点、いや120点でもいいと思っています。だって、挑戦したんですよ。それぐら褒めたってバチは当たらないんじゃないでしょうか?

僕も研究費の申請書を投稿したその時は、全てやりきったと言う事にして自分に満点をあげます。だってどうせその後だいたいリジェクトを食らうんですから。世の中は世知辛いんです。

リジェクトを乗り越えるために知っておいた方が良い4つの事どーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎の大学で研究者をしています。こんな仕事をしているとあらゆる場面でリジェクトを食らいます。そ...

まぁあと、その時点ではもうこれ以上できる事はないってぐらいの気持ちで投稿しているので、低い点数をつける理由もありません(笑)。まぁ後から見直したら、「なんでこんな出来であの時はアクセプトされると思ったんだろう?」なんて思う事も多々ありますが(笑)。

でも、そんな時は「もうこれからはあんな高い自己評価なんてしないぞ」なんて思わないで、「あの時から自分は成長したんだな、俺ってすごいな」って思う様にしてます

なんで、こんなに前向きに考えるかって?だってそりゃ、挑戦したんですもん。どんなにしょぼい申請書だって思い切って投稿したんですもん。それぐらい褒めてあげましょうよ。だって、そうでもしなきゃ誰も褒めてなんかくれませんよ。

確かに、結果を出す事は大事です。でも、その結果を出す為には相当な数挑戦して、相当な数失敗する必要があります。結果を出した時しか自分を褒めないなって厳し過ぎると思いません?僕はプロセスを褒めたっていいと思うんです。でも、さっきも言った様に誰も褒めてはくれないし、自分から「褒めて、褒めて」とアピールするのもイマイチかっこ悪いので、自分で褒めちゃっているんです。

スポンサーリンク

他人には低め点数で申告しておけばいい

でも、これまでの自己評価を高くするのは自分の中での話にしといた方がいいです。まぁ、大抵の人は「謙遜しがちのチャレンジャー」の方が「自信満々で調子に乗ってるチャレンジャー」より好きなんじゃやないかと思うからです。

いくら自分に対する評価を高く設定していても、周りから無駄に嫌われに行く事もないんじゃないかと思います。だから、もし周りに点数を言わなきゃいけない状況に陥った時は、心の中では「120点」にしておいて、周りには「60点ぐらい」と言っておけばいいんです(笑)

これ、僕の感覚でいくと、あんまり低い点だと逆に嘘っぽくなってこれはこれでムカつかれるので、赤点スレスレの「60点」ぐらいがちょうどいいんです。

テクニックとしては「周りに気づかれない様に自分の事を褒めまくる」とい感じでしょうか。まぁ、自己肯定感を高める為には、それぐらいのしたたかさは持っていてもいい様な気がします(笑)。

まとめ

ここでは、チャレンジした場合を特に強調してきましたが、本当はどんな時でもこのテクニックは使った方がいいと思います。調子に乗らない様に自分に厳しくしたくなる気持ちもわかりますが、あまりにやりすぎると今度は自信喪失に繋がってしまう危険があります。

だからと言う訳ではないですが、自己肯定感を高める為にはある程度自分を褒めていく事も大切な事です。

自己肯定感を高める4つのコツどーも、ゆーすけです。 自分に自信を持つって難しいですよね。なんか「自分ってなんでこんなに出来ないんだろう?」って思うことありませ...

だから、調子に乗らない程度に自分を褒めていけばいいんじゃないかと思います。まぁこれが1番難しいのかもしれませんが(笑)。その一環として、もし自己採点をする機会があるのなら「周りには気づかれない様に満点(もしくはそれ以上)をつける」と言う事をやってみるといいと思います。繰り返しますが、点数が高いからと言って調子に乗ってはダメですよ!

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク