生き方

人生の流れは突然変わるから一喜一憂し過ぎない方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

辛い時って、「今のこの辛い状況がこのままずーっと続くんじゃないか?」って思うんじゃないかと思います。確かに先が見えない時ってそういう風にネガティブに考えてしいますよね。でも、冷静になってみてください。これまでずーっと悪い事ばかりが起こっていたでしょうか?これまで一回も良い出来事が起こった事はなかったのでしょうか?

そんな事はないんじゃないかと思います。おそらく今はとても辛いかもしれないですが、これまでを振り返ってみたら良い事も悪い事もあったはずです。そして良い流れも悪い流れもコロコロと入れ替わっていたんじゃないかと思うんです。

人生の流れは突然変わる

そうなんです。人生の流れってなんの前触れもなく突然変わるんです。変わって欲しかろうが変わって欲しくなかろうが、変わってしまうんです。もうこれは自分の力でどうにもなるもんでもありません。

僕の場合も、遠い昔のサッカー少年だった頃にある大会で絶好調だったのにその大会の決勝で足の骨を折る大怪我をしてどん底に突き落とされた事もありました。

初めての挫折が教えてくれたことどーも、ゆーすけです。 結構なおじさんです。いい歳したおじさんです。長い事生きて来たのでいろんな経験をしました。全てが順風満帆だっ...

大人になってからも、医者の仕事を辞め渡米して意気揚々と研究者になったのに8−9年もポスドクと言う下積みをする羽目になりました。

僕が医者を辞めた理由どーも、ゆーすけです。 遠い昔は医者でした。子供のがんを専門にしてました。でも、もう今は医者はやってません。現在は、研究者としてが...
僕がアメリカを移住先に選んだ理由どーも、ゆーすけです。 日本生まれ日本育ちの純粋な日本人ですが、今はアメリカに住んでいます。30過ぎてから移住しました。でも昔から...
下積み(ポスドク)時代は有効に使った方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカの小さな大学で自分の研究室を持って研究者をやっています。突然なんですが、どんな仕事にもある程度の下...

その下積みからなんとか抜け出して、独立した研究者になってこれからバリバリやるぞと意気込んでいたら、自分の研究室を潰しそうになりました。

インタビュー、インタビュー、それからまたインタビューどーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎にある小さな大学で研究者をやってます。それと同時に一応大学の先生でもあります。渡米した時は...
流れに逆らわない方がいい時もあるどーも、ゆーすけです。 今現在はアメリカの片田舎の小さな大学で研究者をしています。今の職場に決まるまでに、相当たくさんのインタビュ...
やばい時はなりふり構わず助けを求めた方がいいどーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎で自分の研究室を持ってがんの研究をしています。今は比較的落ち着いていますが、以前に一度自分...

でも、ここ最近は何個かの研究費が獲得できる事になってなんとか悪い流れから抜け出せそうな感じなっています。

こんな感じで、僕の印象では、人生って調子がいいなぁと思っていると突然どん底に突き落とされる事もあるし、辛くて苦しいなぁと思っていてもいきなり全てが解決してしまうって事がある様な気がします

もうこればっかりはそう言うもんだと受けるしかないんじゃないかと思います。だから、どんなに辛い状況にいても、「いつになるかはわからないけど、そこから必ず抜け出せるはずだ」と信じてみるのもありなんじゃないかと思います

未来を気にし過ぎてもしょうがない

で、こんな話をしていると「明日は明日の風が吹く」とか「止まない雨はない」とか言う言葉をよく聞くと思います。そして、大体その後に続くのは「だから今を大事に生きろ」なんて事なんじゃないかと思います。

確かにそれも一理あると思います。未来の事は考えずに今に集中した方がいいのはもちろんだと思います。でも、僕はこれらの言葉に何か加えるとしたら「未来の事は考えてもわからないんだから気にし過ぎない方がいい」ってのがいいんじゃないかと思います。

まぁ同じ様な事を言っているのかもしれませんが、僕の感覚では今を大事にするって事より、未来を考え過ぎないって事の方がなんとなく大事な気がします。未来を気にし過ぎるから今の集中できない。まぁなんとなく「鶏が先か、卵が先か」みたいな感じですが、僕は未来を気にし過ぎないを押してみたいと思います。

スポンサーリンク

悪い事ばかりでなく、良い事が起きる可能性も十分ある

未来の事を考え過ぎない方がいいとは言っても、やっぱりそこは人間なので未来の事は想像しちゃいますよね。で、未来の事を考えるって聞くと、僕の感覚では、多くの人は「何か悪い事が起きるんじゃないか」って想像するんじゃないかと思うんです。でも、本当にそれだけなんでしょうか?良い事が起こるって事はないんでしょうか?

悪い事が起きたらどうしようと思うだけじゃなく、良い事が起きちゃったらどうしようも考えておくといいどーも、ゆーすけです。 皆さんは「未来のことはわからないんだからあまり心配しすぎてもしょうがない」って聞くとどんな事を想像するでし...

さっきの流れの話じゃないですが、僕は良い事が起きる事だって十分あると思います。だから、もし未来が不安になってしょうがないのなら、「良い事が起きちゃったらどうしよう」と無理やり考えるのがいいんじゃないかと思いますだって未来は何が起きるかわからないんだし、自分が想像する事は自分で勝手に決める事が出来るんですから

一喜一憂せず淡々といくしかない

そんな感じで良い事も悪い事も起きるし、流れがどんどん変わっていくのならどうしていけばいいのでしょうか?それは起こる出来事に対して常にそう言うもんだと思って一喜一憂しないで対応していくのがいいんじゃないかと思います。

悪い流れの時はその流れが過ぎ去るまでなんとかして耐えて、良い流れの時はその後にやってくるだろう悪い流れに備えておく」と言う感じがいいんじゃないでしょうか?

まとめ

上にも書いてきましたが、本当に人生の流れはあっという間に変わります。それを望んでいようがいまいが関係なく変わります。だから、今どんなに辛い状況にいても、それが一生続くとは思わない方がいいと思います。必ずその辛い状況から抜ける時はやってきます。今は信じられないかもしれませんが、本当にそんな時はやってきます。

それと同様に良い時も永遠には続きません。悪い流れから良い流れに行ったなと思ったら、いきなりまた悪い流れになる事もあります。こればっかりは予想がつきません。だから、あまり未来の事ばかりを悲観し過ぎるのは辞めた方がいいのかもしれません。

そして、流れもコントロールできないし、いつそれが起きるのかもわからないのだから、悪い流れの時もあまり落ち込み過ぎず、良い流れの時はあまり調子に乗り過ぎず、淡々と過ごしていくのがいいんじゃないか思います。まぁこうやって聞くとつまらないかもしれませんが、常に気持ちを落ち着けてフラットにいるのがいいのかと思います。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク