生き方

褒められたら素直に喜んだ方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

人から褒められるのってなんだかこそばゆいですよね。確かに褒められるのって嬉しいですけど、本当に自分なんか褒められていいのかどうかわからなくて「いえいえ自分なんか」って言いたくなりますよね。僕もそうです。なんか思ってもみなかった部分で褒められると自分なんか褒められるに値しないって思ってしまうことも多々あります。でも、実際は誰かに褒められたら素直に喜んでおいた方がいいんじゃないかなって最近は思っているのです。

謙遜なんかしても誰も喜ばない

まず、褒められたら謙遜したくなる気持ちはとてもよくわかります。嬉しいは嬉しいけど、なんかそこで喜んだら調子に乗ってるって思われるんじゃないかな?っちゃいますよね。そこであまり調子に乗ってると思われたくないからへりくだっておいた方がいいだろうってなるのもよくわかります。でも、それは褒められている側が一方的に思っているだけのことかもしれなくて、褒めている側からしたらそんな事は一切望んていな退いかもしれません。

今度は逆に褒めている側に立って想像してみてください。もし、相手のことをいいなぁと思って褒めているのに「いやいや自分なんて」とか「自分なんてまだまだです」なんて言われたらどう思うでしょう?おそらく「そんなに謙遜なんかしないで素直に受け取ってほしい」と思うんじゃないでしょうか?

実際に僕だったらせっかく褒めたのに、全然喜んでくれなくて謙遜ばかりされたらがっかりしてしまうと思います。もうね、褒められたら素直に喜んでくれた方が褒めた側からしたら嬉しいものなのです。確かに、褒めたことによって調子に乗って欲しくはないですが、それを受け入れてくれないのも寂しい気がします。

だから、褒められたら「ありがとう」と素直に喜んであげた方がいいんじゃないかと思っています。

お世辞かどうかは関係ない

でも、それが本当に褒めているんじゃなくて、お世辞だったらどうするんだって意見もあるかもしれません。でも、お世辞かどうかなんて気にする必要は全くないと思います。もし、相手が褒めたことが本心ではなくて、お世辞だったとしたら、それはあなたが悪いわけでは全くありません。それは相手の問題です。そんな嫌味な人間に気を使う事は全くないと思います。

例え、褒められた事がお世辞だったとしても、それはそれでいいと思います。相手が何を考えているのかなんかに振り回されず、これも素直に喜んじゃえばいいんだと思います。もしかしたら、裏でバカにされるのかもしれません。「こんなお世辞に喜んじゃってバカじゃない?」」なんて言われるのかもしれません。でもそれはあなたが気にする事じゃありません。

お世辞だろうがなんだろうが、褒めてくれた事は素直に喜んでいいんだと思います。どうせそんな風に人を見下しているような人との関係なんか長く続かないんだからそんな人に気を使って自分をへりくだる必要なんて全くないと思います。もう何も考えずに素直に喜んじゃうのが一番です。

スポンサーリンク

褒められたところには自分の得意があるかもしれない

そして、そういう風に謙遜したくなる1つの理由にもしかしたら自分が褒められると思ってなかった所を褒められているからったのもあるのかもしれません。でも、それって意外と悪いことではないと思います。自分が思ってもみないことで褒められるとか感謝されるってちょっとびっくりしちゃうと思うのですが、そこには自分が見えていない何かが他人には見えている可能性がある事は知っておいた方がいいと思います。そう言うところに意外と自分の得意な事って隠れているのかもしれません

自分の得意は他人の「ありがとう」にある(かもしれない)どーも、ゆーすけです。 よく「好きなことをやったほうがいい」とか、「得意なことをやったほうがいい」とかよく聞くと思いますが、好きな...

自分の得意な事をみつけるってそう簡単なことではありません。なぜなら自分の得意な事って自分では当たり前にやっていることである事が多くて、自分では何も意識せずやっている事が、他人には簡単にできることではないんだってに気がつくのはともて難しいのです。

だからもし自分が意識していないことで誰かに褒められたり感謝される事が多いなぁと思ったら、その部分を注意深く観察してみるといいと思います。もしかしたら、そこがあなたの得意分野なのかもしれません。

自己肯定感を育てるの助けになる

褒められるのが苦手な人が多い理由のもう1つとして、自己肯定感が低いってのもあると思います。「自分なんかが褒められるはずがない」って信じている人がなんと多いことか。自己肯定感を育てるには、自分で自分を褒めて自分を好きになる必要はあるかと思いますが、他人から褒められることを受け入れるのも大切だと思います。せっかく他人に褒められたのにそれすら受け入れなかったら、自分を好きになることなんかとてもできません。

もう誰かに褒められたら、自分を好きになる第一歩としてそれを受け入れる訓練を始めてみるといいのではないでしょうか?自分が満足できる自分になることは難してくても、他人に認められたことを受け入れることぐらいは少なくともできる様な気がします。

まとめ

人に褒められるって時にどう対応したらいいかに迷う事ってあるかと思います。でも、実際はあまり深く考えずにただただ素直に受け入れてしまうのがいいのではないかと思います。そこまで自分の実力を低く見積もる必要もないですし、周りからどう思われるとかそんなことばっかり考えずに人の好意は素直に受け入れちゃっていいんだと思います。その方が褒める方も褒められる方もいい気分になれるんじゃないかと思います。結局はあまり空気ばっかり読まずに、褒められたらただ単純に喜んじゃえばいいんだとおもいます!

ゆーすけ

 

 

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク