生き方

高校サッカーの引退試合が教えてくれた事

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

昔はサッカー少年でした。信じられないかもしれませんが、高校の時には全国大会に出たり、東京都の選抜チームに選ばれたこともあります。

「ゆーすけ」って一体何者?どーも、ゆーすけです。 ここでは僕の簡単な自己紹介でもしてみようと思います。 経歴 高校生まではサッカー少年でした。一応それな...

クラブチームではなくて、高校でサッカーをやっている選手にとっての憧れの場所はお正月に行われている冬の高校サッカー選手権です。僕も御多分に洩れず、選手権の舞台に立つために死に物狂いで練習に励んでしました。

今はだいぶ時代が変わってしまってので状況は違いますが、僕がいた当時僕が通っていた高校は選手権の常連高で、選手権に出場することが結構手の届く範囲にあったのです。

僕が高校3年生だったとしの我が校は結構強くて、トーナメントの組み合わせもそこそこ良くて、その年の東京都の優勝候補に挙げられていたのです。しかし、残念ながらその年は東京都予選の準決勝で敗退してしまったのです。

久しぶりの大舞台にビビってしまった

この試合の半年前にさかのぼります。その年の新チームに入ってから僕は自分で言うのもなんですが絶好調でした。出る試合、出る試合で得点に絡みます。そして、僕らのチームはその年の最初の大きな大会であった関東大会の東京都予選の決勝まで勝ち進みます。でも、その決勝で僕は足の骨を折る大けがをしてしまいます(詳しくは下の話も読んでみてください)。

初めての挫折が教えてくれたことどーも、ゆーすけです。 結構なおじさんです。いい歳したおじさんです。長い事生きて来たのでいろんな経験をしました。全てが順風満帆だっ...

チームとしてはその決勝戦にも勝ち、その次の大会であったインターハイ予選も東京で優勝します。でも、僕は怪我のためそのどちらの大会にも出場はできませんでした。そして、その間血の滲むようなリハビリに励みます。その甲斐あってなんとか最後の大会である選手権の予選には間に合わせることができました。

僕は1年生でサッカー部に入部してからその大けがをするまで、公式戦に出なかったことはありませんでした。1年生の初めからずーっとレギュラーだったのです。そして、特に大きなスタンドがあるサッカー場で大歓声の中で試合がするのが好きだったし、そう言う時はとても燃えました。そして、そんな中で試合をすることにプレッシャーを感じたこともなかったのです。

そして、この年の選手権の予選は準決勝からスタンドのある大きなサッカー場で行われることになっていました。怪我から復帰して初めての大歓声の中での試合に心はワクワクしていると自分では思っていたのですが、事もあろうにそのスタジアムに入った時に足がすくんでしまったのです。

その時は僕もまだ高校生でわかかったので、ちっぽけなプライドが邪魔して自分がビビっている事を誰にも言えませんでした。そして、試合前にトイレに行った時に監督が入ってきて僕の横に並びました。その時「監督に一発ビンタでもしてもらって気合を入れてもらおうかな?」と一瞬頭によぎったのですが、なんとなく言い出せずにそのままトイレを後にしました。

フリーキックを後輩に蹴らせればよかった

そしてそのままの状態で試合に入ります。案の定体が思うように動きません。なんか体がふわふわしていてまるで他人の体の中に入っているみたいでした。

それでもその年のうちのチームはそこそこメンバーが揃っていたので、僕1人が調子が悪くてもなんとかなったはずなのですが、僕が戻ってきたことでチームが僕に頼るような感じになっていて、僕が戻ってくる前の好調だったバランスが崩れ始めていたのです。

そんな感じで、うちのチームもなんとなく本領を発揮できずなかなか点を取ることができませんでした。一進一退の攻防を見せる中、後半の途中にうちのチームがゴール前でフリーキックのチャンスを得ます。その時は僕がフリーキックを蹴っていたのですが、やっぱり気持ちが弱くなっていたので実は蹴っても入るイメージが湧きませんでした。

その大会の直前ぐらいから、僕の1学年下の後輩がその位置からのフリーキックの練習をしていてかなり調子が良かったのも僕は知っていました。そして、その時も頭の中に「あいつに蹴らせた方が入るかも」と一瞬よぎったのですが、自分が蹴りたいと言うエゴに負けて自分が蹴ってしまいました。案の定入りませんでした。

そして、同点のまま試合終了が近づいてきていて「もしかしたらPKになるかもな」と頭によぎったその時、相手のフリーキックが直接うちのゴールに吸い込まれていきました。その後必死の猛攻を繰り広げますが、そのまま試合終了のホイッスルを迎えてしまい、僕の高校サッカーはそこで幕を閉じることになりました。

スポンサーリンク

まとめ

これが僕の高校サッカーの引退試合の思い出です。試合に負けたのは相手のいることだし、勝負は時の運なのでしょうがないのはわかっているのですが、その後「あの時監督に声をかければよかった」と「あの時後輩にフリーキックを蹴らせておけばよかった」と言う2つの後悔に苦しめられることになりました。あれから25年経った今でも思い出しますし、夢に出てくることもあります。今となってはあの時この2つをやっていたら試合に勝てていたのかどうかをもう検証することはできませんが、やっておけばよかったなぁと今でも思います。

この出来事から学んだことは

一瞬でも「やってみようかな」と頭によぎった事は迷わずやってみた方がいい

と言う事です。今でも全てが全て出来ている訳ではないですが、なるべく思い切ってやってみるようにはしています。まさに、「やって後悔する方がやらないで後悔するよりずっといい」を地で行っている様な体験だったと思います。あーでも勝ちたかったなぁ。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク