辛い時は

生きてりゃ仕事なんて何だっていい

スポンサーリンク


どーも、ゆーすけです。

僕は今現在、アメリカの片田舎で小さいながらも自分の研究室を持ち研究者をしています。ある時自分の経営上の失敗から自分の研究室を潰してしまいそうになり、うつ状態に陥りました。その時は毎日のように意味もなく仕事をクビになる恐怖に苛まれていました。

このブログの理念どうも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎でがんの研究をしています。でも、このブログでは研究の事などにはあまり触れていません。どちら...

ここではそんな辛い状況にあった僕を救ってくれた家族の言葉を紹介してみたいと思います。

全てを1人で背負ってる気になっていた

研究室を持つって言うのは、中小企業を経営するのに似ている様な感じがします。あの頃の僕は、初めて持った自分の研究室を成功させる事に夢中でした。そしてこれまでやった事のなかった経営というものに四苦八苦している状態でした。

もちろん経営者に近い仕事をしているのだから、自分が雇っている研究室のメンバーの生活や将来が僕の肩に乗っかっているのはわかっていましたし、それによってかなりのプレッシャーを感じながら生活をしていました。

僕がボスとして気をつけていることどーも、ゆーすけです。 アメリカの片田舎の大学で自分の研究室を持って研究をしています。そんな仕事をしているので、ほんの数人ですが人...

また一方で、この頃の僕はなぜか研究室のメンバーの生活・将来だけでなく自分の家族の生活・将来までが僕の仕事の成功にかかっていると思ってしまっていたのです。確かに一家の大黒柱である自分に大きな責任がかかってくるのは当然なのですが、我が家は共働きなので全てが僕の収入に頼らなければならない訳ではないのです。

共働きのススメどーも、ゆーすけです。 何を隠そう我が家は共働きです。同じ大学で働いてます。僕は大学で先生を。うちの奥さんは大学に併設している病院...

そうあの頃の僕は勝手に全てを自分1人で背負っている気になっていたのです。これが知らず知らずのうちに大きなプレッシャーになっていたんだと思います。

そこに予想外の財務上のミスを犯してしまい、今まで張り詰めていた糸がぷっつりと切れてしまったんだと思います。このちょっとしたきっかけで僕はパニックになって、うつ状態に突入していく事になります。

肩の力が抜けた言葉たち

ここからはちょっとした地獄でした。毎日夜は眠れなくなるし、ちょっと隙を見せると不安という名の悪魔が襲ってくるし。そして、研究室は潰れ、仕事はクビになり、家族は路頭に迷うと言う様な最悪の結末ばかりが頭の中をぐるぐる巡っていました。かといって職場では研究室がやばいなんてメンバーには言えないし、そのためにはポーカーフェイスでいないといけないしもう本当に辛い毎日でした。

でも唯一の救いだったのは、家族の前では辛い自分を出せた事でした。ここだけの話ですが、奥さんの胸で声を出して泣いたこともあります。苦しすぎて突然大声で叫び出したこともあります。たぶん側から見てたら何をそんなにパニクってるんだって感じだったとは思いますが、その時の僕は意味もなく相当テンパっていました。

心が泣いている時にはちゃんと泣いた方がいいどーも、ゆーすけです。 気持ちが落ち込んで泣きたくなる時ってありますよね。そんな時皆さんはちゃんと泣いてますか?泣くのって恥ずかし...

そして毎日の様に

ゆーすけ
ゆーすけ
もし仕事クビになったらごめんね

と家族に言っていました。

その時僕はおそらく「大丈夫だよ」と言って慰めて欲しかったんだと思います。

でも予想に反して家族から返ってきた言葉は

当時8歳の息子
当時8歳の息子
クビになったらその辺のファストフードで働けばいいよ
愛しの奥さん
愛しの奥さん
その辺の日本食レストランで鉄板焼きのシェフになればいいよ

だったのです

これを聞いて「あーこの人たちは僕の職業や収入なんて関係ないんだ。僕と言う存在自体を認めてくれいるんだ。」と起こってもいない未来に振り回されていた自分がバカバカしくなって、心がすっと軽くなった記憶があります。

それからなんとなくいろんな事が吹っ切れて気持ちが前向きになっていったのです。

スポンサーリンク

まとめ

たまたま僕は家族と言う存在が自分を辛い状態から引き上げてくれましたが、そうでない人もいると思います。この時の経験で学んだのは不安というのは起こってもいない現実に対する恐怖だと言う事です。

だからいろいろと最悪の事ばかりを想像してしまうと思いますが、僕が家族に言われた事の様に突拍子も無いことが起きたらどうしようと想像の方向を変えてみるといいのかもしれません。なんだかバカバカしくなってなんとかなる様な気になってくるから不思議です。

極端な心配ばかりをしない方がいいどーも、ゆーすけです。 皆さんは、時々「あーなったらどうしよう」とか「こーなったらどうしよう」とか、おそらく起こる確率は限りなく低...

あと、今回の経験でもう一つ学んだのは、生きてりゃ仕事なんて何だっていい(のかも)と言う事です。仕事をクビになったらその時は辛いと思います。でも、そんな仕事をしてでも生き延びて、またそこから這い上がればいいんだと思います。今回幸運にも僕は仕事を失う事にはならなかったのですが、今後もし最悪仕事をクビになったとしても、それはそれとして吹っ切ることができる様な気がしています。

人生が辛い時には、時に開き直ってみるといいどーも、ゆーすけです。 突然ですが皆さんは、何もかも上手くいかなくて、もう自分の人生はお先真っ暗だ、なんて思う事ってないですか?正...

ゆーすけ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ゆーすけ
アメリカ在住のがんの研究してる人です。自分の経験を元にした「よりよく生きるためのヒント」を発信し、読む人の心を少しでも軽くすることを目指しています。
「ゆーすけ」ファンの方へ

スポンサーリンク


もし私の書いたブログ記事やツイートに価値を感じていただけている方がいらっしゃるのであれば、よろしければ以下よりサポートを頂けないでしょうか?もし少しでもサポートを頂けるのであれば、クリエイター冥利に尽きますし、今後の作品作りのモチベーションになります

 

こちらから頂きましたサポートは、今後のブログ記事やツイートの取材費として大切に使わせて頂きたいと思います。

 

アメリカ在住の為、なかなか日本の本を手に入れる事が出来ません。ツイートやブログ記事の参考にさせていただきます。ご支援いただければ幸いです。

スポンサーリンク