生き方

許せるなら許した方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

嫌な事を誰かにされた時は頭にきますよね。例えそれが故意にやった事ではなかったとしても、どうしても許せない時ってありますよね。確かに怒りにはエネルギーがあります。その怒りや悔しさをバネに前進し成長していく事もあります。でもそれは一時的なものだし、結局は負のエネルギーに満ち溢れている様な気がするのです。

頭にきても怒りは出さない方がいいどーも、ゆーすけです。 頭にくることってありますよね。で、得てしてそんな時って怒りをぶちまけたくなりませんか?僕も昔はそうでした。...

では、頭にくる出来事が起きた時にはどうしたらいいのでしょう?やはり人間なので、頭にきたら怒るのは自然の現象だと思います。でも、それを長々と引きずるのはやめた方がいいんじゃないでしょうか?そして、出来るなら許してしまうのがいいのではないかと思うのです。

許すと言うのは相手の行為をなかったことにする事ではない

まず、許すと言うことに関して誤解して欲しくないのは、許すと言う事で相手の行いを帳消しにする訳ではないと言うことです。おそらく許す事が出来ない人にとっては、これが相手を許せない原因の1つなのではないでしょうか。でも、僕は許す事で、相手が自分に対して行ってきたひどい事がなかったことになるなんて全く思っていません。てか、なかったことにする必要は全然ないと思っています。

では、ここで言う許すと言うのはどう言う事なのかと言うと、僕が思うに「そう言うひどい事が自分に起こった事を受け入れる」って言う感じに近いんじゃないかと思います。

「相手を許す」と言うよりは、「相手を許す自分を許す」と言う感じでしょうか。だからと言って相手がしてきた事をなかったことにする必要はないと思います。そう言う事実は受け入れて前に進んでいく自分に許可を出すと言う事が大事なんだと思います。

許せないで、常に怒りを抱えてネガティブな感情を持ち続けるのは自分のためにならないし、自分に対してひどい事をしてきた人間の事を考え続ける事は全く無駄な事の様な気がします。

だから、そう言った負の感情を手放すために、ひどい事をされた事を受け入れる許可を自分に出すと言う事が「許す」って事なんじゃないかと思っています

嫌な人のために自分がネガティブでいる必要は全くないですからね。

許したからといって仲直りする必要はない

そんな感じなので、許したからと言ってひどい事をしてきた人と和解をしたり、仲直りをする必要もないです。「もうこれ以上怒る事もないし、恨む事もないから、自分の前に2度と現れないでくれ」と言うスタンスで全然構わないと思います。

相手は許してくれたんだからと、また以前の様に近づいてくるかもしれません。でも、ふたたびお近づきになる必要は全くないです。もう断固拒否で構わないと思います。

もし、どうしても事情があって離れる事が難しいのであれば、出来るだけ距離をとって接触を必要最小限にするのがいいのではないでしょうか?人にはいろいろな事情があります。だから離れられないのもわかります。でも、自分にひどい事をしてきた人のために自分が辛い思いをし続ける必要もないとも思います。許したからと言っても、接触を少なくすることぐらいはしてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もしどうしても許せなかったら忘れてしまうといい

もし、今現在進行形でひどい事をされているのならどうしようもないかもしれませんが、ひどい事が過去になりつつあるのに、それでもどうしても許せないのであれば、なるべく忘れる様にしてしまうのがいいのではないかと思います。

許すと言う行為は上でも話してきましたが、そう言ったひどい事があったと言う事実を受け入れる行為でもあります。でも、どんなに頑張っても受け入れられない事もあると思います。それもとてもよくわかるのですが、それと同時にそれらの事にとらわれ過ぎるのも精神衛生上よくない様な気がするのです。

だから納得はいかないかもしれませんが、なるべくその事を頭の中から追い出す様にして、自分がネガティブになる時間を少なくしていくのがいいんじゃないかと思います。そのためには何か没頭できる事があるといいと思います。辛い事や嫌な事を忘れるのに意外と効果的なのは何か違う事に没頭する事だと思っています。

没頭できるものは持っていた方がいいどーも、ゆーすけです。 今でこそこんな風にのほほんとブログを書いたりしていますが、一時期本当に辛い事がありました。このまま消えて無...

でも、そうやって忘れる様としているから言って、今すぐ無理に許す必要はないと思います。でも、こうやって少しずつでもその事を考える時間が減ってくれば、いつか許せる日もやってくるのではないでしょうか?なんとなくそんな気がします。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分にとって嫌な事をされた後に人を許すってそんなに簡単に出来る事ではないと思います。でも、そんな人の為に負の感情を抱き続けなければならないのもなんか違う気がします。

許すって聞くとなんとなくそれは相手の為なんじゃないかと思うと思いますが、もしかしたらそれは自分の為なのかもしません

悔しいかもしれません。納得できないかもしれません。でも、自分の精神衛生を守っていく為にはどこかの時点で「許す」事をしていかなきゃならないんじゃないかと思います。でも、それはあくまで自分の為にやるんだと言う事を忘れないでください。

ゆーすけ

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク