進路に迷った時は

1つの事にこだわる必要なんかない

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

小中高とサッカー少年でした。毎日毎日ボールを追いかけてました。キャプテン翼に憧れました。マラドーナみたいになりたいと思ってました。その甲斐あってそれなりに良い事もありました。ものすごい経験をさせてもらいました。

「ゆーすけ」って一体何者?どーも、ゆーすけです。 ここでは僕の簡単な自己紹介でもしてみようと思います。 経歴 高校生まではサッカー少年でした。一応それな...

でも大学に入ってきっぱりとサッカーを辞めました。そして何を思ったかアイスホッケーを始めました。

周りの人はおそらく

ゆーすけどうした?

ってのが本音だったと思います。でもそこには僕なりの考えや戦略があって違うスポーツを始めたのです。

ちやほやされるのが嫌だった

まず僕が入った学部は医学部でした。中には僕の様に高校時代に本格的にスポーツをやっていた人も入学してきますが基本的には稀です。基本的には勉強を中心に学生生活を送っていた人が多いです。僕も初めはサッカー部に入る予定でいたのでちょっと練習を覗いてみたのですが、ぶっちゃけてレベルの違いを感じざるを得ませんでした。別に自慢したいとかそう事ではなく、これはその時の正直な実感です。

確かにサッカー部にとってはその時の僕みたいな人材が入部してくれれば相当な力になるので、ものすごく一生懸命勧誘して頂きました。でも、なんか接待具合がちょっと度を越している感じでものすごく違和感を感じてしまったのです。そして「このままここにいたらちやほやされまくって、おそらく天狗になってしまうだろうな」とも考えていました。

たぶん入部したらしたで、そんなにちやほやはされなかったのかもしれませんが、この時はなんとなくそんな気がしてしまったのです。だからこの時点ではサッカー部にほぼほぼ入る気でいましたが、いきなり即決はせずまずは練習に参加してみる事にしたのです。

自分が成長しなさそうな状況が嫌だった

その後何回か練習に参加させてもらいました。でもやっぱりどうしても埋まらないレベルの差を感じました。今だったら「自分がチームを引っ張っていけばいいや」と思ったかもしれません。でも残念ながらその頃の僕はかなりとんがってました。そこで思ったのは「たぶんこのままいったら自分が伸びないし、最悪下手になる」でした。今考えるとなんて偉そうなんだと思いますが、その時はそんな風に思ってしまったんです。

今振り返ってみれば他の選手を指導すると言う方法で自分を育てる事も出来たかもしれませんが、若かった僕はそこまで見えていませんでした。とにかく自分が自分がだったんだと思います。まぁ若気の至りって感じでしょうか。

そんなこんなんで、この頃になるとなんとなくサッカー部に入るのやめようかなぁなんて思う様になっていました。その頃の僕はそんな感じで調子に乗っていたので、おそらく入部したとしても周りに当り散らしたり、ふてくされたりしていたかもしれません。だから結局サッカー部に入らなくて良かったのかもしれません。まぁ今となってはどうなっていたのかはわかりませんが。。。

スポンサーリンク

ゼロからでも勝負できそうなものを選んだ

こんな感じでサッカー部に入るのをやめようと思った僕ですが、やっぱり何かしらのスポーツ系の部活には入っておこうとは思っていました。でも今までサッカー以外のスポーツはやった事がないので何部に入ろうか結構迷いました。

その時に思っていた自分の中での判断基準は

  1. 自分の特徴が生かせる事
  2. やるからには早い段階で試合に出れる事

でした。

それを考えた結果

  1. 団体競技
  2. ボールをゴールに入れるもの
  3. ほとんどの人が初心者であるもの

と言う3つの点が浮かび上がってきました。

その条件を唯一満たしていたのがアイスホッケーだったのです。これまでアイススケートなんか全くやった事はありませんでしたが、それは他の新入部員も一緒。先輩だって入部した時に初めてアイスホッケーを始めたって人がほとんどでした(中には経験者もいて、その人たちはヒーローでした)。

運よく僕の読みは当たっていて、大学2年生になった頃にはレギュラー(医学部は6年あるので大体の人は4年生か5年生でレギュラーになる事が多かったです)を取る事ができ大会で新人王なんかももらう事ができました。それに加えて自分が全くの下手くそから始めたものだったので、やればやる程成長している感じもありました。これはサッカーをあのまま続けていたとしたら得る事ができなかった経験かもしれません。

まとめ

この経験で僕が得た教訓は「一つのものに固執する必要はない」と言う事です。僕の場合はたまたまスポーツでしたが、これは仕事にも置き換える事は出来ると思います。例え自分の得意分野であっても成長の機会がないなら思い切って他の仕事をやってみるのもいいのかもしれません。同じ会社にいるなら部署を変えてみるとか、違う会社に転職するとか、可能性はいくらでもあります。

僕はアイスホッケーに移った事で初めはなかなか上手くできず苦労もしましたが、サッカー一筋だったら得る事が出来なかったスポーツに対する視点を手にする事が出来たと思っています。今はアイスホッケーをする機会はほぼなくなり、もっぱらサッカーになってしまいましたが、アイスホッケーで培った経験がなんとなくサッカーにも活かされている気がします。

あともう一つアイスホッケーをやっといて良かったなと思うのは、子供達を連れてアイススケートやローラースケートに行くとヒーローになれる事です。まぁ一つの事を突き詰めるのもありですが、それだけじゃなく違うものにも目を向けてみるってのも大事なのかもしれません。

最後に、もう一つ。場所を変える際には、僕がやった様に自分の経験を活かして勝てそうな場所に行くってのも大事な要素だと思います。やっぱり場所を移ったのに前より上手くいかなかったって言うのはちょっと悲しいですもんね。まぁ最終的に何が言いたいかって言うと

とにかくいろんな事に挑戦してみろ!

って事です。

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク