生き方

他人の正解なんか探さない方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

何かすごく悩んでいる時って「誰かが答えを教えてくれないかな?」って思うことありませんか?その気持ちは痛いほどわかります。とても不安ですよね。そして、自分が出そうとしている答えより、自分以外の誰かがくれるかもしれない答えの方が信用できそうな気がしますよね。

確かに自分に自信がない時って誰かがくれる答えにすがりたくなりますよね。でもその他人の答えを探そうとする前に一旦立ち止まって、ちょっと考えてみて欲しいんです。

「どーしたらいいですか?」は反則

このブログを見てくださる人のほとんどはご存知だと思いますが、僕はツイッターをしています。運がいいことに多くの人に見ていただくことができています。時にコメントやメッセージで相談される機会も増えてきました。そんな時に1番困る質問が「こんな風に困っているけど、どーしたらいいですか?」と言う感じのものです。

僕はこの「どーしたらいいですか?」と言う質問は、反則だと思っています。なぜかと言うとそこに自分の意思がないからです。だから大抵の場合は僕は「わかりません」と答える様にしています。だって、その方かどうしたいのかは、僕にはどうやってもわからないからです。それでも「ゆーすけさんならどうしますか?」とさらに聞かれることもあります。僕はこれも反則だと思っています。

確かに、僕ならどうするか?に対する答えはなくはないのですが、それを僕が言ったところでそれは結局僕の答えでしかありません。もしかしたら、そこで答えをあげた方が短期的には問題は解決するのかもしれません。でも、根本的な解決にはならないと思っています。だから、僕は僕の思う解決策は差し上げません。その代わり、その方が結局「どうしたいのか」を逆に質問するか、ご自身で考える様に促します。

おそらくその様な感じなので、冷たく受け取られることもあるでしょうし、頼りなく感じられることもあるでしょう。でも、僕は他人の正解を探るよりも、自分の答えを見つけて欲しいので、その様な対応をしています。これは、自分の子供に対しても同様で、子達が「どうしたらいい?」と聞いてきても、ヒントをあげるぐらいで「自分で決めなさい」と突き放す様にしています。

決断は結局自分でするしかないどーも、ゆーすけです。 生きているといろいろな場面で決断を迫られますよね。で、出来れば間違えたくないので、あーでもない、こーでもな...

流行りになんかのってもしょうがない

もう1つ周りを見ていて「他人の正解を探しているんじゃなのかな?」と思うのが、流行りに乗ると言うことです。確かに周りと同じ様なことをしていれば目立つことはないかもしれません。でも、それが本当に自分がやりたいことならそれでいいと思うのですが、周りと同じじゃなきゃいけないと言う思いに駆られて流行りに乗っている人が多い様な気がします

例えば、研究の世界でも流行りのテーマというものがあります。そして、その流行りは数年ごとに変わります。あるテーマが流行った時には、ものすごい数の研究者が同じテーマについて研究をします。でも、よく考えてみると、その手の流行りって結局誰かが作り出しているもので、本当に大事なテーマなのかはわかりません。さらには、みんながみんなそのテーマに興味があるのかは疑問が残ります。僕は、どちらかというと天邪鬼なので、決して流行りのテーマには手を出しません。確かに流行っている所には研究費が入りやすく研究者として生き残るためにはその手のものに手を出してお金を集めた方がいいという考えもあるでしょう。でも、僕にはどんなに研究費が入ってきても興味がないことに手を出したいとはとても思えないのです。

それよりもやりたいことをやった方が、絶対楽しいしやりがいもあると思うのです。そして、自分がやりたい分野の研究をして研究費が取れないならそれはそれで納得ができると思うのです。僕はあえて流行りから外そうとしている訳ではないですが(自分のやっているテーマがそのうち流行ってきたらそれはそれで嬉しいと思いますが)、誰かが決めた流行りの流れにあえて乗ることはせず、自分のやりたいことを貫こうとは思っています

スポンサーリンク

人と違うことを恐れない

それでは、どうやったら自分でいろんなことを決めて、自分のやりたいことを貫くことができる様になるのか?と言うと、僕は「他人と違うことを恐れない」ことと「他人に嫌われることを恐れない」ことが重要なんじゃないかと思います。

嫌われることを恐れない方がいいどーも、ゆーすけです。 なぜだかわからないけど人から嫌われることってありませんか?特に何かした訳でもないはずなのに嫌われることって...

確かにあえて人と違う選択をする必要はないですし、あえて他人に嫌われようとする必要もないとは思います。でも、それらを避けるために自分を偽ってまで他人に合わせようとか、他人の顔色を伺って他人の正解を探そうとする必要も全くないと思います。

僕は、よく変わってるとか、ものを斜めに見るとか言われますが、あまり気にしていません。まぁそれで嫌われてもいいと思っています。それよりも自分自身でいる方が僕にとっては大事です。でも「頭おかしいと思われてないかな?」とか「浮いてないかな?」とかを全く思わない訳ではありません。怖いことは怖いです。でもやっぱり「自分らしくいたい」の方が「周りと同じでいたい」よりちょっとだけ勝っちゃうんです。だから人とちがうことをすることが多いです(例えばロン毛とか)が、まぁ自覚があるだけマシだと思ってます(笑)。

大人の男子が長髪にして何が悪い?どーも、ゆーすけです。 プロフィール写真を見てもらったらわかると思いますが長髪です。いい年をしたおっさんですが長髪です。2児の父親...

まとめ

確かに人と違ったことをするってちょっと怖いですよね。だから誰かの正解を探して、それを真似していれば自分1人が目立つことはないのでちょっと安心かもしれません。でもそれは、もしかしたら他人が敷いたレールの上を歩く様なことなのかもしれません。

どんなことをやっても誰かしらは反対してきますし、何かしら口を出してきます。それが人と同じことなのか、人とは違うことなのかはあまり関係はなさそうです。とにかく誰かは何かしら言ってきます。だから周りから何か言われることはあまりきにすることはないと思います。自分の正解を自分で探して、自分を貫くってのは簡単にできることではないかもしれませんが、まずは何か小さいことを自分が思った様に始めることからやってみたらいいんじゃないでしょうか。あとはちょっとした勇気を持つだけです。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク