お仕事

あなたがいなくなっても仕事は回っていく

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

仕事をしていると有給休暇を取ったりするのって結構気が引けますよね。また、今の仕事を辞めて次のステップに行くってのもなんだか悪い気がしませんか?確かにみんなが働いている時に休んだり、今やっているプロジェクトの途中で職場を去るってなんかみんなに迷惑をかけるような気になりますよね。そして、自分がいなくなったらその仕事がうまく回らないんじゃないか?って気になりますよね。

でも、本当に忙しい時は別にして、誰か1人が欠けたからって仕事って回らなくなるものなのでしょうか?

残念ながらあなたがいなくなっても仕事は回っていく

これは僕の経験からなのですが、上の質問に対する答えはノーだと思います。一気に10人とかが同時にいなくなったらそれは困るかもしれませんが、1人ぐらいが欠けたとしても確実に仕事は回っていくんです。

僕は遠い昔に日本で医者をやっていましたが、医者の仕事に疲れたのとアメリカで研究者になりたかったという理由で、日本で所属していた医局を辞める事にしました。

僕が医者を辞めた理由どーも、ゆーすけです。 遠い昔は医者でした。子供のがんを専門にしてました。でも、もう今は医者はやってません。現在は、研究者としてが...
僕がアメリカを移住先に選んだ理由どーも、ゆーすけです。 日本生まれ日本育ちの純粋な日本人ですが、今はアメリカに住んでいます。30過ぎてから移住しました。でも昔から...

その時の上司には

上司
上司
こんな人がいなくて忙しい時に海外にいくなんて許されると思うなよ。もし今後日本に戻ってきても働けないようにしてやるからな。

というような事を言われました。それを聞いてさらにこんな医局にはいたくないと思うようになって、ある程度の引き継ぎが済んだところでパッと逃げるように辞めてしまいました。

確かにその時は、あんな風に上司に言われて辞める事にちょっとした罪悪感を感じていましたが、後から医局に残った友達に聞いたところによると、僕が辞めた後でも何事もなかったように仕事は滞りなく進んでいったようです。

まぁそれを聞いたらちょっと悲しいような気もしましたが、別に医者という仕事に未練があったわけでもないので、それはそれとして受け入れる事にしました。

そして、ちょっと話は飛びますが、今僕はアメリカで自分の研究室を持って研究生活を送っているのですが、つい先日うちの研究室に長くいたラボメンバーが次のステップに行きたいと突然うちの研究室を去って行きました。

出会いもあれば別れもあるどーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎の小さな大学で自分の研究室を主宰しています。自分の研究室を持っていると言うことは、研究だけ...

彼が中心となって動いていたプロジェクトの途中だったので、その時は「彼がいなくなったらやばいな」とは思いましたが、その後なんとか他のメンバーに割り振ったり、プロジェクトの方向性を少し変えたりしながらなんとか仕事は進んでいっています。

まぁこんな感じで、1人ぐらいいなくなっても仕事って思いの外何もなかったように回っていくんです

罪悪感は感じなくていい

と言っても、ほぼ何も引き継ぎもせずいきなりいなくなるってのは流石に辞めたほうがいいと思います。それは幾ら何でも周りに迷惑がかかります。でも、ある程度仕事内容を引き継いだりしているのであれば、休んだり辞めたりする事にあまり罪悪感を感じる必要はないと思います

そして、タイミングは自分のタイミングでいいんだと思います。確かにキリのいい所でいなくなるのがベストなのでしょうが、それを待っていたらいつまでたっても休むことも辞めることもできなくなってしまいます。

さすがに忙しくなるのが前からわかっている時期にぶつけることはないとは思いますが、それ以外なら「今だ」と思った時に思い切って行動してしまってもいいと思います。本当に仕事なんて意外となんとかなるものなのです。

スポンサーリンク

自分の代わりは見つけておく

そして仕事をしていく上で重要なことは「唯一無二の存在」にならないことです。別にこれは駒の1つになれということではなくて、自分の代わりは見つけておいた方がいいという意味です。

確かに自分だけの特別な武器があった方が重宝されるかもしれません。でも、誰も代わりがいなければ休むこともできないし、ましてや辞めることなんてできなくなってしまいます。

だからと言う訳ではないですが、自分の得意分野は人に教えるなりして、自分がいなくなった時でもみんなが困ることがない状況を作り出しておくのがいいと思います。そうしておけば周りだって快くって訳には行かなにしても最終的には送り出してくれるはずです。

まとめ

なんか「自分がいなくても仕事は滞りなく進んでいく」って聞くと自分の存在を無視されているような気がして悲しくなる感じがします。でも、そんなことあまり気にしなくていいんじゃないかと思います。

どんな人だってずーっと働き続けられる訳ではないので、休みは必要です。また、どこかの時点で職場を変えたくなるかもしれません。

そんな時に罪悪感を感じなくて済むように、普段から自分がいついなくなってもいいような準備は進めておいてもいいんじゃないかと思います。たとえ今すぐにいなくなる予定はなくてもです。

残念ながらあなた1人がいなくなっても仕事は回っていきます。仕事なんて案外そんなもんです。だから周りかな何を言われようと、休みたかったら休めばいいし、辞めたかったら辞めちゃえばいいんだと思いますそれが権利として活用できないような環境にいるのだとしたら何かがおかしいです。そう言う場所からは逃げた方がいいです!

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク