生き方

他人とは比較しない方がいい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

周りを見回すと自分より上手くいってる人ばっかりだと思うことってありませんか?「なんで自分はこんなに上手くいかないんだろう?」と思うことってありませんか?僕も以前はそうでした。

以前は周りの誰かを常に羨ましく思っていました。自分にないものを持っている人に嫉妬ばかりしてました。なんかいつも何かに飢えている感じでした。そして、周りと常に勝ち負けを争っているような気がしていました。

で、その争いはどこまでいっても終わりはありませんでした。何をどこまで手に入れても周りの誰かはそれ以上のものを持っていました。それに気づいてからは、なんだか人と比較することがバカバカしいと思えるようになってきたのです。

隣の芝はどうしても青く見える

なぜだか知りませんが、隣の芝は青く見えます。確かに自分の方が優れているとか、自分の方がたくさん持っているとか思っている時には、相手のことを羨ましいとは思わないので、隣の芝が青く見えないこともあるかもしれません。でも、大抵の場合は隣の芝は青く見えることが多いと思います。と言うよりも、青く見える芝を探すことが多いと言った方がいいのかもしれません。

基本的に人は「こうなったらいいなぁ」とか「あれが欲しいなぁ」とか自分にないものを欲しがっている時は、そう言った自分にないものを持っている人が目につくようになってきます。ただそれだけならいいのですが、人は往往にして自分が持っていないものを持っている人に嫉妬します。そして「なんで自分にはないんだろう」と思い始めます。

もうそうなってしまったら「ない自分」と「ある誰か」の比較の構図ができ上がってしまい、相手の芝の方が絶対に青く見えるようになってしまいます。本来ならば自分の芝にもその人より青い部分はあるのでしょうが、一旦そのような思考に入ってしまったら最後、その人の芝は青以外には見えなくなってしまうのです。

隣の芝が青いかどうかは実際はわからない

でも、実際にその芝の色が青いのかどうかはわかりません。ただあなたに青く見えているだけなのかもしれません。どんなにあなたにとって羨ましいものを持っているからと言って、その人がそれを持っていることで幸せなのかどうかは全くわからないのです。たくさんお金を持っている人が幸せとも限りませんし、有名だから苦悩がないと言うことでもありません。

人は目に見えていることでしか、その状況を知ることはできません。でも、もしかしたらその裏にはとてつもない闇があるかもしれないのです。もう本当にこればっかりは外からではわかりません。

他人の目なんか気にしないほうがいいどーも、ゆーすけです。 突然ですが、人の目って意外と気になりませんか?なんかいろいろ挑戦してみたいのに、「こんなことしたらバカにさ...

実際にお金を稼ぐために仕事をしすぎて家庭が崩壊している人もいますし、どんなに成功している有名人であっても薬に手を出したり、自ら命を落とす人だっています。だから、例え自分にないものすべてを持っているように見える人でも、何かしら苦悩を抱えているんだなぁと思ってみるといいんじゃないかなぁと思います。そして、もしかしたら自分の状況の方が幸せなんじゃないかと考えるようにしてみればいいんだと思います。もしかしたらあなたが青いと思っている誰かの芝は実は枯れているのかもしれません

スポンサーリンク

他の誰かはあなたの芝を青いと思っている

そして、これは自分ではそうは思わないかもしれませんが、あなたが誰かの芝を青く思っているように、誰かもあなたの芝を青く思っています。これは必ずです。あなたが「自分には誰かに羨ましがられる所なんてどこにもない」と思っていてもです。

だから芝の青さなんて相対的なものなのです。自分の方が誰かより青が薄いと思っていても、他の誰かはあなたの青の方が濃いと思っている訳です。結局のところ誰の芝も青いのです。ただちょっと青さの具合が違うだけでなのです。だから究極のところ、全部青いんだから誰かと比較することにはあまり意味がないのです。

比較するなら過去の自分にする

まぁそれでもやっぱり「自分の芝が青いなんて信じられない」と言う人もいるかもしれません。そして、他人と比べたくなる衝動にかられると思います。でもそんな時は、他人と比べるのではなく、過去の自分と比べてみるといいと思います。

誰だって以前の自分と比べたら成長している部分はどこかしらあるはずです。そこを自分の芝の中で青い部分だと思ってみればいいのではないでしょうか?そして、その部分をもっと青くするように努力してみたらいいのではないでしょうか?

人と比較をするのではなく、自分の伸び代のある部分を大事にしてひたすらにそこを伸ばしていくってのが自分の自信にも繋がるし、1番いいんじゃないかと思います。

ライバルにするのは常に過去の自分がいいどーも、ゆーすけです。 自分の人生を自分らしく生きていく為には、自分が今ある場所で成長をしている事を自覚し、自信を持つって事がとて...

まとめ

とは言っても、やっぱりこれからも誰かに対して嫉妬はするだろうし、誰かのことは羨ましいと思うだろうと思います。それをなくすことはとても難しいことだと思います。でも、そんな感情が浮かんだとしても、他人は他人、自分は自分と思えるようになればいいんだと思います。誰かの芝も青いし、自分の芝も青い。ただちょっと違うだけ。そんな風に思えるようになれれば、誰かと自分を比較して、自信を失うようなことは減ってくるんじゃないかと思います。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク